2018年06月18日

大丈夫です


本日午前7時58分に発生した地震につきまして、メールでLINEでTwitterで、たくさんの方から温かいお言葉を頂戴いたしました。どうもありがとうございました。お心遣い感謝申しあげます。
家族も私も自宅も無事であることをご報告いたしますとともに、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申しあげます。


昨日の日曜日は出勤でしたので、今朝は遅めのシフトでゆっくり起きて朝食の準備をして、さぁ食べましょうとダイニングテーブルについた時にそれは起こりました。
大きな揺れとスマホの緊急災害速報のけたたましい警告音がほぼ同時。
「何これ。地震?すごく大きいんだけど」と久しぶりに体験する大きな揺れに怖さを感じましたが、「テーブルの下にもぐった方がいいかしら」と思案しているうちに揺れは収まりました。
時間は短かったですが、体感としては阪神淡路大震災の時より揺れは大きかった印象です。

すぐTVをつけるとやはり結構大きな地震だった模様。
連絡をくれた北摂地方に住む友人の中には、食器類がたくさん割れてしまったり、たまたまお風呂に入っていて(!)浴槽のお湯が嵐の海のようにユサユサ揺れた、なんていう人もいて、わが家はこれといった被害がなかったことに感謝。
・・・そういえば、阪神大震災の時は、多分家の中で一番重い‘’家具‘’であろうピアノが動いていたことに、後になって気づいた、なんていうこともありましたが。

公共交通機関がほぼ全滅な中、最寄り駅の阪堺電車は幸いなことに動いていましたので、とりあえず出勤。
「大阪の交通機関ほぼ全線運転見合せの中、ダイヤ乱れながらも満員の乗客積んで走らせている阪堺電車 愛おしい」とTwitterでつぶやきながら。

天王寺駅に着いたのが午前9時30分ごろ。
普段平日のこの時間ではありえないほどたくさんの人であふれていました。
みんなスマホ片手に情報を調べたり連絡したり。学校が休校になったためか、高校生らしき制服姿の人たちもたくさんお見かけしました。
この時点で天王寺からの交通機関はすべて止まっていましたので、予想通りタクシー乗場もバス停も長蛇の列。
やっぱりね、とあきらめてここからテクテク徒歩で出勤。1時間くらい歩いて汗だくになりましたが、これくらいですんだのはやはり幸運な方だったと思います。
オフィスではエレベーターが止まっていた他は特に目立った被害はなく、通常通り勤務することができました。

帰宅時も、まだ交通機関は乱れていて大変な目にあっている方も多い中、御堂筋線がダメなら谷町線があるさ、と地下鉄にも乗れて、無事自宅まで戻ってきました。


こんなに大きな地震だったことが信じられないような静かな夜を過ごしていますが、とはいえ、「不安な夜の安全な過ごし方」なんていうネットニュースを見たりして、何となく落ち着かない夜ではあります。



地震はいつも突然やってくる(当たり前) の地獄度 (total 1923 vs 1930 )


posted by スキップ at 22:57| Comment(4) | diary | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無事でなによりでした。本当に、天災はいつ何時襲ってくるかわかりませんねヾ(;゚;Д;゚;)
備えあれば…と思いつつ後回しになっているのを本気でなんとかしなければ!
(すぐやる気力が欲しい…(^_^;))
Posted by あいらぶけろちゃん at 2018年06月19日 15:44
ご無沙汰、お許しください。
遅ればせながら、このたびの地震、お見舞い申し上げます。
通勤は大変でしたでしょうが、ご無事で本当によかった。
まだまだ余震も続いているようですし、不安でお疲れのこととお察しいたします(「不安な夜の安全な過ごし方」、私も見てみました。日本にいる以上、どこにいてもいつ地震が起きるかわかりませんものね)。どうぞお体にもお気をつけてくださいね。
Posted by SwingingFujisan at 2018年06月19日 23:37
♪あいらぶけろちゃんさま

どうもありがとうございます。
報道で被害の大きさを見るにつけ、申し訳ないくらいに
ほとんで影響を受けなかったのは幸せなことだと思います。

>備えあれば…と思いつつ後回しになっている
本当にその通りです。
私も今回改めて肝に銘じたつもりですが、早、のどもと過ぎれば
みたいなことになりそうです。
Posted by スキップ at 2018年06月19日 23:59
♪SwingingFujisanさま

お心遣い本当にありがとうございます。
こちらの方こそ、ご無沙汰ばかりで申し訳ございません。

昨夜は気が張っていたのか眠りも浅くて少しうとうとしたら
夢を見て目が覚める、の繰り返しでした。
夢の中になぜか七之助くんと梅枝くんが出てきました(^^ゞ

今のところ余震もそれほど大きなものはなくて、不安ながらも
静かな夜が続いています。
日本では「どこにいてもいつ地震が起きるかわからない」ということは
阪神大震災の時に身にしみたはずなのに、心の中で何となく遠いこと
になってしまっていました。
今回の地震は、そんな関西人への神様からの戒めかもしれませんね。
Posted by スキップ at 2018年06月20日 00:10
コメントを書く
コチラをクリックしてください