2016年02月04日

愛のディズニー 夢見るタカラヅカ 「LOVE & DREAM」

love&dream.jpg「夢と魔法の王国」ディズニーの楽曲で構成されたレビューと「愛と夢の世界」を育み続けて来た宝塚歌劇の名曲で綴るショーケースという豪華な2部構成のショー。
愛と夢をたっぷり届けてくれるのは、北翔海莉さんを中心とした星組選抜メンバー38名。
当初東京公演だけの予定だったのが大阪も追加となって、お陰でこのステキなショーを見逃さずにすみました。


宝塚歌劇星組公演 北翔海莉 Dramatic Revue
「LOVE & DREAM」
—Ⅰ. Sings Disney/Ⅱ. Sings TAKARAZUKA —
構成・演出: 齋藤吉正
出演: 北翔海莉   妃海風  美稀千種  十輝 いりす   七海ひろき  夏樹れい  十碧 れいや   麻央侑希  
ひろ香祐  綺咲愛里 ほか

2016年1月24日(日) 4:30pm 梅田芸術劇場メインホール 1階4列上手



Ⅰ.Sings Disney

客電が落ちると、上手下手から男役娘役6人?8人?がペンライト片手に歌いながら現れて、客席の人にペンライトをプレゼント。
私の席のそばには麻央侑希くんが来てくれましたが、他は誰かわららず(汗)。
そうしてみんなが舞台に戻って幕があがります。

時計の針が11時55分を指した夢の駅。
白い制服を着た北翔さんが「星に願いを」を歌って、「まだ夢をみたことないの」という少女(妃海)に夢の国行きの切符を渡すところから始まります。

この後のディズニーワールトは7つの国に分かれていて、それぞれのテーマで楽曲が展開したらしい・・・というのは、正直のところそれほどディズニー好きでもディズニーに詳しい訳でもない不肖スキップ、2012年に発売された「TAKARAZUKA plays Disney」のCDはかなり聴き込んだので、ここに収録されている曲は知っているけれども、それ以外はわからない曲も多かったな。

でも、もちろん LET IT GO は知ってるし、最近の曲は知らなくても ミッキーマウスマーチやエレクトリカルパレード、ビビデバビデブなんて曲はぜーんぜん大丈夫。
聴いたことがない曲もさすがに名曲揃いで、次々歌い継ぐジェンヌさんたちのビジュアルにもワクワクして、とても楽しいショーでした。

同日に観た「鈴蘭」の時にも感じたのですが、北翔さん・妃海さんの主演カップルがどちらも歌うまさんで、のびやかなヴォーカルを聞かせてくれて、しかも2人のハーモニーの相性もよいのでとても耳福でした。妃海さんはソロで何曲も歌っていて、本当にこのショーやれてうれしかったんじゃないかな。
アルバムでは実咲凜音さんが歌っていた「リトル・マーメイド」の台詞入の曲 ♪パート・オブ・ユア・ワールドは、2人の個性の違いが現れておもしろかったな。

そして何と言っても圧巻は、アナ雪の「LET IT GO」。
本当にのびやかな声で力強く、気持ちよさそうに歌っていて、客席全体で聴き惚れていた感じでした。
あんなに歌えたら気持ちいいだろうな。

今回、紅ゆずる、礼真琴というNo.2、3(?)が別公演にまわっているので、七海ひろきさん、十輝 いりすさんがその役回りというのも新鮮でした。

七海さんは基本的に白い王子様キャラなのですが、「パイレーツ・オブ・カリビアン」 ♪彼こそが海賊で、白い海賊衣装に白いバンダナ、クリクリ長髪でセンターで登場して両手で客席に来い来いと煽るのがカッコ良すぎてだな・・・♡
そういえば、「モンテ・クリスト伯」の時も海賊やってたよねーと思い出しました。

アルバムに入っていない曲でも、「チムチムチェリー」とか「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」とかは知ってるなぁ・・と思ったら、「メリー・ポピンズ」は映画観たのでした。ジュリー・アンドリュースのやつね。
このあたりのメドレー、娘役さんたちがそれぞれ凝った髪型していて楽しかったです。綺咲愛里さんが三つ編みを丸くしてミッキーみたいな髪型つくっていてキュートでした。そういえば、夢咲ねねちゃんも「エトワールTAKARAZUKA」の♪僕の大切なアリエス のところで羊の髪型してて超カワイかったなぁ。

北翔さんは、歌が上手いのはもちろんですが、曲によって歌い方や雰囲気も変わるのもすばらしい。
「アラジン」の♪フレンド・ライク・ミーなんて、七変化か?!と思うくらいでした。
アルバムの中で柚希礼音さんが歌った「ヘラクレス」の ♪Go the Distance も北翔さんの歌声だとまた少し印象も変わってよかったです。
♪見~せてあげよう で始まる ♪ホール・ニュー・ワールドの北翔さんと妃海さんのデュエットもとてもステキ。

ラスト。
大階段に浮かび上がる光輝く銀河にガラスの靴を持って立つ北翔さん ←王子様かっ!
ポスターと同じ薄紫のふわふわドレスでじっと見つめる妃海さん ←シンデレラかっ!
片膝ついてプリセスにガラスの靴をはかせるプリンス。
そして、♪星に願いを

夢と魔法のディズニーの世界にぴったりの幕切れでした。


Ⅱ. Sings TAKARAZUKA

第2部は宝塚メドレー。
こちらはリアルタイムで舞台を観たものも多く、そうでなくてもタカスペで聴いたことあったり、「TAKARAZUKA BEST SELECTION 100」からの曲も多くて、ほぼ知っている曲揃いでした。

冒頭は赤とグリーンのタータンチェックのAKBかというミニスカートのお嬢様たちが歌い踊ります。
妃海風・真衣 ひなの・ 綺咲愛里・ 小桜ほのか・ 天彩峰里の5人だったみたい。
月組でやった「Misty Station」の衣装なのだとか。
キャピキャピやっていると、ヘンな裏声聞こえてきて(笑)、マリー・アントワネットみたいな真っ赤なドレスきた大きなレディ登場。
リナ(北翔海莉)さんです。7年ぶりなんだって。

ここで、リナさんが5人に宝塚にまつわるクイズ出すのですが、まぁ、答えられないよね。
「しっかりしてよ。今日は阪急阪神ホールディンスの会長もいらしてるんだから」
なんて言われていたり、
「第1部で北翔さんが歌っている曲は何曲?」という質問に答えられなかった妃海さんは、
「あなた、相手役の曲も知らないの?稽古場でiPodで聴いていたのはポーズなの?」
とツッコまれていました。

そんなツカミもありつつ、「ベルサイユのばら」「風と共に去りぬ」「王家に捧ぐ歌」「華麗なるギャツビー」「うたかたの恋」「ブラックジャック」「セ・マニフィーク」「ノバ・ボサ・ノバ」・・・次々と繰り出される楽曲がどれもすばらしくて、ほんっとっ、宝塚って凄いな、と改めて思いました。

七海ひろきさんが「うたかたの恋」や「愛の巡礼」など宙組時代の曲を歌うことが多くて、かいちゃんファンは胸熱だったのではないかしら。

「ベルサイユのばら」の薔薇のタンゴは十輝いりすさんがセンターだったり、夏樹れいさんに「白ばらの人」、ひろ香祐さんに「世界に求む」といった具合に、ちゃんと歌うまさんもピックアップしてくれる齋藤演出が光ります。

そして、シナーマンですよ。
夏樹れいさんが「アマール・アマール」を歌い、続いて音咲いつきさんが「シナーマン」を。
ここからあのリズムに乗って、組子たちが疾走感のある激しくカッコいいダンスを矢継ぎ早に見せていく中、北翔さん登場。

この北翔さんのシナーマンの絶唱はちょっと忘れられません。
まさに全身全霊。魂を揺さぶられるような歌唱でした。
最後、みんなの中に入ってポーズ決めた時、北翔さんから汗がパッと飛び散っていました。
「みっちゃん!!」と歌舞伎の大向うのような声もかかり、鳴り止まない拍手。

一旦幕が下りた後、最後はTシャツの上に白のジャケットを重ねた衣装で登場。
少しずつ衣装が違っていて、娘役さんもパンツの人がいたりして、見るのも楽しかったな。


この公演、客席降りも多かったのですが、私の席は結構通路寄りだった上に、ナナメ前に小1くらいの男の子が座っていて、客席降りしてきたスターさんたち、例外なくその子の所で立ち止まってハイタッチしてました(北翔さんなんて、自分から先に手を出してた)。お陰でその子に向ける皆さんのやさしい笑顔たっぷり見られてうれしかったです。

少人数の公演ということで、普段見逃しがちな下級生にも目が行って、 天華えまさん、 天彩峰里さん(真風くんのパソブに登場した子ね)、星蘭ひとみさんなど注目のキレイどころもしっかり把握。
それにしても星蘭さんの際立つ華っぷりぴかぴか(新しい)
あと、十碧れいやさんと麻央侑希さんのツートップも目立っていました。



LDpenb.jpglvpenp.jpg

私は買わなかったのですが、ペンライト。
「北翔のH 妃海のH、そして阪急阪神ホールディングスのH」と北翔さんおっしゃっていました。


ほんと、楽しかった♪ こんな公演、またやってほしいな のごくらく度 わーい(嬉しい顔) (total 1511 わーい(嬉しい顔) vs 1511 ふらふら)
posted by スキップ at 23:27| Comment(4) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スキップ様
小学生君のおかげで、
美味しい思いをされたのですね!!
なんて羨ましいんだぁああ。

1幕の幕切れは、
ハァア…まさにディズニーだわぁ。って。
ディズニーオンチの私でも
この場面は判りました(笑)
靴を履かせてもらうふうちゃんは幸せ者♪
男役達も、ディズニーワールドに
どっぷり浸かってて、
いつもよりフワァ♪っとした笑顔だったり、
ヅカとのコラボってどうなの?
なんて思っていたのですが、
合ってましたよね。

リナちゃんはそんな事を言っていたのですね♪
ふうちゃんと仲良しなんだなぁ♪
ウフフ

まさかみっちゃんのシナーマンが聞けるなんて!!
本公演ではなかなか実現しない気がしているので…
むっちゃ嬉しかったです♪
脳みそバァァアアンでしたぁあ!!
Posted by かしまし娘 at 2016年02月05日 13:23
♪かしまし娘さま

ほんと、あの小学生くんのお陰で、みっちゃんも風ちゃんも
かいちゃんもまおくんも、みんな間近に立ち止まってくれて
とても眼福でした。

みっちゃんのシナーマンは本当に凄かったですね。
みっちゃんのソールが観たくなりました。
確かに、本公演でというのは難しそうですが。

ディズニーもね。
私も知らない曲がたくさんあったのですが、楽しめました。
みんなニコニコ笑顔で楽しそうに歌ったり踊ったりしていたのも
よかったですよね。ディズニーマジックかな(笑)。
Posted by スキップ at 2016年02月06日 00:06
スキップ様
いつも楽しく読ませていただいています。

同公演を観劇していました。
まさにLOVE&DREAM
夢のような時間を過ごしました。

そしてなんと言っても
みっちゃんのシナーマン!!!
魂が震えるとはこういうことか と
涙がこぼれました。

歌の力ってすごいですね。
Posted by 黒猫3匹 at 2016年02月08日 13:31
♪黒猫3匹さま

まぁ!いつもご覧いただいてありがとうございます。
コメントもうれしいです(*゚▽゚*)

LOVE & DREAM ご一緒だったのですね。
本当に楽しかったですね~。
北翔さんも風ちゃんも組子たちも活き活きしていました。

そしてあのシナーマン。
本当に、あれを聴くためだけにリピートしてもいいと思えるほどの
熱唱でした。
まさに、みっちゃん ブラボー!!です。
Posted by スキップ at 2016年02月09日 00:20
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック