2012年12月16日

kamoshiya Kusumoto

IMG_6331.jpgずっと以前から行ってみたいと思っていたお店。食べるのも飲むのも譲れないって人には絶対オススメです。

kamoshiya Kusumoto
大阪市福島区福島5-17-14
tel: 06-6455-8827

福島西通の交差点から入ってすぐの場所ですが、ちょっとわかりにくくて隠れ家的雰囲気。階段を上がってドアを開けると、とてもスタイリッシュな空間が広がっていました。
8席の大きな一枚板のカウンターと、奥に4人テーブルの半個室があり、私たちの座ったカウンターの席は窓の前で、窓ガラスの向こうにリーガロイヤルホテルのクリスマスイルミネーションが見えて、なかなかステキな眺め。

店名の「kamoshiya」は「醸す」から来ていて、醸造酒のお店です。ワイン、日本酒、ビールといった醸造酒とお料理とのマリアージュを楽しむのが基本。
このお料理がね~、ほんとに絶品なのです。

10,500円(だったかな?)のコースをいただきました。(15,000円のコースもあり)
それでは、お料理を一緒に楽しんだお酒の数々(笑)とともにご紹介しましょう。kamo14.jpgスターターはもちろん泡で(笑)。
ちょっと小さめのひと口サイズのグラスとレギュラーサイズが選べて、こちらはレギュラーサイズです。
きりりとおいしいシャンパンでした。







kamo12.jpg最初のお料理は蟹。
11月に解禁になった松葉ガニやセコガニなどをぎゅっとまとめてあって、うわっ目ていうくらいカニ味。
ですが全然臭みはなくて、いくらでも食べられそう。







kamo10.jpg玄界灘で獲れた旬鯖(ときさば)。
きずしにしてあります。
これもとても新鮮で、やさしい酢味でおいしかったです。








kamo11.jpgお料理に合わせていただいた白ワイン。
Rieslingです。









kamo9.jpgあたたかいスープ。
鶏と金華ハムで中華仕立て。
とてもやさしいのにコクがあるスープでした。








kamo8.jpg赤ワイン。
この後まだお魚料理なのでここは軽やかで華やかなワインをということで、こちらをチョイスしていただきました。








kamo7.jpg「焼き加減を味わっていただく料理」とおっしゃって、私たちがお店に着いた時からじっくりじっくり焼き上げた鰆。
驚くくらいふんわり焼き上がっていました。
上にかかっているのはチーズ。







kamo6.jpgアクアパッツァをミキサーしてつぶしたものをリゾット仕立てにしたお料理。
とても意外なお料理で、お魚の旨味たっぷりの中にスパイーシーな風味。パクチーも入っていて、実はちょっと苦手なのですが、むしろパクチー入っている方がいいよ、と思ったくらい。






kamoshi1.jpgここで日本酒投入。
この後のお肉料理とも一緒にいただけるように、と選んでくださった島根の地酒「強力」。
樽の香りのするふくよかなお酒。
なるほどこれならお肉ともいけそうです。
3つ出されたグラスから選んだこちらは、100年前のアンティークなのですって。




kamo5.jpgイチボの炙り。
とろけるくらいやわらかでジューシーなお肉でした。
つけ合わせのきのこも全部種類が違っていました。








kamoshi3.jpgデザート。
とってもクリーミーなアイスクリームと季節の野菜の白和え。初めて食べる味。とっても美味でした。
お酒にも合うデザートってことで・・・。







kamoshi2.jpg重めの赤ワインを締めにいただきました。










kamo4.jpgグラスをはじめ食器やカトラリーも凝っていて、こちらは最後にいただいたお水のグラス。かわいいでしょ?


まだお若いご夫妻でやってらっしゃるお店。
細かいところまで計算された、独創的で凝ったお料理。
なのに素材そのものの味がイキイキ。
一つひとつのお料理がスモールポーションで、バターなどをほとんど使っていないので胃にもやさしくコースでもあっさりイケちゃいます。
そしてシェフである旦那様のお料理を知りつくしたマダムがやさしくすすめてくださるお酒がお料理にも合ってついつい進み・・・(笑)。


kinkan.jpgおまけ。
帰りに寄ったミナミのバーで馴染みのバーテンダーさんにつくっていただいたキンカンのカクテル。
こちらも大変おいしくいただきましたムード



絶対また行きたくなる味です のごくらく度 わーい(嬉しい顔)
(total 1029 わーい(嬉しい顔) vs 1032 ふらふら)
posted by スキップ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック