2015年04月19日

寺内町ぶらり から千早赤阪村へびゅーん

jinai.jpg


昨日訪れたレストラン oasi のある界隈 富田林市寺内町
江戸時代から昭和初期に建てられた40軒以上の町屋が現存していて、大阪府で唯一、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されているのだそうです。

石畳の街路に白壁と木格子の旧家が立ち並び、何だか時代劇の世界にタイムスリップしたよう。
下調べも全くしないでぶらぶら歩いたのですが、oasi同様、そういう建物をそのまま活かしたおしゃれなカフェや雑貨屋さんなども点在。
楽しいお散歩となりました。




IMG_7833.jpg

葛原家住宅
三階建の蔵は日本でも数少ない貴重なもので、年貢米を入れる蔵だったのですって。
年貢、どんだけ(笑)。
IMG_4821.jpg IMG_4684.jpg

たまたま見つけた たびもぐらカフェ
店内は中二階のロフトもあって、そこに上がる梯子には「ゆっくり」の文字が。

旅行好きな店のオーナーが築100年の元お米屋さんを大阪芸術大学の学生さんたちと一緒に自分たちで改装して作った手作りのお店なのだとか。
ヨーロッパの蚤の市などで買い集めた雑貨やアクセサリーなどが売っていて、トーゼン衝動買いしたよねー。




IMG_6783.jpg

こんなふうに蔵を利用したお店の間がパティオ風になっていたり。





IMG_6905.jpg

こちらは八町茶屋(お蕎麦さんと赤ねこ餅さんと甘糀屋さんとお花屋さんも)。
おいしそうなお蕎麦は完売でした。
そういえば、この少し手前にあった手作りパン屋さんも完売で閉店してたな。


行きあたりばったりだったので、まだまだ見落としたところもあり、また改めてゆっくりそぞろ歩きたい街並みでした。



IMG_9549.jpgその後はお友だちのお嬢さんが運転する車で千早赤阪村へ。
緑の森の中を走るドライブはとても爽快で、大阪にいることを忘れる遠足気分。


お友だちの旦那サマ(家具作家さんなのだ-残念ながらお仕事でお留守でしたが)の工房を訪ね、その向かいにある
La Foresta
(南河内林業総合センターという硬そうなお名前ですわーい(嬉しい顔))へ。

こちらは彼や他の作家さんの家具や作品のギャラリーになっていて、木工教室なども開催されているそうです。
そしてカフェも併設。



木の香りに包まれて、窓の緑に癒されながらお茶の時間となりました。


IMG_4389.jpg IMG_7915.jpg




この後さらにお友だちのご自宅にお邪魔しておしゃべり。
心に目にカラダにやさしい休日で大いにリフレッシュできました のごくらく度 わーい(嬉しい顔) (total 1357 わーい(嬉しい顔) vs 1357 ふらふら)
posted by スキップ at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック