2015年10月16日

「混ぜる」  歌舞伎NEXT 「阿弖流為」 -歌舞伎役者の底ヂカラ編-


ateruiosaka2.jpg2階席、3階席と観てきて、満を持して1階へ降りてきました。
この日の座席は3列目のセンターブロック下手通路側。
座席のせいばかりではないのでしょうが、演舞場で2回、松竹座3回目にして my best でした。
何て言ったらいいのでしょう。凄まじかったです。
個々の役者さんのパワーも、舞台全体から湧き上がる炎のようなものも。


松竹創業120周年   歌舞伎NEXT 「阿弖流為」
作: 中島かずき 
演出: いのうえひでのり 
出演:  市川染五郎  中村勘九郎  中村七之助  
坂東新悟  大谷廣太郎  中村鶴松  市村橘太郎  
澤村宗之助  片岡亀蔵  市村萬次郎  坂東彌十郎 ほか

2015年10月12日(月) 4:30pm 松竹座 1階3列センター



市川染五郎さんは、この舞台の製作発表会見で
キーワードのひとつは「混ぜる」とおっしゃっていました。
「今回の“歌舞伎NEXT”では、歌舞伎の伝統と新しい手法とを混ぜあわせて、化学反応によって新しいものが生まれることを目指しております。」と。

正直のところ、演舞場の初日に観た時は、まだまだ新感線色の方が強くて、「新感線に歌舞伎テイストをふりかけたみたい」という印象も持ちました。
それが公演の終盤に再見した時には、グンと歌舞伎よりになっていて驚きましたし、松竹座では、これはもう「新しい歌舞伎」以外の何ものでもないと思えるくらいに。

それを可能にしたのは、いのうえさんや中島さん、スタッフ一人ひとりの仕事もさることながら、やはり、歌舞伎役者さんの力量によるところがとても大きいと思います。
染五郎さん、勘九郎さん、七之助さんの三人はもちろん、稀継の彌十郎さん、御霊御前の萬次郎さん、隋鏡の宗之助さん、黒縄の橘太郎さん、蛮甲の亀蔵さん、阿毛斗の新悟さん・・・すべての役者さんが思う存分力を発揮して、劇中の人物を活写しています。


たとえば坂東新悟くん演じる阿毛斗は、「アテルイ」から「阿弖流為」になって、とても印象の変わった役のひとつ。
そこにはもちろん脚本の書き換えもあるのですが、女方が演じる、凛々しさと優しさを兼ね備えた女性が、神の言葉を理解する母霊族の巫女という中世的な雰囲気にピタリとハマって、ひと際印象的な役になっています。また、声がいいんだ、新悟くん。
七之助くんの立烏帽子・鈴鹿の二役は言わずもがな。

そしてアナログの魅力。
大音量の中で繰り広げらる新感線独特の殺陣と、ナマのつけ打ちに合わせて型で動く殺陣。
その両方が、こんなにも落差なく観られるなんて、まさに「混ぜる」。
私はいのうえ歌舞伎をとても愛する者ですが、次に観た時それで満足できるか少し不安になるくらいです。


先日のトークでいのうえひでのりさんが、
「歌舞伎役者さんたちの肉体を使って、いのうえ歌舞伎を歌舞伎的にブラッシュアップするという感じ」とおっしゃっていましたが、本当に歌舞伎役者さんの底ヂカラを見せつけられた思い。
染五郎さんが阿弖流為のあの飛び六方の引っ込みをはじめ、役者さん側からの「こうしたら」という提案も数々あり、「それ、カッコいいね」と採用されたことを多かったのだとか。

そして、歌舞伎の世界へと一歩を踏み出す言葉をかけてくださったというお二人。
「アテルイ」をご覧になって、「ギャグの部分を抜いたらすぐそのまま歌舞伎になるよ」とおっしゃった先代猿之助(現猿翁)さん。
「歌舞伎役者がやったら何でも歌舞伎なんだよ」と背中を押してくださった勘三郎さん。

「中村勘三郎さんともいつか一緒に作品を作りたいという思いがありました。そのときにはもちろん勘九郎くん、七之助くんも一緒にと考えていましたので、今回この二人と一緒にやれるということも、非常に嬉しく思っています。」といういのうえさんの言葉、きっと勘三郎さんにも届いていると思います。


10/12の定点観測レポ:

■ 御霊さまネイル: この日も同じでした。
■ シャケ: 蛮甲 → 阿毛斗へ 
        シャーケシャケシャケシャーケー!と唱えながらお祈り始めて
         「このサーモンどころが目に入らぬか」さらには「サーモうどうにでもおあし!」
        と鮭を縦に置いたのを、蛮甲が五郎丸ポーズで蹴って、ゴール。
        附け打ちさんがゴールホイッスル吹いていました(笑)。
■ 田村麻呂: 隋鏡を殴りに行った時、「おい、待てこらぁ~ ハゲッ、こらぁ」
         (前回にさらに「こらぁ」がオン)
■ 大見得合戦: 隋鏡の屋敷で阿弖流為と田村麻呂が大見得合戦する時、
           「高麗屋ぁ~」と自ら言う阿弖流為になぜか笑い虫が。
           いつまでも笑ってて、田村麻呂も見得のはじめの方、こらえ切れず笑ってた。


演舞場初日カーテンコール
7/5 初日
7/25 2回目
10/4 大阪1回目
10/10 大阪2回目



「歌舞伎NEXT」の第2弾、第3弾も「やりたい」とおっしゃっていたいのうえさん。
ぜひともお願いしたいと楽しみにしています のごくらく度 わーい(嬉しい顔) (total 1453 わーい(嬉しい顔) vs 1454 ふらふら)


posted by スキップ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック