2017年01月30日

まわ~る まわ~る カルーセル~ 月組 「カルーセル輪舞曲」


carousel.jpg

続いてショー。
「主題歌がすぐに歌えるショーはよいショー」と聞いたことがありますが、そういう意味ではとてもよいショーと言えるでしょう。
♪まわ~る まわ~る カルーセル~ という主題歌、最初に聴いた時から耳についてすぐ再生できましたから。


モン・パリ誕生90周年
レヴューロマン 「カルーセル輪舞曲(ロンド)」
作・演出: 稲葉太地
出演: 珠城りょう  愛希れいか  美弥るりか  憧花ゆりの  緒月せり  宇月颯  
紫門ゆりや  早乙女わかば  朝美絢  海乃美月  暁千星/華形ひかる ほか



「グランドホテル」の感想はこちら



carousel.jpg

日本で最初のレヴュー「モン・パリ」が宝塚で上演されて90周年を記念したショー。
開演前に緞帳が上がると、星空に浮かぶ回転木馬(カルーセル)。
この回転木馬に乗って、パリを出発して→ニューヨーク→メキシコ→ブラジル→シルクロード→インド洋 と世界中を巡り、宝塚が目的地となる趣向です。
宝塚らしい、オーソドックで楽しいショーでした。

専科に異動したとはいえ、星条海斗さん、沙央くらまさん、凪七瑠海さんといった元月組メンバーがいつも出ているイメージでしたので、その人たちがごっそりいなくなって、真ん中に立つ人が龍さんから珠城さんになって、ショーの方が「新生月組」をより強く感じました。

以下は印象に残った場面や人のピックアップ。


プロローグでみんな白い鬘をつけているのだけど、これが結構ビミョーな感じで、最初観た時「なんじゃこら?」と思ってしまいました(笑)。
あー、回転木馬、つまり馬のタテガミなのね、と気づいたのは2回め観た時。


妖艶(ニューヨーク):
愛希れいかさん筆頭に娘役中心の場面。
ちゃぴちゃんは本当に歌ってよし踊ってよしでセンターに立って一場面支えられる娘役。
これにからむ朝美さんがなかなか色っぽく挑発するのですが、わりとツンとした感じのちゃぴちゃん、オトコマエ。

女子チームが残って「いい男のいる所に行きましょう 旅に出ましょう」みたいな歌を歌うと、暁千星くん先頭に汽車が登場してラインダンス。
この場面、楽しかったです。
千星くん、カワイイ笑顔満開で相変わらずくるくる回ったりジャンプしたり、とてものびやか。

最初に観たのは2階席からで、この場面以外にも群舞で、「あの人、ターンがすごく速くて綺麗」とか「手がまっすぐ高くのびてる」と思ってオペラグラスあげるといつも千星くんでした。
1階3列で観たときは言わずもがな。どこにいても目につきます。
ありちゃん、お芝居含めまだまだ注文はたくさんありますが、あの華は天性のものと思います。


楽園(メキシコ):
ここは肩にかけた赤いスカーフヒラヒラさせて踊る男役たちの「テキーラ」が眼福。
銀橋でそれぞれの方向向いて「テキーラ!」とキメた後、珠城さん一人残ってシブい声でもう一度クールに「テキーラ!」・・・たまりませんね。


祝祭(ブラジル):
星組の「パッショネイト宝塚!」に登場した「カポエイラ」の軽いバージョンに「ノバ・ボサ・ノバ」を加えたみたいなシーン。
カラフルなアロハシャツ着た男役さんたち側転もやっていましたが、出来不出来がありましたかな(笑)。
ここでも千星くん、よく足が上がっていました。

後半は、明るいグリーンの蝶のような羽根背負った珠城さんと、ペアの衣装でブラジル国旗持った愛希さん 2人のシーンからリオのカーニバルばりに全員総出で色の洪水のような華やかな中詰め。
銀橋で勢揃いしてキマった後、もう一度全員で小刻みに体揺らして激しく腰振りダンスするところがあって、3列目で観た時、早乙女わかばちゃんが目の前だったのですが、可愛らしさに目が釘づけでした。


宇月颯さんのソロがとても心に残ったのは「インド洋」だったかな。
シルクロードの美弥るりかさんの場面の影ソロがとてもいい声で、誰かな?と後でプログラム確認したら輝月ゆうまさんと白雪さち花さんでした。
ニューヨークでは千海華蘭さんと晴音アキさんのソロもあり、いろんな人の活躍がうれしかったです。
からんちゃんといえば、何かの場面で銀橋に出てきたとき、目の前のからんちゃんがあまりに可愛くて見とれていたら、ウインクいただいちゃいました


吾が巴里よ(日本 タカラヅカ):
今回の大階段の黒燕尾、すごく好き。
衣装もとても正統派のシンプルな黒燕尾で(これ、珠城さんの似合いっぷりハンパない)、振付(KAZUMI-BOY)もカッコよく、またその振りが全員ピシリと合っていて、引き締まった表情。「そうよ、そうよ、黒燕尾。こうでなくっちゃ~」と思いました。
これまた正統派の白いドレス着た娘役たちがからむのもよかったです。


珠城りょうさん、月組トップおめでとうございます。
正直なところ、ショースターとしてはもうひと爆発するような求心力がほしいという思いもあるのですが、歌、ダンス、お芝居とも大車輪の活躍で堂々としたトップスターぶり。
3回観たうち2回貸切公演で、終演後のトップスターの挨拶もとても落ち着いていて、これが大劇場トップデビューとは思えないくらい。
ガタイのよさは誰でも認めるところですが、これから役の幅も広げて、月組の輝くトップになっていただきたいです。



grandhotel2.jpgすっかり恒例になった公演オリジナルカクテル。
シャルトリューズ&フランボワーズをいただきました。





早乙女わかばちゃんフラムシェンを観られなかったことだけが心のこり のごくらく地獄度 (total 1700 vs 1702 )



posted by スキップ at 23:28| Comment(6) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先週土曜日観劇してきました。
グランドホテル、カルーセル輪舞曲どちらも見応え充分の二作品でした。
月組さんが久しぶりと言うのもあってショーなどは眼が足りないくらいでした。
回転木馬を私も写したのですが客席までがっつり映ってしまいました。
毎回思うのですがスキップ様の表現力の素晴らしさ語彙力、本当に感服致します。
前回のブログでは舞台を思い出しながら見させて頂きグッときてしまい思わず涙してしまったら会社の仲間に心配されてしまいました。(ランチ中スマホ観ながら泣くって...)
今年も沢山のアップ期待しております!
Posted by sissy at 2017年01月31日 13:06
ま~わ~る~ま~わ~る~ロンド~♪

お正月にBSで舞台中継があったので、
予習バッチリで臨めましたー。

どの場面も良かったですが、特にブラジルと黒燕尾!
色彩と人数がとにかくすごーい。
同行者がほぼ初観劇で、リアクションが新鮮だったんですが、大階段の黒燕尾は「ひゃあ~」って声出ちゃってましたー。

このコンビでデュエットダンスをたくさん観たいです。
Posted by めめねず at 2017年02月01日 00:17
♪sissyさま

過分なお言葉、重ね重ねありがとうございます。
思うままに書いているだけで恥ずかしい限りですが
ブログをやっていてとても励みになります。

今回の月組公演、お芝居もショーもよかったですね。
ショーは本当にあっという間で、sissyさまのおっしゃる通り、
何回観ても眼がたりません^^;

珠城さん・ちゃぴちゃん率いる月組、これからも楽しみですね。
Posted by スキップ at 2017年02月01日 00:21
♪めめねずさま

月組公演、幸先よいスタートで楽しかったですね。
BSの中継、自分で舞台観るまでは、と思って録画したまま
まだ観ていないのです。復習しなければ。

黒燕尾、よかったですよね~。
珠城さんはもちろん、男役全員の気概を感じました。

ちゃぴちゃんのリフトとかしばらく観ていなかったので(笑)
お芝居もショーもデュエダンはとても美しかったです。
これからも楽しみですね。
Posted by スキップ at 2017年02月01日 00:27
こんにちは。
「グランドホテル」への思い入れが強すぎて、ショーを見た直後は「華やかなショーだった」という印象だけでしたが(^^ゞ 今振り返ると、主題歌が耳に残る、素敵なショーだったと思います。

トップのまさお君をはじめとして、大幅にメンバーも変わり、「こんなにも踊れる人・歌える人がいたんだ」と改めて気づかされる新生月組の船出。うれしくなりました。
おっしゃる通り、宇月さん、輝月さん、白雪さん、千海さんの活躍は、特に頼もしかったです。

珠城さんは、やはりまだ「堅い」という印象で、華やかさ・オーラというにはまだまだという感じでしたが、お芝居を含め、とてもいいスタートを切って良かったなと。

宙、雪に注目してましたが、久々に今後の月組にも期待していきたいです!

Posted by はぎお at 2017年02月04日 20:59
♪はぎおさま

そうですね。
つい「グランドホテル」に目が行ってしまいがちですが
ショーもとても楽しかったです。

私は隠れ宇月ファンですので、お芝居もショーも
としくんの活躍、うれしかったです。
珠城さんは「生真面目で楷書」といった感じの芸風が
ショーでは時として物足りなさにもつながるのですが
場数踏めばもっとこなれてくるのではないかと期待しています。
これからの月組、楽しみですね。
Posted by スキップ at 2017年02月04日 23:05
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック