2017年02月02日

狂女と鬼女 木ノ下歌舞伎 「隅田川・娘道成寺」


kinoshitakabuki201701.jpg木ノ下歌舞伎は昨年初めて観た「勧進帳」がとてもおもしろかったのですが、舞踊の演目ってどんなん?と興味シンシン。

舞踊は特定の演目を除いて苦手ながら、「娘道成寺」は数少ない好きな演目。
そして、演舞場で「雙生隅田川」を観たこともあって、あの世界観がどう表現されるのか楽しみでした。


木ノ下歌舞伎 「隅田川・娘道成寺」
監修・補綴: 木ノ下裕一
美術: 杉原邦生


2017年1月28日(土) 6:00pm アトリエ劇研 3列


「隅田川」 
共同演出: 白神ももこ  杉原邦生  木ノ下裕一
振付・出演: 白神ももこ


滝廉太郎の「花」のメロディが流れる中、背中に「東京水辺ライン」というロゴの入ったパーカー、半パンにマラソン選手がよく着ているようなサイケなタイツといったいでたちの女性が船頭さんで隅田川の名所案内。
スカイツリーや、長命寺の桜餅(食べたーい!)なんかも出てきました。

コンテンポラリーダンスというよりパントマイムのような印象で、マイク片手にカラオケよろしく歌い始めた時には「あれ?ずっとこういう感じなのかな?」と思っていたのですが、白神ももこさんの歌う歌詞の内容が言葉は全く違うのですが、聞き覚えがある・・・と思っていたら、「確か名前は梅王丸・・」のところでハッ!となりました。

あ、義太夫の口語訳だったんだ、と。

終演後のレクチャーで木ノ下さんが、「杉原さんのすばらしい口語訳」とおっしゃっていました。

「確か名前は梅王丸・・」で白神さんの表情もガラリと変わり、悲しみに打ちひしがれたように奥に引っ込んではまた前に出て歌い始め、「梅王丸」まで来て歌いやめてしまう、というのを3回位繰り返した後、一気に「隅田川」の世界へ。

一旦暗転した後は奥にあった小さな白いテトラポットのようなものが舞台中央に置かれて、それにからみつくように踊る白神さん。
能にも踊りにも「隅田川」にも詳しい訳ではありませんが、あぁ、梅若塚だったのね、と母の悲しみがひしひしと伝わってきました。

ダンスのテクニカルな面については門外漢なので全くわかりませんが、梅若丸の辞世の句 「問はば応へよ都鳥」にちなんだのか、鳥の振りをされる場面があって、片足で立って手を大きく羽ばたかせながら歌ってピクリとも体幹ブレないのは凄いと思いました。

は~るの~ うら~ら~の~ す~み~だ~が~わ~ という聞き慣れたメロディから、オリジナル曲や「トゥーランドット」(だったと思う)のようなクラシック曲を使ったBGMも印象的でした。



「娘道成寺」
演出・振付・出演: きたまり


一面に紅白の幕が敷かれた舞台。
かなりボリューミーな赤いシフォンの衣装を着た白拍子花子。

「隅田川」が能や歌舞伎をかなり「解体」した印象だったのに対し、こちらの「娘道成寺」は原本に忠実な印象。
長唄もそのまま使っていましたし、振付も「あぁ、ここは鞠つき」「ここは恋の手習い」と思い起こさせるものがありました。
もちろん全く違った「ダンス」が大部分ではありましたが。

鐘に恨みは・・の感情がどんどん露わになって、床に敷いてあった紅白の幕がホリゾント一杯に吊り下げられるのですが、この時、照明の効果で紅白が黒白の鯨幕に見えたのはちょっと唸る思いでした。

衣装を段々脱ぎ捨てて、光沢のあるパールカラーのワンピース一枚になって蛇体へと変化している花子。
この蛇体がもう蛇にしか見えなくて、ストーリーを知らない人でもあれは蛇に見えたのではないかしら。
帰り道、若いお嬢さんたちが、「あの蛇になるところがさぁ~」とおっしゃっているのが漏れ聞こえてきました。

終演後のレクチャーによると、きたまりさんの「娘道成寺」は今回が4演目で、毎回振付を変えているそうです。
しかも今回は初めての全曲上演だとか。
「いかに長唄と向き合うか」がテーマだったと木ノ下さんがおっしゃっていました。
そうそう、レクチャーといえば、道成寺の僧が最初に「生娘か白拍子か」と尋ねて花子が「白拍子」だとわかると女人禁制なのにもかかわらず通してしまうのは、当時白拍子が人間扱いされていなかったからだ、というお話も興味深かったです。


歌舞伎の「娘道成寺」とは別物なんだけど、絶対的に「娘道成寺」なんだと感じられる舞踊でした。



IMG_0053.jpg開場を待つ間 近くにかわいいベーグル屋さん LOVES BAGEL 見つけてゴキゲン



次回公演「東海道四谷怪談」通し上演 春秋座は5月21日。上京予定と重なっているんだけどどうしてくれよう の地獄度 (total 1701 vs 1703 )


posted by スキップ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック