2018年01月14日

和菓子で味わう「勧進帳」


wagashibanashi.jpg

先日、幸四郎夫人の園子さんがインスタグラムで紹介してくださっていた「わがしばなし」(特設サイトはこちら)。

幸四郎さんがイメージキャラクターをつとめていらっしゃるAGF「煎」が日本の伝統文化の革新者とコラボレーションして 和菓子の可能性を拡げる様々な挑戦を行うという「WAGASHI-INNOVATION」の第一弾だそうです。

テーマは「勧進帳」。
全国の和菓子店から「勧進帳」を表現する創作和菓子を募り、グランプリ、準グランプリ、優秀賞が選出されたということで、グランプリの榮太樓總本鋪 青木誠治さんの作品を見て「あら~、ステキねぇ」と思ったものの
こちら ↓

granpri.jpg


今月はもう歌舞伎座行かないしなぁと、その後をよく読まずスルーしていたところ、昨日、大阪の喜久寿さんでこの「わがしばなし」が買えることをお友だちに教えていただきました。
サイトをもう一度よく見てみたら、喜久寿さんは優秀賞に入っていて、「受賞作はそれぞれの製作者の所属する和菓子店にて販売」と書いてあるではありませんか。

喜久寿さんといえば住吉大社のすぐ近くにあるどら焼きが有名な和菓子屋さんで、わが家でもよくお世話になっているお店。
しかも、今日はたまたま住吉さんに行く用事があったので帰りに早速買ってきました。


image1 (4).jpg  image2 (5).jpg

お店にはこんなコーナーができていて、優秀賞の盾も飾られていました。
お店の方に「どこかでご覧になったのですか?」と聞かれましたのて、園子さんのインスタのことや友人に教えてもらったこと、歌舞伎座で初日に「勧進帳」観たことを長々と語り(笑)、「喜久寿さんで買えるなんて~」と言うと、1月9日の発表まで、どこにも言ってはいけないことになっていてずっと極秘だったとおっしゃっていました。



image2 (4).jpg

熨斗紙には幸四郎さんのサイン入り。


image2 (2).jpg image3.jpg image1 (3).jpg image1.jpg

左から 勧進帳・烏帽子・安宅の関・山伏衣 です。
「勧進帳」について書かれたリーフレットが同梱されていて、それぞれのお菓子と関連ありそうなイラストと一緒に写してみました。

「安宅の関」と「烏帽子」はすでに私のおなかの中。
和菓子2個も一気に食べるなんてこのところないことでしたが、甘さひかえめでおいしくいただきました。

各店の職人さんが「勧進帳」のイメージをふくらませて工夫を凝らし、丹精込めてつくられた和菓子。一つひとつの和菓子にこめられたストーリーを読むのも楽しいし、ほかの受賞作も食べてみたくなります。



とはいえ甘いもの摂り過ぎは心配 のごくらく地獄度 (total 1861 vs 1863 )


posted by スキップ at 22:11| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください