2018年07月20日

その羽を奪ったのは  月組 「THE LAST PARTY ~S.Fitzgerald's last day~」


lastparty.jpgフィッツジェラルドといえば代表作「華麗なるギャツビー」の印象が強く、NY時代の華やかな生活や若くして亡くなったこともあって、どこかギャツビーとイメージが重なります。

そんなフィッツジェラルドの人生を描いた物語。
宝塚で2004年、2006年と宙組、月組で上演を重ねてきた作品ということですが、今回初見でした。


宝塚歌劇月組公演
Musical
「THE LAST PARTY ~S.Fitzgerald's last day~」
フィッツジェラルド最後の一日

作・演出: 植田景子
出演: 月城かなと  海乃美月  暁千星  
憧花ゆりの  夏月都  風間柚乃/悠真倫 ほか

2018年7月6日(金) 1:30pm シアター・ドラマシティ 5列上手
(上演時間: 2時間30分/休憩 25分)



1940年12月21日 ハリウッドのアパートの一室。
スコット・フィッツジェラルドが亡くなる2時間前から物語は始まります。
ソファに一人座るフィッツジェラルド・・・が実はフィッツジェラルドを演じる役者で、これから彼の人生を演じるという二重構造になっていて、ラストにはフィッツジェラルドだけでなく、登場人物を演じた“役者”それぞれがその人物について語るという凝った設定です。


皆がチャールストンを踊る1920年のパーティに始まって、作家として成功しNYに住み、美しい妻ゼルダとの派手な生活のために意に副わない短編を書き続けて疲弊し、ゼルダは精神を病み、後輩のヘミングウェイの台頭に焦りを覚え、不遇の中、再起を誓うも果たせないまま死を迎えるフィッツジェラルド。


書きたいものと売れるものとの葛藤、自分の才能の枯渇への焦燥、才能ある後輩への嫉妬と羨望・・・小説家、ものを書く芸術家としてのフィッツジェラルドの生き様と、その中で愛するゼルダとの間に広がっていく埋めることのできない溝。

二幕で、いろいろと落ちぶれた感じのフィッツジェラルドにヘミングウェイが、「もっといいものが書けるはず。それなのに、金のためにつまらない短編ばかり書いて。俺ならゼルダをもっと金のかからない病院に行かせて、娘を公立にやるね」と言い放つ場面があります。
フィッツジェラルドは、ありえない、とでも言うように首を振ります。「そんなことをしたら、俺の中の何かが壊れてしまう」と。
あー、そうか、それがフィッツジェラルドの生き方であり価値観なのか、と知る思い。
ゼルダに「ニューヨーク中のブティックの服を買ってあげる」のがスコットの幸せであり喜びであり、彼が生きる糧でもあったんだ。

精神を病んだゼルダが病院で書いたスコットの絵に羽が生えているのが切ない。
ゼルダはもしかしたら、自分がスコットの羽を奪ってしまったと悔んでいるのかもしれません。
そこからの「Dear スコット・・」で始まるゼルダの手紙。「あなたには幸せになってほしいのです」って

でも、本当にその羽を奪ったのは、スコット自身であり、もっといえば、ジャズ・エイジという時代だったのではないでしょうか。


スコット・フィッツジェラルドを演じた月城かなとさんが、とても美しくて、憂いを含んだ瞳やふとした表情に孤独の影が漂います。
お芝居はもちろん、歌も安定していて、押し出しも立派。すぐにも大劇場の0番に立てそうです。

ゼルダの海乃美月さんはやはりお芝居が上手い人だなぁと思いました。
ゼルダは悪妻と名高く、奔放でわがままに見えますが、実はとても繊細でいつも誰かにそばにいてほしい女性。
移り住んだリヴィエラで孤独感に苛まれ、「あなたには仕事がある、でも私には何もない」とつぶやく姿が哀しい。
歌声もとても綺麗で、スコットと歌う「You are Me, I am You」は2人の声質が合うのか、とても聴いていて心地いい響きでした。

へミグウェイは浅黒い肌色でくりくりカールした髪型で、野性味もある暁千星くん。
いやん。大人のオトコになっていました。いかにも才気煥発で頭が切れて自信家でもある感じがよく出てきました。
歌も格段の進歩で、響き渡る声。
そしてフィナーレのダンス。暗い中に浮かび上がるシルエットの美しさにドキッ もちろんダンスはキレッキレです。

ずっとスコットを支え続ける編集者・マックスを包容力たっぷりに見せてくれた悠真倫さん、スコットの晩年の愛人でジャーナリストのシーラを理知的で自立した女性として描出した憧花ゆりのさん、公園で、それとは知らず本人にフィッツジェラルドの作品の感想、そして文学性を語る学生・風間柚乃さんも印象的でした(月組版では明日海りおさんがやった役だとか)。




これを観た日は大雨で、劇場外に出るとほとんどのお店が早期閉店していましたっ の地獄度 (total 1936 vs 1941 )
posted by スキップ at 22:55| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください