2012年12月18日

ザ・男役! 「蘭寿とむコンサート」

streak.jpg故あって8月の大劇場公演を観に行けませんでしたので、蘭とむさんを観るのも花組を観るのも何だか久しぶりでした。

蘭寿とむコンサート Song & Dance 「Streak of Light -一筋の光・・・ -」
作・演出: 酒井澄夫
出演: 蘭寿とむ  蘭乃はな  花野じゅりあ  
春風弥里  華耀 きらり  月央和沙  瀬戸かずや  芹香斗亜 ほか


2012年12月8日(土) 4:00pm シアター・ドラマシティ 6列下手

「蘭寿とむの過去・現在・未来を表現したストーリーダンスやコンテンポラリー系のダンスなど様々なダンス場面を多く盛り込んで構成したコンサート」ということで、蘭寿さんお得意のスタイリッシュなダンスをたっぷり楽しむことができます。

作者も出演者も違うので当然とはいえ、同じシアター・ドラマシティで開催された柚希礼音さんのコンサート「REON!!」とは、とても違っている、というのが第一印象。
「REON!!」が柚希さんを中心に据えながらも「みんなでつくり上げていく」感が強かったのに対し、こちらのコンサートは、大人っぽく、蘭寿さんのワンマンショー的な要素が強かったです。客席降りでの客席の沸かせ方(というか釣り方?)もずい分違うなぁ、と思いました。いや、どちらも楽しいのには変わりないのですが。冒頭、蘭寿さんの「アロー!」に、上手客席のひとかたまり「アロー!」
「元気か~い?」に「元気~!」
「僕の魅力を教えてやろう」に「教えて~揺れるハート
ここで圧倒されるというか、すっかり出遅れ感を感じて引き気味。
え?ずっとこんなノリなの?と不安が胸をよぎりましたが、あとはそれほどでもなかったです。

35分と短い1幕で印象的だったのは、ハロウィンの場面で蘭乃はなちゃんが扮したマリオネット。人形振りがとてもお上手でした。
あとは、大好きなリベルタンゴの曲が流れただけでも腰が浮きそうになたブエノスアイレスのタンゴの場面。ここは蘭寿さん筆頭に男女ともすごくカッコいいタンゴの足さばきを見せてくれます。

休憩後の2幕オープニングは楽しいブロードウェイのオーディションの場面。
オーディションをする振付家がゲイらしいのだけど、ほんとに芸達者(←おやじギャグではない)で、「男の子たち、前へ出て。女は後ろに下がりなさーい!」とか、「脚は上げるためにあるのよ」なんて口調も楽しかったです。月央和沙さん Good Jobひらめき
この場面はオーディションに参加する若者たちもみんなイキイキして楽しそうでした。ヅカファンの皆さんが「みーちゃん」と呼んでいる春風弥里さんのカッコよさをここで初めて認識(遅っあせあせ(飛び散る汗))。星組から異動した芹香斗亜ちゃんが元気に活躍している姿も観られてよかったです。

この後からはコンサートというより宝塚の伝統的なショーの雰囲気になって・・・意識失う・・・なぜに目 ごめんなさ~いあせあせ(飛び散る汗)

一旦下りた幕が再び上がったら、宝塚メドレー。
「ああ宝塚わが宝塚」とか「タカラジェンヌに乾杯!」とか「ボンジュール宝塚」とか、口づさめる曲ばかりで楽しい~ムード
そして、すみれのボレロ。「すみれの花咲く頃」のメロディで男役ばかりの黒燕尾の群舞。これ、大劇場の大階段で観たいなぁ。

最後に蘭とむさんご自身が作詞された「一筋の光」を歌い、光の中、ひとり階段を上って行く後ろ姿に、“ザ・男役”を観た思いの蘭寿とむコンサートでした。


「あれで寝るなんて信じられな~い!」 by 花組ファンの友人 だからゴメンってば の地獄度 ふらふら (total 1030 わーい(嬉しい顔) vs 1033 ふらふら)
posted by スキップ at 23:38| Comment(6) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
らんとむコンサート、すごく楽しまれたようですね。
8月の大劇場のショー「コンガ!」はえりたんすら筋肉痛にしてしまうような激しいダンスの連続で、観劇→禁断症状→探索行動→観劇の「コンガ依存症スパイラル」になるファンが続出したとか。私も中部電力管内から遠征しましたが、有給休暇を取得した甲斐がありました。

その熱さをコンサートでも最大限発揮できたようで嬉しく思います。
今日からオーシャンズ11の稽古スタート。今から楽しみです。
Posted by こまめ at 2012年12月19日 12:42
♪こまめさま

はい。一部記憶が定かでない部分はあるのですが(笑)、
蘭とむさんの魅力は楽しめたと思います。
「コンガ!」はチケットを取っていながら(それもSS席!)
諸事情により観ることができませんでしたので、少しでも
その雰囲気を味わえたなら幸せです。

「オーシャンズ11」 私、星組を大劇場で4回、東宝で1回
計5回観ましたので、かなりイメージが刷り込まれているの
ですが、どんなふうに花組色に塗り替えてくれるのか
期待しています。北翔さんのラスティも楽しみです。
Posted by スキップ at 2012年12月19日 22:48
ありがとうございます。
今回、だいもんは大企業の横暴の典型だそうです。
Posted by こまめ at 2012年12月21日 12:16
♪こまめさま

望海風斗さんは紅さんのやったベネディクトですね。
クールビューティなので似合いそうです。
Posted by スキップ at 2012年12月22日 22:05
しかしだいもんさん、いつの間に横暴男に耐性をつけたの?と驚きました。
Posted by こまめ at 2012年12月24日 20:08
♪こまめさま

望海さん、あまりよく存じ上げないのですが、そういう耐性を
持たないタイプの方だったのですか?(笑)
「ビクトリアンジャズ」で鍛えられたのかしら。
Posted by スキップ at 2012年12月24日 23:02
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック