2018年05月30日

香林堂があったじゃないか


image1 (4).jpg匂いには結構敏感でいい香りに包まれていたいけれどフレグランスや芳香剤のような強い香りは苦手、という面倒くさい私は自室ではお香を焚くことが多いのですが、玄関まわりにもほのかに漂うお香を焚きたいと思っていました。

とはいうものの、生活雑貨店などで販売されている人工的なお香が苦手なので、「松栄堂に行かなきゃなぁ」(京都の香老舗 松栄堂の大阪店が本町ガーデンシティにあって時々買っている)と思っていたところ、いつもお世話になっている整体の先生が、「お隣に有名なお香屋さんがありますよ」と教えてくださったので、先日帰りに寄ってみました。


薫香司 香林堂
大阪市天王寺区逢阪2-1-14
Tel: 06- 6779-0026

四天王寺西門前 交差点を渡ってすぐのところにあります。
古くて小さなお店ですが有名店らしく、遠くからお香を買いに来られたり、中国から香木を買い求めにいらっしゃったりもするのだとか。大女将さんは香道の先生もされている方だそうです。
本町の松栄堂のようには全然こじゃれて綺麗ではなくて、お店の中には所せましといろんなお香が並んでいます。それらは全部こちらで調香、製造されているということで、香木もごろごろ置いてありました。


お香はとても高価なものから庶民的なものまで、お値段も種類もたくさんありますが、気さくで楽しい若女将さん(といっても結構ご年配のご婦人)にご相談していろいろ教えていただき、まずはお試しということで、ガラスのびんに入ってたくさん並んでいたコーンタイプのお香の中から、大好きな白檀、沈香林、花香林の3種類を選んで10~20粒ずつ買ってみました。


image2 (4).jpg  image2 (3).jpg

これがねー、どれもとてもいい香りなのです。右は私が普段愛用している香炉。
朝玄関ホールで焚いておいて、夜帰宅するとドアを開けた途端ふわりとお香の香りが漂って、疲れも癒される感じ。
ここなら整体の帰りにいつでも行けるし、大阪には香林堂があったじゃないか!という気分。




次回はお線香も買ってみるつもり のごくらく度 (total 1916 vs 1922 )


posted by スキップ at 23:40| Comment(0) | shopping | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください