2011年08月31日

こんな太一くん初めて観た! 早乙女太一「晩夏の舞」

banka.jpg「髑髏城の七人」を観てかなり早乙女太一くん@無界屋蘭兵衛にヤラレている私ですが、この公演を観ようと思ったのはそれより前、朗読活劇「六月は真紅の薔薇 沖田総司」がすばらしくて、また太一くんを観たいムードと思ったから。

早乙女太一特別公演 「晩夏の舞」
~100min.all about TAICHI~

出演: 早乙女太一  劇団朱雀 ほか

2011年8月28日(日) 2:00pm なら100年会館 
1階Mブロックハ列センター


8月24日に「髑髏城の七人」大阪千秋楽を終えて、9月5日に東京公演の幕が開く間をぬうようなこんなスケジュール。

8月28日(日) なら100年会館
8月29日(月) 福井フェニックスプラザ
8月30日(火) 岐阜市民会館
8月31日(水) 金沢市北國新聞赤羽ホール
9月2日(金)  富田林すばるホール

5日間すべて昼夜2回公演で計10公演。
9月3日には東京で映画「テニスの王子様」の舞台挨拶もあるはず。いくら若いとはいえ、こんなハードスケジュールで体大丈夫なの?と心配になるくらい。
だけどそんな心配をよそに、舞台の太一くんは熱かったです。

私がこれまで観た太一くんの舞台は「トゥーランドット」  「蛮幽鬼」  「六月は真紅の薔薇」 そして「髑髏城の七人」。劇団朱雀の公演も太一くん単独ステージも今回が初めてでした。

サブタイトルに、100min.all about TAICHI とあるように(実は事前によく見ていなくて、これを書いている今になって気づいた)、幕間なしの100分間、太一くんが駆け抜けるステージ。前半は女形の太一くん、後半は殺陣もダンスもたっぷり、等身大の太一くんという構成でした。「早乙女太一です。本日はようこそお越しくださいました」という開演アナウンスですでにピクンとテンション上がりますグッド(上向き矢印)
オープニングは♪ジュピター(サラ・ブライトマンかな?)の曲で、純白のお着物に純白の打ち掛けで鷺娘みたいな太一くん。お美しいです。
この後、曲を変え、衣装を変え、髪型も変えて次々と踊る太一くん。妖艶という言葉がぴったり。踊りにはそんなに明るい方ではないのですが、この踊りが歌舞伎などで観る舞踊とは違って、「見せる」ための踊りだということはよくわかります。ポーズも手の上げ下ろしも、視線までも計算しつくされた感じです。それにしても、あんな目でじっと見られたら、たまりまへんなぁ揺れるハート
太一くんは10歳から女形を始めて、今も女形はあまりお好きではないということですが、それこそ血の滲むような修練があったであろうことは、どの角度から見ても常に美しく流れるような所作からも見てとれます。扇の二本遣いも軽々という感じでした。中では、「涙そうそう」の曲に併せての踊りが、着物はお振袖で、髪は島田かな?とにかくとってもかわいかったです。

間に鈴花あゆみちゃん(太一くんの妹さん)が中心の踊りがあったり、尺八と琴(「朗読活劇」に出ていた人たちだと思われる)の演奏があったり、それから鈴花奈々さん(太一くんのお母様)の踊りが続いたりして・・・記憶がとぎれる・・・すまんっあせあせ(飛び散る汗)

そこへ法螺貝みたいな(戦の始まりのような)音色が響き、客席の上手下手に丸に二つ引の紋の入った旗印を持った人たちが登場。
舞台上には白い障子・・というかついたて。その真ん中に浮かび上がる影・・・太一くんっ!!
きゃ~ハートたち(複数ハート)という声もあがり、客席の温度がググンッと上昇しました。
その障子蹴破って舞台に飛び出してきた太一くん。
何というのでしょ。カンフーの人みたいな黒い衣装、中には忍者の鎖帷子のようなものを着けていてこれは赤地に模様が入っていたかな。そして髪型は、蘭兵衛を思わせる黒髪をちょっとハーフポニーテールっぽく・・・つまり蘭兵衛と捨之介を合わせたカンジ?

ここからはもう、怒涛です。怒涛ぴかぴか(新しい)
踊る。殺陣。太鼓打つ。踊る。殺陣。踊る(笑)。
ああいう現代的な激しいダンスを踊る太一くんを見たのは初めてだったので(それを言うならナマ女形も初めてだったのですが)、とにかく目が釘づけ目 いやいやカッコイイです。
もちろん殺陣はこれでもかってくらいたっぷり。弟の友貴くん(面差しが太一くんにとても似てきた)と二人で敵を倒す、という構成でした。太一くんの殺陣は、いつ観てもすばらしいですが、左右どちらの手で剣を持っても変わらない速さ美しさとか、形が美しいばかりでなく、ストーリーが見えるところがスゴイ。表情にも何とも言えない哀愁があります。音楽は朗読活劇の時と同じようでしたので、イメージとしては沖田総司なのかな?
太一くんと友貴くんの二人が客席通路に降りて、上手下手それぞれの通路に並び立って踊るなんて、もう客席アワワわーい(嬉しい顔)状態です。
そして和太鼓。
「はっ!」とかいう掛け声もカッコいいし、バチの取り出し方、構え方、太鼓の叩き方、一つひとつがすべて絵になる。まるで剣舞を観ているようでした。
最初三人で叩いていたのですが、途中からは3張の太鼓を、太一くんと友貴くんの二人で移動しながら叩くなんていう離れワザも楽しませてくれました。

この公演、気づいた時にはすでにチケット売り出していて、真ん中あたりの列しか取れなかったのですが、横通路前3列目の席でしかも上手通路横。太一くんが目の前を通るし、真横に立ち止まって踊ってくれるし、もうどうしようかと思っちゃいましたよ。そういえば朗読活劇も横通路前の席だったし、太一くんチケットと相性いいかも(自己満足ひらめき)。
フィナーレ前にも、太一くんは舞台から通路へビューンダッシュ(走り出すさま)とジャンプして飛び降りて、もう一度目の前と真横に来て踊ってくれました。汗まみれの太一くん。ほんと眼福でございました揺れるハート
客席から立ち上がって太一くんに近づいて拍手してる人いたし。

最後は太一くんのナレーションで出演者を一人ひとり紹介して幕。
カーテンコールはナシ・・・だけど、「ただ今よりロビーにおきまして早乙女太一がお客様をお見送りいたします」というアナウンス。「ぎょ目」と驚いたけど、他の人は驚くでもダッシュするでもなかったので、これは恒例のことのようです。
ロビーに出ると、金糸銀糸の刺繍をほどこした赤い打ち掛けが壁に貼ってあるコーナー(これ何かいな?と開演前思ってた)のお立ち台に舞台衣装のまま太一くんが大型の送風機2台に吹かれて立っていました。両横では朱雀の人たちが団扇で太一くんを扇いでいました。お顔の汗はきれいにお直ししていたようでしたが、あんな激しい舞台はねた直後だもの、そりゃ暑いよね~あせあせ(飛び散る汗) ご挨拶をするでもなく、笑顔を見せるでもなく手を振るでもなく、ただ風にふかれてすかして(by 右近さん)立っている太一くん。でも表情は明るく晴れやかでした。目の前で思い切り手を振ったら、かすかに目線で反応してくれたのでしたわーい(嬉しい顔)


これでますます太一きゅんにハマるの巻 のごくらく地獄度 わーい(嬉しい顔) ふらふら (total 819 わーい(嬉しい顔) vs 821 ふらふら)
posted by スキップ at 23:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うふふ。怒濤怒濤の太一きゅううんですね。

> どの角度から見ても常に美しく流れるような所作
はいはい、360度ですね。わかります。
私は新感線以外にまったく舞台を見たことがないので
想像するしかないのですが、そんな太一くんを見て
ハフハフしているスキップさんのレポを読むのが
楽しくてたまりまへん(笑)。
お見送り・・・てドキドキ。松井誠さんファンの知人も
そんなことを言ってました。

> 目の前で思い切り手を振ったら、かすかに目線で
> 反応してくれた
あはは。思い切りに対してその反応、たまりまへん♪

きっとごぞんじかと思いますが、念のためTV情報を。
9月6日26:45~27:00 MBS「ENT」に劇団朱雀の
情報が流れるかもです。私もチェックしてみます。
9月5日「ヒルナンデス!」染ちゃんもね。
Posted by ムンパリ at 2011年09月02日 01:02
太一きゅんきゅんキュンになりますよねー♪
私も公式サイトの過去作品の動画が少し見れるのがあって、それ見てるだけで(小さい画像なのに)うぉ~~おって盛り上がってしまいましたv
それで思わず沖田総司のDVD買っちゃってしまいました(^_^;)
Posted by きばりん at 2011年09月02日 17:24
きゃぁ~~♪
行けなかった垂涎舞台!
詳細レポのアップ、ありがとうございます。
(*><*)
この作品は、「髑髏城~」後ツアーの演目とは違うので
本当にこの短期間だけしか上演されないのではないかと。
(--;

彼の声がとにかくどうにも心臓に響いて、彼の動き方も
どうにも心乱されるんですよね…。
(*--*)
音の取り方とか間合いとかが、私の生理的に気持ち良い
タイミングで!
(めろめろ)
なんしかオフのムスッと顔以外は全てオール素敵。
(^m^)
とにかく底知れぬポテンシャルに今後も注目しています。
(^^)v
スキップさんと次回お目にかかる機会には、太一君話し
にも花が咲きそうで楽しみです♪
(*^^*)
Posted by midori at 2011年09月03日 20:09
♪ムンパリさま

太一きゅんには激ハマリです。
こんな気持ちは久しぶり(^^ゞ
私は好きな役者さんでも自分が観ていない過去の作品とか
あまり振り返らない方なのですが、太一くんは公式サイトに
アップしてある動画、全部見ましたよ(笑)。

>あはは。思い切りに対してその反応、たまりまへん♪
そうなの。
かずりんさんにもツイートしたのですが、私は元々、たやすく
笑顔なんてふりまかない冷淡なオトコにヨワイから。
ふるちんしかり、その字しかり(-"-)

そして情報ありがとうございます。
「ヒルナンデス」は知ってたけど朱雀の方は知りませんでした。
録画予約しようっと!
Posted by スキップ at 2011年09月04日 02:13
♪きばりんさま

レス遅くなりました<(_ _)>

あの公式サイトの動画はヤバイですよね。
あのCGの影相手に殺陣するのなんて、もっとみんなに観てほしいです。

沖田総司もすごくいいのでお楽しみに!
Posted by スキップ at 2011年09月04日 02:15
♪midoriさま

このツアーは5日間だけだし地域もかなり限定されているので
本当に観られてラッキーでした。

そして今日、太一くんがブログに「10代最後の舞」と書いている
のを見て、改めてとても貴重な機会だったと観られたことを
幸せに思っています。

あの声、絶対ヤラレますよね(笑)。
早くmdoriさんにお目にかかって、太一くん話、いっぱい
お聞きしたいです!
Posted by スキップ at 2011年09月04日 02:21
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック