2017年04月16日

遠い日のイースターを思う


image1.jpg友人に「Happy Easter!」と、このカワイイ イースターエッグ・・というかニワトリ?をもらって、今日がイースターだと知りました。
これ、全部チョコレートでできています。

日本ではクリスマスやハロウィンほどポピュラーではないイースターですが、小学生の頃、クラスメイトのお父様が牧師さんでしたので、私はクリスチャンという訳ではないけれど、教会の日曜学校に毎週通っていました。

聖書を読み、賛美歌を歌い、イエスさまの教えを学んだりする中、4月のイースターには色とりどりのセロファンに包まれたゆで卵がいただけるのが楽しみだったなぁ、と、思えばあの頃から「花より団子」派だったんだなぁと、すっかり忘れていたそんなことも思い出した穏やかな日曜日でした。



諸般の事情(いちご&スイーツ食べ過ぎ)によりただ今激しく胸やけ中 の地獄度 (total 1734 vs 1739 )



posted by スキップ at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | diary | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の人生に、キリスト教は全く存在してなかったんですが、カトリック教会(&修道院)の隣に引っ越したと思ったら、次に牧師の娘と友達になり、、、。いつの間にか、マタイ受難曲の季節だわ~、などと言うようになってました。もちろん何も知らないことに変わりはないんですけども。
スキップさまのような可愛い思い出がなくて残念ですが、単純にいろいろ知りたいことが出てきて、老後の楽しみ、ってなもんです。
でも、イースター商戦はどうなのよ⁉全く、ですよねぇ。
Posted by きびだんご at 2017年04月19日 01:00
♪きびだんごさま

日曜学校ではマタイ伝などその日の聖書の教えにちなんだ
綺麗な宗教画のカードがいただけて、それを集めるのが
楽しみで通っていたようなものですが、大人になって、
舞台を観たり本を読んだりしていて、「あ、あの時の
牧師さんのお話・・」と思える場面もあったりして、
信仰心があるとはいえない私ですが、イエス様に少し
寄り添えていると感じることもあります。

「昔は物を思はざりけり」で、大人になるといろいろ
知りたいことや思うことが出てきますね。

そうそう、このところのイースター商戦を見ていると
第2のハロウィンになりそうな気さえしますね。
Posted by スキップ at 2017年04月20日 00:35
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック