2015年03月07日

来年もある・・かもしれへん 「EASY ORDER The Musical」

easyorder.jpg近鉄アート館再オープン一周年記念で「VIVA! ミュージック・アート館」と題して上演される4作品。
あえて狙った訳ではないのですが、その中から2作品観ることになったうちの1本。

花組芝居の植本潤さん・大井靖彦さん・桂憲一さん・八代進一さんの4人で構成するユニット 四獣とリリパットアーミーⅡを率いるわかぎゑふさんとのコラボレーション。
昨年8月に東京で上演された作品で、興味があったものの観に行けず残念に思っていたの(去年 「南北オペラ」を観た後のアフターイベントで植本潤さんともそのお話をしました)
で、大阪で、それもアート館で!バージョンアップして登場ということで、とても楽しみにしていました。

四獣×玉造小劇店 配給芝居
近鉄アート館復活1周年記念 VIVA!ミュージック・アート館 第一弾
「EASY ORDER The Musical」
作・演出: わかぎゑふ
音楽: 坂本朗
出演: 桂憲一  植本潤  大井靖彦  八代進一 (以上 花組芝居)  満間昴平 (犬と串)  
うえだひろし  コング桑田 (以上 リリパットアーミーⅡ)

2015年3月4日(水) 7:00pm 近鉄アート館 Aブロック3列



舞台は2020年の東京。
日本中がオリンピックで浮かれる中、突貫工事に駆り出されている動労者。
国がひた隠しにし、マスコミの手も及んでいない閉鎖された空間、通称Dゾーン。
そこで政府が労働者たちのケアとして娯楽を提供することになり集まってきた下請け会社のダメ社員・年増のニューハーフ・外国人労働者など。そこに流れてくる奇妙なゲリラ放送・・・。

・・・というプロットは一応あるのものの、歌あり踊りありパロディあり笑いありといったにぎやかな舞台で、今作が初ミュージカルというわかぎゑふさんが「ミュージカル愛をちょっとひねった形で表現した」作品なのだとか。

物語には人種や学歴、ジェンダーといった差別の問題、ネットいじめやハッカー、そして地震といった要素がわかぎさんらしくシニカルに盛り込まれていて、でもそれを最後まで回収しないようなところも結構あって、ツッコミどころ満載。
作劇としては四獣の前作「ワンダーガーデン」の方がはるかに上と感じましたが、ま、そういったことはあまり深く考えずに楽しめばいいという舞台。
役者さんたちの熱さと勢いがすごかったです。コングさん: おかまの歌手アケミ
       (外見完璧女装。聞かれるたびに「男よ」と答えるのがコワおもしろかった)
桂さん: テキトーでいい加減なダメ社員
大井さん: 多種多様な現場の人間に悪戦苦闘する公務員
八代さん: 日本育ちのパラグアイ人労働者
植本さん: 荒っぽい運転手
満間さん: 中卒の日雇い労働者
うえださん: 神父に扮した実はハッカー集団メンバー

という役をそれぞれ楽しそうに演じていらしたのが観ているこちらにも伝わってきました。

「意味不明に唐突に歌い出す」というミュージカルへの違和感を逆手に取ってそのまま採り入れたみたいな演出で、中でも植本潤さんがいきなり♪列に並べよ~とレミゼの「民衆の歌」のパロディ歌い出した時には思わず笑っちゃいました。
「テニスがミュージカルになるなんて」なんていう台詞もあったり。

事件が解決(?)した後、植本さん扮する小林が、逮捕されたハッカーうえださんのことを「南くんだ。同級生の南くんだ」と思い出し、「向こうも気づかなかったんだ」となって、八代さん、満間さんが「ずい分変わっちゃったもんね」とそのツルツル頭を見ながら言った時、「女だったんだ」と自分が女であることを告白した時がこの日イチバン爆笑しました。あ~、ゑふさん、そう来たか、という感じ。


コングさん曰く、「東京から始まった全国ツアーの千穐楽」
アンコールでは「かもしれへん」(これ、本当は「かもしれない」の大阪千穐楽バージョン)客席も一緒に歌って楽しく盛り上がりました。
拍手が鳴りやまず、さらに「アイラブダディ」もるんるん


こちらはフィナーレ後。
コングさんの「羽根借りるの高かったしせっかくやから写真撮ってもらおう」から、みんなでちゃんと三面客席のそれぞれの方向むいて「フェニックス」ポーズキメてくれました。
このポーズでの写真は千穐楽だけの特別バージョンなのですって。
コングさんてば「53歳やけど羽根背負えるねんで」と劇団員募集も告知(笑)。


IMG_7025.jpg



終演後は(多分、植本さん以外全員)タキシードのままロビーで物販。
お疲れでしょうにサインや写真撮影にもにこやかに応じてくださっていました。

「来年もある・・かもしれへん!」と歌っていらっしゃいましたが、ぜひお願いしたいと思います。



初演全キャストサイン入りプログラム 私が会場に着いた時はすでに完売でしたあせあせ(飛び散る汗) の地獄度 わーい(嬉しい顔) (total 1335 わーい(嬉しい顔) vs 1338 ふらふら)
posted by スキップ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック