2012年12月08日

さとがえるコンサート2012 あっこちゃん、みっちゃんと清志郎ちゃん

satogaeru12.jpg傷つくことはとても痛いけど
傷つくことは怖くはないんだ
激しい雨が降る夜は
晴れた朝の空をかくしてる
ぼくの傷を見るなよ ぼくにあやまるなよ

こんな歌い出しで始まったコンサート。
最初のこの曲の歌詞を聴いていて涙がにじんできました。これが「クリームシチュー」だとサビの部分に来るまで気づかなかった。
音楽って、それを聴く時の気持ちでずい分印象変わるんだな。


矢野顕子さとがえるコンサート2012 ~清水ミチコとともに~
2012年12月7日(金) 7:00pm NHK大阪ホール 1階C1列センター


3年前の矢野顕子リサイタルにゲスト出演したことがある清水ミチコさん(その時のことは「サンケイホールブリーゼ」という会場名まで覚えてるとおっしゃっていました)ですが、今回は本格的参戦でがっつり共演。1/3があっこちゃんソロ、2/3を二人で、という感じです。あっこちゃんの曲をもっと、という向きには少し物足りないかもしれませんが、実に楽しいコンサートでした。最初から5曲をあっこちゃんがソロでやった中に、「今日が初演」という忌野清志郎さんの「誇り高く生きよう」という曲がありました。
あっこちゃんは来年2月に清志郎さんの曲ばかりを歌ったトリビュート・アルバムを出すそうですが、「『雨上がりの夜空に』も『トランジスタ・ラジオ』も入っていません(笑)。清志郎さんの曲は、あの声、ヴォーカルも含めて全部忌野清志郎になっちゃうけど、詩とか曲とか、コンポーザーとしての忌野清志郎のすばらしさを知っていただきたくて」と。

わけもなく 涙ぐむのは 
君のこと 想ってるから
誇り高く生きよう 喜びにあふれ
誇り高く生きよう 君のために

・・・ステキな曲でした。

清水みっちゃんが登場して「丘をこえて」を完コピで歌うと会場からどよめきと笑いが。まるであっこちゃんが二人いるようでした。
ここで「不測の事態」(衣装トラブル)であっこちゃんが一旦退場。残ったみっちゃん、「リクエストにお応えすることもできるんですが、先ほど綾戸智恵さんからメールもらったので・・」と、綾戸智恵さんのこれまた完コピで「テネシーワルツ」を聴かせてくれました。これ多分予定外だったと思われ、何だか得した気分。
♪I was dancin' with my darlin' to the Tennessee Waltzやねん ってわーい(嬉しい顔)

みっちゃん、あっこちゃんに「ほんと、ピアノ上手いですよね」としみじみ言ってましたが、みっちゃんのピアノだってすばらしかったです。
「変わるし」の時には、「普通、色々なものは変わるけど私の愛は変わらない、とか、そういう歌が多いのに、そうじゃないっていう歌なんですよね」とみっちゃんが言えば、「だって変わるもん」とヘーゼンとあっこちゃん。それから容貌の衰えの話になったり、ゆるーいトークも楽しい。
みっちゃんは以前、森山良子さんのコンサートにもゲスト出演したことがあって、その時はやもりのや(つまりあっこちゃん)役をやったそうですが、今回は「もり」役で、「風のブランコ」を。

孫悟空のように雲に乗り
アラジンのように空を飛ぶ
白雪姫のようにめざめ
海賊と恋をする

って、ほんとカワイイ歌詞だなぁ。

そしてものまねコーナー。
事前にネットで募集したリクエストをいくつか読み上げ・・・これ、いろいろおもしろかったんだけど忘れちゃった・・・
安田祥子&由紀さおり姉妹で「トルコ行進曲」のサワリをやってくれた後、ユーミンの「卒業写真」。
これを、あっこちゃんが荒井由実時代の初期のユーミン(その頃、あっこちゃんは山下達郎さん達と一緒にユーミンのバックバンドやってたそうな)、みっちゃんが松任谷由実の今のユーミンで。「卒業写真」をあんなに笑いながら聴いたの初めて。
次はあっこちゃんがよく声が似ていると言われているケイト・ブッシュで「嵐が丘」(恋のから騒ぎのオープニング曲)から、みっちゃんは、キャロル・キング+田中真紀子(笑)で You’ve Got A Friend
さらには、(一応)ザ・ピーナツで「恋のフーガ」(あっこちゃん)と「老人と子供のポルカ」(みっちゃん)。これ、大傑作。♪追いかけ~て 追いかけ~て すがりつきたいの~ に ♪やめてけれ やめてけれ やめてけ~れ ゲバゲバ って入るタイミングが絶妙で、ほんと笑っちゃいました。

みっちゃんは少女時代、つらいことがあると矢野顕子さんになり切ってピアノ弾いて歌ってたそうで、本当にあっこちゃんのことが好きで敬愛しているのがわかります。
あっこちゃんがそんなみっちゃんをおもしろがりながら、多才ぶりをちゃんと認めているのも感じられて、とても気持ちのよい二人でした。自由奔放で天才肌のあっこちゃんと冷静で論理的なみっちゃん、いいコンビです。

アンコールでは、まずあっこちゃんが、先ほどみっちゃんが着ていたようなワンピースで登場して一人で「ラーメン食べたい」。
その後、今度はみっちゃんが先にあっこちゃんが着ていたような真っ赤なドレスで登場して、いろんな人のものまねでメッセージを読み上げます。そしてあっこちゃんがカッコよく「Rose Garden」を弾き歌い、みっちゃんも向かいのピアノの前に座って、最後のジャン!といところだけ弾いて、これがほんとにピッタリ合って、うれしそうでした。

そしてオーラスは「ひとつだけ」の矢野顕子with忌野清志郎バージョン。

離れている時でも僕のこと忘れないでいてほしいよ
哀しい気分の時も僕のことすぐに呼び出してほしいよ

と、ちゃんと男言葉になっていて、みっちゃんの清志郎のマネがまた泣かせてくれるのでした。


セットリスト (メモとか全然取らなかったので抜けちゃった)
1. クリームシチュー
2. 電話線
3.
4.
5. 誇り高く生きよう
(テネシーワルツ)
6. 丘を越えて
7. 変わるし
8. 風のブランコ
9. トルコ行進曲
10. 卒業写真
11. 嵐が丘/You’ve Got A Friend
12. 恋のフーガ/老人と子供のポルカ
13. 相合傘
14. いもむしごろごろ
EC1. ラーメン食べたい
EC2. Rose Garden
EC3. ひとつだけ with 清水ミチコ



5月11日にはフェスティバルホールで「忌野清志郎を歌うツアー」! のごくらく度 わーい(嬉しい顔) (total 1025 わーい(嬉しい顔) vs 1030 ふらふら)
posted by スキップ at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | music | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
あっこちゃんもみっちゃんも大好きです。
だから今回のさとがえる、行きたかったんですけど
ヅカで散財しすぎて(泣)あきらめたんですが
こちらのレポを読んで
あーやはし行けばよかったとっ!思いましたっ!
笑いあり涙ありですね~・・・(しみじみ)
あっこちゃんのケイト・ブッシュ聞きたかった~~ww

おふたりのお人柄が出たような
あたたかいコンサートだったのですね。
詳細レポからすごく伝わってきました(感動)

アンコールの流れは定番曲ばかりですけど
泣けます・・・。
特に私はオールタイムベストというか、
人生のテーマ曲みたいにも思ってるんです~
「ひとつだけ」は。
聴くたびに鼻つ~~んってなるし
生で聴くと間違いなく泣くのです・・・。
Posted by coto at 2012年12月13日 16:00
♪cotoさま

cotoさまもあっこちゃんお好きでしたか。
「さとがえるコンサート」はワタシ的にライフワークにしていて
これまで行かなかった方が少ないっていうくらい毎年行っていますが
今年は二人のジョイントという感じでほんとに楽しかったです♪

あっこちゃんは「ケイト・ブッシュを意識しているのですか?」
と日本でもアメリカでもよく聞かれるそうですが、音楽的には
あまり好みじゃないのですって(笑)。
だからほとんど歌わないそうで、貴重な機会でした。

「ひとつだけ」は私も大好きな曲です。
よくアンコールで歌われますが、今回の清志郎バーションは
また格別でした。
Posted by スキップ at 2012年12月13日 23:32
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック