2016年05月17日

断りなしに惚れるとは  通し狂言「妹背山婦女庭訓」 第二部


imoseyama2.jpg通し狂言なので本当ならばもちろん通しで観たいところではありますが、通すと11:00から21:00過ぎまでの長丁場。
休憩があるとはいえ、体力も集中力も持たないと2回に分けることにしました。

初日に第一部を拝見しましたので、第二部は千穐楽近くに。

四月文楽公演  通し狂言 「妹背山婦女庭訓」 第二部
二段目 鹿殺しの段/掛乞の段/万歳の段/
     芝六忠義の段
四段目 杉酒屋の段/ 道行恋苧環/鱶七上使の段/
     姫戻りの段/金殿の段
太夫: 豊竹英太夫  豊竹睦太夫  豊竹咲甫太夫  
     竹本津駒太夫  竹本文字久太夫  竹本小住太夫 ほか  
三味線: 竹澤宗助  鶴澤燕三  野澤喜一朗  鶴澤寛治  野澤錦吾 ほか
人形: 桐竹勘十郎  吉田玉男  吉田和生  豊松清十郎  桐竹勘十郎 ほか   

2016年4月23日(土) 4:00pm 国立文楽劇場 1列センター


猿沢池の段以外の二段目を観るのは文楽、歌舞伎を通して今回が初めて。
一部の妹山背山の段や、この後の金殿の段で起こる悲劇を思うと、万歳の段までは楽しかったり微笑ましかったりで、芝六夫婦の暮らしは逼迫しているようなのに匿われている天智帝の高貴で浮世離れしていること・・とゆるりと拝見していたところ、「芝六忠義の段」ですよ。
互いを思い合う芝六と賢い倅三作の情感は胸に迫りますが、年端の行かぬ弟・杉松が犠牲になるあたりは何ともやり切れません。

そんなやり切れない思いを抱えたまま四段目に突入。
求馬(実は藤原鎌足の子息 淡海)を巡るお三輪ちゃん vs 橘姫の恋のさや当ての後、お三輪ちゃんに降りかかるあまりにも理不尽な運命にいつも救われない気分になる、あまり得意ではない演目です。

ところが、勘十郎さんの遣うお三輪ちゃんはとても感情豊かで情熱的で、黙ってヤラレれていないというか、求馬くんに詰め寄るし、道行恋苧環では橘姫をバンバン叩いていて、ちょっと笑ってしまいました。

「主ある人をば大胆な 断りなしに惚れるとは どんな本にもありゃせまい 女庭訓しつけ方 よう見やしゃんせ エエ たしなみなされ女中様」

これに対して、恋はした者勝ちみたいなことを言い返す橘姫。


ここで突然思い出す「東京ラブストーリー」。
リカとカンチの間に割って入る形になってしまったことに悩むさとみに「恋愛は、心が通じ合った2人が勝ち。弾き飛ばされた人が負け。いい悪いなんてないの」と友達がアドバイスする場面。
ほんとにその通りなんだけど、私はさとみが大キライだったな、と。

求馬につけたお三輪ちゃんの糸が途中で切れてしまったように、心は誰も縛ることができない・・・そんなことはわかっています。
橘姫にとっても求馬は自分の兄と敵対する者という苦しい事情を呑み込んでいることも。
空気読めない田舎娘のジェラシーと言ってしまえばそれまでですが、やっぱりお三輪ちゃん憐れだし、求馬が悪い。

杉酒屋の段は、咲太夫さん休演のため咲甫太夫さんが代役。
第一部「妹山背山の段」の雛鳥も抜擢に応えて語られていた咲甫さん。
変わらぬよいお声で大活躍です。
この段は三味線が燕三さんでしたが、ご病気から復帰されて聴かせていただくのは私は初めてでした。力強さという点では100%回復とはいえないのかもしれませんが、お元気そうなお姿を拝見できてうれしかったです。
「道行恋苧環」は津駒太夫以下5人の太夫と鶴澤寛治さん以下5人の三味線・・五丁五枚で聴き応えたっぷり。

で、「金殿の段」。
官女たちにいたぶられるお三輪ちゃん。
先ほどまであんなに勝気だったお三輪ちゃんが求馬さんにひと目会わせてもらいたい一心で官女たちの無理難題に従う様は本当に憐れで、観ていていたたまれない気持ちになります。
このあたりの緩急は、さすがに勘十郎さん上手いなぁ。
嫉妬に狂って憤怒の表情に豹変した後、鱶七に刺され、ことの次第を聞いて本人も納得して犠牲になることで愛を貫いたという意志も感じられて、お三輪ちゃんの魂は安らかだったのかなと少し救われた思いもしました。

いやしかし
大義の前には庶民の命を犠牲にするなんて取るに足らぬこと、という歴史の非情を強く感じる演目です「妹背山婦女庭訓」。



IMG_9336.jpg IMG_4253.jpg

この公演中に熊本地震が起こって、開演前や幕間にはお三輪ちゃんと勘十郎さんはじめ人形遣いさんたちが義援金を募っていました。
左に立つ勇壮なお方は熊本にゆかりの加藤肥多守正清公。わざわざこのために拵えたと思われ。

心ばかりのご協力をさせていただくと、お三輪ちゃんってば丁寧に頭を下げて握手もしてくれて。うれしいやら恥ずかしいやら。



やっぱり求馬が悪い(大事なことだから2回言いました) の地獄度 (total 1562 vs 1570 )


posted by スキップ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック