2017年05月30日

11年の時を経ても色褪せない 蜷川幸雄シアター 「間違いの喜劇」


ninagawatheater.jpg蜷川幸雄さんの演出作品を映画館で上映するという一周忌追悼企画 「蜷川幸雄シアター」
ラインアップされたのは、このフライヤーにあるとおり、

「ジュリアス・シーザー」
「身毒丸 復活」
「間違いの喜劇」
「ヴェニスの商人」

の4作品(いずれも舞台を観ていて、それぞれのタイトルを感想とリンクしました)。

スクリーンでも全部観てみたいところですが、4週間限定、週替りということでなかなかそうもいかず。
でもこの作品だけは何としても観たいと思っていました。


蜷川幸雄シアター 第3弾
「間違いの喜劇」
作: ウィリアム・シェイクスピア
翻訳: 松岡和子
演出: 蜷川幸雄
出演: 小栗旬  高橋洋  内田滋  月川悠貴  鶴見辰吾  
吉田鋼太郎  瑳川哲朗 ほか

2017年5月27日(土) 12:35pm なんばパークスシネマ シアター11
(上映時間 117分/2006年2月 彩の国さいたま芸術劇場にて収録)



物語: シラクサの商人イジーオン(吉田鋼太郎)は、敵地エフェソスに侵入した罪で逮捕され、死刑を言い渡されます。イジーオンには双子の息子アンティフォラス(小栗旬2役)と同じく双子の召使いドローミオ(高橋洋2役)がいましたが、数年前に嵐に巻き込まれて妻のエミリア(鶴見辰吾)と両方の双子の兄の行方がわからなくなっていました。ちょうどその頃、兄探しの旅をしていた弟たちもエフェソスにたどり着きます。この街には彼らの兄も妻のエイドリアーナ(内田滋)、その妹のルシアーナ(月川悠貴)とともに暮らしていて・・・。


「彩の国シェイクスピア・シリーズ」は、昨年蜷川さんが亡くなるまでに32作品上演されました。
そのうち7作品(特別版の「ロミオとジュリエット」を加えたら8作品)が男性のみで演じたオールメール。
中でもこの「間違いの喜劇」は不動の my best オールメールです。


2006年2月に上演された作品。
私は舞台作品を映像で観るのが苦手(どちらかといえば邪道だと思っている)なので、DVDも持っていませんし、WOWOWでオンエアされたものも観ていませんので、この作品を観るのは11年ぶりです。
もちろん大まかなストーリーや結末は覚えていて、こうなる、とわかっているのにやっぱり楽しくて、映画館でもよく笑いました。

朝、シラクサに着いて、その日の夕方までに起こる1日の物語。
双子☓2組が、周りの人はもちろん、本人たち主従同士も互いを間違えるという、誤解が誤解を呼ぶドタバタ喜劇なのですが、あくまでも品は落とさず、最後は祝祭感に満ち溢れたハッピーエンドという、いかにもシェイクスピアの作劇、いかにも蜷川さんの演出という作品。

11年ぶりに観てもちっとも色あせていない。
やっぱりこの作品好きだなと思いました。


小栗旬くん23歳。さすがに若い。
男っぽさも苦味も加わった今の小栗旬くんも好きですが、この頃のキラキラ感、王子様感はね~。
2005年にドラマ「花より男子」の花沢類役で一躍ブレイクした時期とも重なり、まさに「旬」の勢いを感じます。
記憶の中では赤いマントの兄 アンティフォラスは激しい気性でいつもプンプン怒っていて、白い弟 アンティフォラスは端正でノーブル、という印象だったのですが、改めて観るとどちらも結構血気盛んでしたね。

高橋洋くんのドローミオはアンティフォラスほど性格や環境が違っている訳ではないのでかえって難しいのではないかと思いますが、腹話術をつかった声色の使い分けも鮮やか。コメディアンとしても魅せてくれました。
高橋洋くんといえば、5月21日付のブログに「間違いの喜劇」出演時のエピソードをアップしていらっしゃいましたが、そんなことがあったとは。
小栗くんも高橋くんも二役早替りだけでも本当に大変で汗が飛び散っているのがわかるくらいだったのに、そんな怪我まで。
でも役者魂というか、役者さんってきっとみんなこうなのだろうなと思いました。

それから、大画面で観ても月川悠貴さんの美しさは異様(笑)。
ルシアーナはベアトップ風のドレスで肩と背中がかなり露出しているのですが、まるで陶器のように美しい肌で華奢。
ほんっと、女性にしか見えない・・・というか並の女性よりかなり綺麗。
あのちょっとオネエな宝石商 アンジェロはたかお鷹さんだったのね、とか、あの後ろにいるのは高橋努さんじゃないの、とか、当時気づかなかったこともあれこれ発見したり。

そういえば、ラストの大団円で双子が全員登場した時、アンティフォラス弟は小栗旬くんの実のお兄様 小栗了さんがキャスティングされて話題になったのでよく覚えていたのですが、ドローミオ弟って誰だっけ?と思ったら清家栄一だったのですね。

若い役者さんたちを吉田鋼太郎さん、瑳川哲朗さんがさすがにどっしりと締めてくれます。
鋼太郎さんといえば、この舞台観た時、終演して地上に出たらもう私服に着替えて歩いている鋼太郎さんに遭遇して、「ええぇ~っ、今舞台上にいたのに!?」と驚きのあまりガン見していたら向こうから「どーも。ありがとうございます」と挨拶してくれたという思い出があり(その時のブログにも書いている)、そんな強烈な印象は11年経ってもありありと覚えていますよね~。



小栗旬くんのオールメールでは「お気に召すまま」と双璧 のごくらく度 (total 1224 vs 1226 )



posted by スキップ at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック