2017年11月07日

夜空にあまたの星 星組 「ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA」


berlin.jpg宝塚の大劇場公演は、初日開いてすぐ1回観て、終盤にもう1度観るというのを基本としています(もっと何回も観る公演もありますが)。

今回の星組公演、諸般の事情により、最初の方に取っていたチケットを手放してしまったので、公演の前楽がmy 初日、しかもA席から、1回だけの観劇となりました。


宝塚歌劇星組公演
ミュージカル 「ベルリン、わが愛」
作・演出: 原田諒
タカラヅカレビュー90周年
「Bouquet de TAKARAZUKA 」 (ブーケ ド タカラヅカ)
作・演出: 酒井澄夫
出演: 紅ゆずる  綺咲愛里  礼真琴  七海ひろき  壱城あずさ  如月蓮  
天寿光希  音波みのり  夏樹れい  瀬央ゆりあ  有沙瞳/凪七瑠海 ほか

2017年11月5日(日) 3:00pm 宝塚大劇場 1階28列センター
(上演時間 3時間/休憩 30分)



「ベルリン、わが愛」

1927年のベルリン。
フリッツ・ラング監督(十碧れいや)の映画「メトロポリス」のワールドプレミアが開かれていますが、観客の評判は散々で失敗に終わり、制作会社UFAは倒産の危機に瀕します。
ハリウッドでは映画はサイレントからトーキーの時代に入り始めた時代。助監督のテオ(紅ゆずる)は自分が新作トーキー映画をつくる、とプロデューサーのカウフマン(七海ひろき)に申し出ます。テオは絵本作家の友人エーリッヒ(礼真琴)に脚本を依頼し、折しも公演中のジョセフィン・ベイカー(夏樹れい)に出演交渉する中、コーラスガールのレーニ(音波みのり)と彼女の友人ジル(綺咲愛里)に出会います。やがて完成した「忘れじの恋」は大成功を収めますが、宣伝指導者ゲッベルス(凪七瑠海)を中心としたナチス
はプロパガンダとして映画を利用しようとしていました・・・。


「メトロポリス」のワールドプレミアの観客の反応で、昨年コクーンで「メトロポリス」観た時のビミョーな感じ思い出したり、ナチスやゲッべルスと聞くだけで「国民の映画」や「テイキングサイド」「ホロヴィッツとの対話」が心に浮かんだり、私がこれまで観た舞台といろいろリンクする面の多い作品でした。


冒頭のワールドプレミアの場面。
幕が上がると大階段を客席に見立てて、ドレスアップした観客がこちら向きにぎっしり座っている演出、よかったな。
あちらこちらの席から一人、また一人と立ち上がって言葉を発するたびに、「お、かいちゃん、そこにいたのか」「しーらん、シブいな」「ぽこくん、イケメン監督だな」とか発見して、楽しいったらありゃしない。


舞台美術は松井るみさんですが、スタジオのセットやベルリンのカフェなど、特に目新しいと感じるところはあまりありませんでしが、この冒頭の場面は好き(ラストのテオとジルが旅立つ列車なんて、どこの「琥珀色の雨にぬれて」かと思いましたし)。

テオとジルの星空の場面も好き。
舞台いっぱい、そして舞台外の天井までも振るように輝く星の下を歩く2人。
銀橋に腰かけて、「海にあまたの真珠」と言うジル。
「夜空にあまたの星」と続けるテオ。
「あら、知ってるの?」「もちろんだよ」というのはハイネの詩。

海にあまたの真珠
夜空にあまたの星
されどさらに大いなるはわが心
暗闇を貫き照らすのは
ただ愛のみ

この詩が一つのテーマになっていて、終盤で大切な役割をするのはいかにも原田先生らしいです。


テオとジルといえば、メイクアップの場面も楽しかったです。
鏡を見ながらジルに映画の撮影に映えるメイクを教えるテオ。
鏡に向かって(客席に向かってるのだけど)2人並ぶ姿はとても絵になっていて、美男美女カップルだなと思いました。

この後のトーキー映画撮影のレーニは「SINGIN’IN THE RAIN ~雨に唄えば~」のリナみたいだったし、本当にいろんな舞台思い出させる作品です。
花売り娘のジルとロルフ(瀬央ゆりあ)の演じるシーンがそのままモノクロでスクリーンに大きく映し出されてストップモーションになる演出、ステキでした。

「新しいトーキー映画をつくりたい」という夢に向かって進むテオの青春物語みたいな中、凪七瑠海さん扮するゲッペルスと彼が率いるナチス軍団が異彩を放っていました。
無表情で、行進の足を高く上げるようなダンスの振付も独特で、ナチスの不気味さを描出。
凪七さんみたいに綺麗な顔の人が冷酷な役をやるのが好物なのですが、硬質のゲッペルス、とてもよかったです。

ゲッペルスがジルに横恋慕して、ジルがユダヤ人であることをレーニが告げ口して、テオの次作「宰相ビスマルク」の撮影現場にゲッペルスとナチスが乱入して撮影を妨害・・・となかなか盛りだくさんな展開の中、撮影を敢行するテオが「最後の台詞を変える」とジルにメモを渡して、ジルが言った台詞が、あのハイネの台詞。
「ハイネはユダヤ人」という「エリザベート」の台詞がここでも頭をグルグル。

ラストは皆の協力で列車に乗ってパリへ逃れるテオとジル。
「パリからハリウッドに渡って映画をつくるんだ!」と明るく言うテオ。
「早く行かないとゲッベルス来ちゃうから」とか「エーリッヒとか残った人たち、テオをどこへ逃がした?とか言って拷問されちゃうんじゃない?」とハラハラドキドキしましたが、そんな場面はなく、旅立つ2人の姿がまたモノクロの映画のようにスクリーンに映し出されて、ハッピーに幕、でございました。


紅ゆずるさんはいつものちょっとオーバーアクションの笑いの部分を封印して正統派の主人公。
映画づくりに情熱を傾ける純粋な青年で好感。舌が長いのか短いのか、特に「らりるれろ」の滑舌の悪さがまだ時々気になりますが、華のあるトップスターぶり。

礼真琴さんのエーリッヒはそんなにしどころのある役ではありませんが、「イッヒ・リーベ・ディッヒ」と恋人のルイーゼロッテ(有沙瞳)を想って歌う歌がとてもステキで、「もっと聴いていたい~」となりました。

image2 (3).jpg男役ながら、黒いヴィーナスこと褐色の肌を持つジョセフィン・ベーカーを演じた夏樹れいさんも印象的。
強い瞳と歌声、華やかなショースターと、その後の台詞では彼女の孤独感がよく出ていました。


とてものどが渇いていたので、公演ドリンクは量の多い方選んで(笑) 一気飲み。
公演ポスターのカラーをイメージした「セピア」という、りんご酒&チョコレートシロップのカクテル。甘さ控えめでおいしかったです。



「Bouquet de TAKARAZUKA」

image1 (3).jpg

「90周年を迎えたタカラヅカレビューの伝統を紡ぐレビュー作品」ということで、いくつかの場面を除けば「タカラヅカレビューの集大成」といった趣で、「モン・パリ」「パリの屋根の下」「ブギウギ・パリ」「夜霧のモンマルトル」「セ・マニフィーク」と耳馴染みのある曲が続いて思わず口ずさみそうになるくらい。

場面で印象的なのは楽しいパリの観光ツアーの場面と後半の赤い薔薇・・スパニッシュの場面。
観光ツアーの七海ひろきさんのエロカッコよさ、スパニッシュの、紅さん vs 礼さんの対決シーンの激しさ。

それにつけても、礼真琴くんは動きがキレキレでどこにいても目立つし(まぁ、二番手だから目立つ場所にいることの方が多いのだけど)、歌い始めると「礼真琴くんだっ!」とすぐわかります。
「ブギウギ・パリ」なんて聴き惚れたもんね。

凪七さんはショーにも出演していて、七海さんと対で登場することも多くて、2人一緒に活躍していた宙組時代を思い出しました。なつかしい。

デュエットダンスはその凪七さんが歌う「花夢幻」に合わせて3組が踊るという珍しいパターン。
黒: 紅・綺咲  白: 礼・有沙  赤: 七海・音波
男役3人、それぞれ持ち味が違っているのがよくわかっておもしろかったな。

フィナーレではこの前に退団者3人の場面があって、客席から拍手も起きていましたが、笑顔で踊る3人を観て泣きそうに・・・。
壱城あずささん・愛水せれ奈さん・夏樹れいさん。
柚希さんトップの時代から活躍していた人たちで、ともに「REON in BUDOKAN」のメンバーでもあって、世代が変わっていくのを実感。
せれ奈ちゃんのゴージャスなべっぴんさんぶり、好きでした。

客席には多分翌日の千秋楽のお手伝いに来たと思われる、壱城さんと同期 89期の夢咲ねねさん、白華れみさんの姿も。
同じく89期の美弥るりかさんもいらして、舞台上の七海さん、凪七さんとともにみんなでしーらんお見送りですね。
美弥さんといえば、この日は紅5も全員揃った最後の日になったのかな。


パレード:
エトワール 天彩峰里 (すごく綺麗な声!)
天華えま・麻央侑希・紫藤りゅう
天寿光希望・壱城あずさ・十碧れいや
有沙瞳・瀬央ゆりあ
凪七瑠海
七海ひろき
礼真琴
綺咲愛里
紅ゆずる



東京千秋楽ライビュ観に行こうかどうか悩む~ のごくらく地獄度 (total 1835 vs 1837 )


posted by スキップ at 23:33| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください