2017年08月09日

精進四菜 @白 (Tsukumo)


image1 (4).jpg

夏恒例の大学時代の友人と「生きているのを確かめ合う会」。
(最近はかなり頻繁に開催していますが)
今回は久しぶりに奈良へ出向き、こちらのお店へ。


白 (Tsukumo)
奈良市三条町606-2 南側1F
tel: 0742-22-9707


「白」と書いて「つくも」と読みます。
「白寿」がそうであるように、 百から一を取り除いた字が「白」そして引いた数が九十九(つくも)というのがその謂われだそうです。

ご主人の西原理人さんは京都吉兆ご出身でまだ40歳の若さ。
ニューヨークの精進料理店「嘉日」の初代料理長として腕をふるわれ、ロンドンの「UMU」を経て2015年12月に「白」を開店。
オープンして1年足らずでミシュラン2つ星を獲得して話題になったお店です。

JR奈良駅から歩いて5分くらいの場所にあります。
ちょっと迷っちゃったけど(^^ゞ

ランチは「一汁三菜」か「精進四菜」のチョイスで、私たちは「精進四菜」をいただきました。
縁高重、吉野の羹、主菜、 デザートという構成です。



image2 (5).jpg

まずはビールで乾杯。
暑い日でしたのでこの一杯がおいしかったー!


縁高重(冒頭の画像)から大感激。
精進料理だからみんなお野菜なのですが、どのお料理もそれぞれの野菜の味がくっきり。
右上の冷製コーンスープの自然な甘さ。
右端にチラリと見えるのはお野菜だけでつくられたオリジナルのウスターソース。
茄子の揚げものにつけていただくとこれがまた感激のおいしさでした。



image2 (4).jpg

吉野の羹
あつものは生麩。黄色いかぼちゃの生麩と緑のよもぎの生麩が格子になっていて、ご主人がテーブルまでいらしてそれぞれの器に黒トリュフとすり入れてくださいました。
「よく考えたらトリュフも精進料理ですから」と。
トリュフももちろんおいしかったですが、よもぎの味がしっかり出た生麩はおかわりしたいくらいでした。



image1 (3).jpg

メニューに奈良のお酒が並ぶ中、「豊かな祝い」という名前にひかれてこちらを。
名前の通り、豊潤でゆったりした印象のお酒でした。

主菜は三品からのチョイスでしたが、それぞれ違うものをお願いしたので三品全部ご紹介。



image2 (3).jpg

精進丼。
精進天ぷらのお丼。



image1 (2).jpg

湯葉のあんかけ丼。



image2 (2).jpg

すだち冷麺。
私はこちらをいただきました。
いや~、おいしかった。お出汁まで完食です。
それぞれのお料理にそえてある香の物までおいしくてね。
私のはオクラのお漬物でした。

そうそう、湯葉あんかけ丼の右上は湯葉の唐揚げ(チップスのようなもの)でその上にかかっているのはオリジナルの「十七味」なのです。これがまた辛くなくておいしくてね~。



image1.jpg

デザートは白桃のくずもち包み。
これまた絶品でした。




image1 (5).jpg 

image3 (2).jpg

お店の外も中も凛とした佇まい。
カウンターとテーブル2卓というこじんまりしたお店ですが、ご主人やサービスご担当の奥様の温かい雰囲気、行き届いたお心配りと極上のお料理でとても心地よい時間を過ごすことができました。




次は夜行くこと決定! のごくらく度 (total 1256 vs 1261 )






posted by スキップ at 18:02| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください