2018年06月19日

京都モダンテラスで吉田パン工房のトーストを食す


image1 (8).jpg

今年3月にオープンした関西のパン好きの間では超話題の吉田パン工房
元々はレストランへの卸専門のパン屋さんでしたが、土曜日と日曜日だけ店舗で販売されるようになりました。
グルメ本はじめいろんなメディアでも紹介されたこともあってか、9:00のオープン前から長蛇の列ができて1時間位で完売してしまうという人気ぶり。すごく興味があって食べてみたいと思ってはいるものの、無理ムリ~とハナから諦めていました。

が、待てよ。
卸専門ということはこのパンを食べられるレストランが京都にはあるってことじゃない・・・

と少し調べてみたら、京都モダンテラスの朝食にこちらのパンが使われいる、ということがわかりました。
「モダンテラスかぁ~、ロームシアターの上ね。2月に『アンチゴーヌ』観に行ったのになぁ。またいつか行く機会はあるだろうけど・・・え?ロームシアター?今度の土曜日行くじゃん!」となったのでした。


京都モダンテラス
京都市左京区岡崎最勝寺町13
ロームシアター京都 パークプラザ 2 階
tel: 075-754-0234


朝食は11:00までとwebサイトで調べて、張り切って出かけました。
入口で「ただ今はランチタイムの時間となっております」と言われて時計を見たら10時40分。
「え?!朝食 11時まででは?」
「ラストオーダーが10時30分となっております」
・・・聞いてないし

そこを何とか、とか粘ってみたものの頑として受け付けてくれず。
くぅ~、東山駅を降りて、まだ少し時間があるからとローソンで別のお芝居のチケット発券したりしたことが悔やまれる。

「朝食で吉田パン工房のパンがいただけると聞いて伺ったのですけど・・」
とまだ未練がましく言うと
「ランチメニューの中でライスつきのものをパンに替えていただくと吉田パン工房のトーストをお出ししております」
ということで、「じゃあ、それ」と手を打ちました。


image1 (6).jpg

with ライスのランチメニューは2種類しかなかったのでこちらを。
サーモンのカツレツ 京漬物のタルタルソース

サーモンのカツレツって多分食べるの初めて。
衣サクサクだけどサーモンは結構ジューシー。
京漬物かどうかはよくわかりませんでしたがあっさりめのタルタルソースはおいしかったです。



image2 (3).jpg

そして、じゃん!
こちらがメインのトースト by 吉田パン工房。
(朝食ならトーストの他に、クロワッサンとレザンブレッドの3種盛りだったのに)
期待が大きすぎたせいか、↑ この落胆が入っているためか、思ったより普通のトーストでした。
もちろん、外はサクサク中しっとりでとてもおいしいトーストに違いないのですが、パン好きといたしましては、これくらいにおいしいトーストはこれまでにもたくさんいただいてきましたので(あくまでも個人的な見解です)。



image18.jpeg

食後にはワゴンデザートもいただきました。
ワゴンで運ばれてくるこちらの中から好きなものを2つ選べるというもの。
左側の方は亀屋良長の和菓子ですって。



image2 (6).jpg  image1 (7).jpg

食事もさることながら、店内のインテリアがとても素敵でした。
天井が高くゆったりとした空間に、カウンター、籐の椅子、ソファ席などいろんな表情を持つシート。



image1.jpg

その名のとおり広々としたテラス席は平安神宮や岡崎公園の緑が目の前に広がって開放感たっぷり。
朝8時から夜11時まで、食事はもちろんお茶にもバータイムにも、いろんなシーンで使えそうです。



朝食ラストオーダーの時間なんてどこにも書いてないじゃん(しつこい) の地獄度 (total 1923 vs 1931 )


posted by スキップ at 23:07| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください