2017年10月08日

吉野ぶらり


image4 (2).jpg

吉野に着いてから潅頂会まで少し時間があったので、ぶらぶらお散歩しました。
この日は雨の予報でしたが、散歩している間は風は強かったものの時折陽がさすくらいのお天気で、いざ蔵王堂へ籠るとなった頃に雨がパラつき始めるという、晴れ女(でもない?)の本領発揮です。

冒頭の画像は来る時、電車の中から見えた吉野川。
この流れが久我之助と雛鳥を隔てていたのね、と思って胸がきゅんとなりました。
歌舞伎や文楽を観るようになる前は「吉野川」と聞いても特に何の感概もなかったのに。
本当に、昔はものを思はざりけりでしたワ。


image3.jpg

吉野駅に到着。
さてケーブルに、と思ったらみんなバスの方へ行きます。
事前に何も調べていなくて、知らなかったのよ、ケーブルが運休していることを。
それでも、この時はまだ平日だからかな?と思っていたのですが、5月ごろからずっと運休しているらしい。
その間、代行バスが運行しています。



image3 (8).jpg

黒門
吉野山全体の総門です。


image2 (3).jpg

ひょうたろうさんで柿の葉ずしを買うのはお約束。



image1 (5).jpg

金峯山寺の階段を上がったところからはこんな眺め。
紅葉にはまだ少し早いようです。



image1 (6).jpg

吉水神社に伺いました。
勘三郎さんが最初に耳の病で休演されていた時、パワースポットとして有名なこちらの北闕門で九字真法の邪気払いをされている画像を拝見したことがあって、ぜひ一度その場に立ってみたと思っていたのです。



image1 (3).jpg

こちらが北闕門
手前にある五芒星と九字切り印が刻印された敷石があり、その上に立って作法にのっとって邪気払いのご祈祷を行います(私は少し怖いような気がしてご遠慮しましたが)。



image3 (7).jpg

義経と静御前が最期に会った場所という吉水神社。
目の前にはこんな景色が広がります。



image1 (4).jpg

桜満開のころは本当にすばらしい眺めでしょう。



image1.jpg

平日のせいか、飲食店もお土産屋さんも閉まっているところが多かったのですが、
金峯山寺に戻る途中 たまたま見つけたこちらへ。

ちゃつぼ芳魂庵



image1 (2).jpg

こんな民芸調の店内は私一人で貸切(^^ゞ


image2 (2).jpg  image3 (2).jpg

くずきりもお抹茶も、注文を受けてから切り、点ててくださいます。
ぷりぷりツルツルのくずきりもさることながら、黒みつがとんでもないおいしさで(笑)、
ちょっと飲んでしまったくらい。
店主の女性とお話しがはずみ、くずもちも特別に出してくださいました。
こちらの自家製きなこがまたおいしくてねぇ。
次に吉野に行く時もぜひ立ち寄りたいと思ったのでした。



最後は結局「食」に走る のごくらく地獄度 (total 1821 vs 1827 )




posted by スキップ at 21:12| Comment(2) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく、拝見しております。
こばしの焼きもちは食べられましたか?
Posted by 梨絵 at 2017年10月09日 21:00
梨絵さま

いつもご覧いただいてありがとうございます。

こばしのやき餅、以前おみやげにいただいたことがあって
とてもおいしかったので、ぜひ買いに行きたいとは思って
いるのですが、なかなか足を伸ばせずにいます。
大変な人気で開店早々に売り切れてしまうそうですね。
次に吉野に行く時は予約して行ってみようかしら。
Posted by スキップ at 2017年10月10日 23:46
コメントを書く
コチラをクリックしてください