2017年11月19日

1分1秒でも長くこの黒燕尾を 「朝夏まなとラストデイ ライブ中継」


manatolastday.jpg

「宙組の朝夏まなとです」
という開演アナウンスが聞こえた時からすでにウルウル。
やっぱり私、こんなにも朝夏まなとさんが好きだったんだと観ている間じゅうずっと感じたラストデイでした。


宝塚歌劇宙組 東京宝塚劇場公演千秋楽
朝夏まなとラストデイ ライブ中継
「神々の土地」
「クラシカル ビジュー」
「朝夏まなとサヨナラショー」

2017年11月19日(日) 1:30pm 大阪ステーションシティシネマ スクリーン4
(上映時間 4時間30分/休憩30分)



宝塚大劇場で2回観て、大劇場千秋楽ライブ中継も観ましたので詳細は控えます。
それぞれアップした感想は以下に。

「神々の土地」
「クラシカル ビジュー」
「宝塚大劇場千秋楽ライブ中継」


「神々の土地」は本当に名作だと思います。
そこにサヨナラがオンされて、ラストの雪原のシーンなんて、この朝を最後に二度と会うことのないドミトリーとイリナにまぁくんとうららちゃんが重なってダダ泣きでしたが、サヨナラ公演ということを抜きにしても何回も観たい作品だったし、観れば観るほど好きになりました。
物語の展開も、凍りつくような雪原、大階段に真っ赤な絨毯を敷きつめた宮廷といった絵画的に美しい舞台装置も、上田久美子先生の演出が冴えわたっています。


お芝居ですっかり涙腺がゆるんでしまったので、「クラシカル ビジュー」も「サヨナラショー」も、「あれ?こんなに泣くショーだったっけ?」というくらい涙ナミダで観ていたのですが、やはり、ショーの黒燕尾の美しさにつきます。
終演後の記者会見で朝夏さんは「1分1秒でも長く、この黒燕尾を着ていたかった」と話されたとか。
特別な飾りのないシンプルな黒燕尾が長い手足に映えて、とても端正な朝夏さんの黒燕尾姿が大好きでした。
私は、私たちは、「1分1秒でも長く、その黒燕尾を見ていたかった」です。


楽しく笑った場面ももちろんたくさんあって、ショーの中詰で朝夏さんが、銀橋下手でウィンク飛ばすと客席から悲鳴のような歓声が湧き上がり、上手へ移動してまたウィンク飛ばして
・・・といった具合。
サヨナラショーの「YOSAKOIソーラン」では、客席降りから戻る時、その長い脚を一気に銀橋にかけてみせてドヤ顔の朝夏さんにドッと笑いと拍手が。

組からは真風くん、同期のお花渡しは元花組トップ娘役の桜乃彩音さんでした。
大劇場千秋楽では真紅の薔薇だったお花。今回は純白の薔薇というところも、朝夏さんのセンスを感じます。


「今、充実感と達成感で満たされてとても幸せです。外から見た宝塚は幸せでしたけど、中から見た宝塚はもっと幸せでした」
と清々しい笑顔で語る朝夏さん。
「宝塚 唯一無二の美しい世界が永遠に続きますように」と、宙組の太陽は、最後まで明るく花園を旅立って行きました。


何度も繰り返されたカーテンコール。

「ゆりか」と朝夏さんに呼ばれて、日頃の男らしさはどこへやら、ぎくしゃくカクカクしながら出てきた真風くん。
「今まで支えてくれて本当にありがとう」と頭を下げる朝夏さん。
言葉が出て来ず、「まぁ様・・・いや、そんな、私こそ・・・感謝です」と真風くん。
「真風涼帆率いる宙組もよろしくお願いします」

さらに「まどか」と星風まどかちゃんも呼ぶと、眉を八の字にして今にも泣きだしそうなまどかちゃん。
「この2人が率いる宙組を皆さん、愛してください。よろしくお願いします」と再び言って、「私は客席で(ちょっと小声)皆さんと応援したいと思います」と。

恐縮してちょっと恨めしそうな目で朝夏さんを見上げる真風くんに「なによその目つき~」と笑う朝夏さん。
まぁまか、本当にいいコンビだったな。

客電ついてアナウンス流れても鳴りやまない拍手に一人幕前に登場した朝夏さん。
宝塚の千秋楽と同じように投げキッスして、「そして戻ります」と茶目っ気たっぷりに逆方向にもした後、さらに、「ライブビューイングの皆さんにも」と正面カメラ目線で投げキッス。

「自分でもおかしくなるくらい言葉が出てこない」と言いながら、拳を握りしめて「最高だ!」「最高だ!」と繰り返す朝夏さん。
最高なのはあなたの方。
「ずっと進化し続けたい」という言葉通り、最後まで最高の朝夏まなとを見せてくれました。



千秋楽の出では涙をぬぐったという朝夏さん。どうか幸せな未来が続いていますように のごくらく度 (total 1839 vs 1842 )


posted by スキップ at 23:27| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください