2008年09月20日

「秀山祭」という伝統

shuzansai.jpg「秀山祭」は、今さら言うまでもないことですが、初代中村吉右衛門の俳号「秀山」を冠して、初代の得意とした演目を上演し、その芸と精神を受け継ごうと始められたもので、今年で3年目を迎えています。
歌舞伎座2階ロビーでは、毎年初代吉右衛門ゆかりの品々やその年の演目にちなんだ写真等が展示されています。その初代由来の作品は、古典歌舞伎ともいうべき重厚な演目が並び、私のような「竜馬がゆく」がお目当てのミーハーファンにも歌舞伎の神髄を知らしめてくれるかのようです。


秀山祭九月大歌舞伎 昼の部 「ひらかな盛衰記 逆櫓」
出演: 中村吉右衛門  中村芝雀  中村歌六  中村歌昇  中村錦之助  市川染五郎  中村東蔵  中村富十郎 ほか


漁師権四郎(中村歌六)の入り婿となって船頭に身をやつして暮らす松右衛門(中村吉右衛門)が実は木曽義仲の遺臣樋口次郎兼光で、義仲を滅ぼした源義経に一矢報いようとしていて・・・というお話は、ストーリー的にもビジュアルも、歌舞伎の他の演目とどこか似通っていたりカブったりしています(どれが先に出来たかは別にして)。「ひらかな」というのは、“わかりやすく平易にした”という意味らしいのですが、それでも人物相関や前後の流れを知っていないと、すべて理解するのは少し手強い演目です。

が、そんなことを置いておいても楽しめる、まさにザ・歌舞伎。
吉右衛門さんの樋口は、重厚かつ切れ味鋭く、一方で忠臣らしい誠実さがひしひしと伝わって、本当にハマリ役です。上背があって、広げた掌も大きく、迫力も華もある容姿は舞台の中心にいるのがいかにも似つかわしい。
樋口次郎と正体を明かして左手に槌松(=駒若丸)を抱いて登場する場面。2階のロビーに展示された初代吉右衛門の舞台写真そのままの姿で、しかもその写真の初代吉右衛門に抱かれている駒若丸が当代吉右衛門ご本人いうことで、脈々と受け継がれて来た歌舞伎の伝統、その家の芸というものを改めて感じずにはいられませんでした。

とはいうものの、歌六さんは相変わらず泣かせてくれるし、あの着物さばき(着流しっていうの?)、なんてカッコいいんでしょ、とか、芝雀さんびっくりするくらい艶やかでキレイとか、逆櫓を習いに来る3人の船頭(歌昇・錦之助・染五郎)豪華すぎ、とか、富十郎さんさすがの朗々としたセリフ回し、聴きほれました~なんて、ミーハー視線も大いに満足させてくれる舞台でした。


そして、昼の部の切りは玉三郎さんパワー炸裂の義太夫舞踊 
「日本振袖始」
出演: 坂東玉三郎  市川染五郎  中村福助 ほか


瓊々杵尊の妃に定められた咲耶姫の姉の岩長姫(坂東玉三郎)が実は八岐の大蛇で、生贄に差し出された稲田姫(中村福助)と共に供えられた毒酒を飲んで酩酊し、毒蛇の本性を顕し稲田姫を呑み込み、素盞鳴尊(市川染五郎)に討たれるまでを描いています。

スッポンから薄衣をかぶったまま登場する岩長姫。あたりに何ともいえない雰囲気が漂い、一気に玉三郎ワールドに導かれるよう。ほどなく薄衣を取ると、本当に美しいお姿から発散される色気と妖気。花道そばの席だった私は、あの目でキッと見つめらて(という気がする・・)、まさにヘビに睨まれた蛙状態。もう岩長姫から目が離すことができなくなりました。
8つの甕に次々と首を突っ込んでお酒を飲み、酔っ払っていきつつ恐ろしい毒蛇の本性を現していくという舞踊はとてもドラマチック。踊りはもちろん、妖しさ、哀しさ、切なさ、激しさ、怖ろしさ、様々に変わる玉三郎さんの表情も見モノです。稲田姫を眉ひとつ動かさず離れた指先からパワーを出して攻撃するクールビューティぶりは、悪役なんだけどカッコイイ~ハートたち(複数ハート) ついに稲田姫を呑み込んでしまいます。ここで福助さん稲田姫、渾身のエビぞり、久しぶりに堪能しました。

後半は、七人の分身従えて、恐ろしい形相で登場しますが、黒地に金の鱗模様の衣裳がそれは豪華で華やかで、やっぱりカッコイイわーい(嬉しい顔)。岩長姫を頂点に8人が“八岐の大蛇”となって見得となる幕切れの場面はまるで一幅の絵のよう。舞台写真買っちゃいました!染五郎さん素盞鳴尊もやはり黒地に金のステキな拵えで登場、とても凛々しく美しい舞を見せてくれるのですが、さすがに大蛇の貫録勝ち、という印象でした。


「秀山祭」昼の部3演目、いずれも見応えたっぷりでとても充実。
来年も、そしてこれからも、「秀山祭」をずっと続けていただきますように。


正直言うと「逆櫓」では時々意識がとびました・・・いや、寝てないってば~のごくらく地獄度 わーい(嬉しい顔) ふらふら (total 384 わーい(嬉しい顔) vs 381 ふらふら)
posted by スキップ at 13:34| Comment(2) | TrackBack(1) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「逆櫓」にコメントを有難うございました。「逆櫓」も「日本振袖始」もリンクがついている今日書いた初代吉右衛門の展示の方の記事をTBさせていただきましたm(_ _)m
子役時代の当代吉右衛門は覇気がなかったですねぇ(笑)それと初代の若い頃の写真が勘太郎にそっくりでびっくり!!DNAを感じました。
今月は文楽、歌舞伎座、演舞場と義太夫狂言漬けになっています。長唄舞踊とかになるとほわーっと睡魔に襲われて~(^^ゞ
ボチボチ書いていきますね!
Posted by ぴかちゅう at 2008年09月21日 01:46
♪ぴかちゅうさま

「逆櫓」も「日本振袖始」も、ぴかちゅうさんのすばらしいレポ
を読ませていただいて感心することしきり。
いつまでもミーハー気分抜けきれない私とエライ違いです(笑)。
初代吉右衛門の写真、言われてみれば確かに勘太郎くんに
面差しが似ていました。すごいですね、DNAって。
座組がなかなか難しいのかもしれませんが、勘太郎くんにも
いつか秀山祭に出演していただきたいです。
今月のお江戸は各劇場本当に充実で、カラダもお財布も
いくつあっても足りませんね(笑)。
Posted by スキップ at 2008年09月21日 06:21
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

08/09/19 秀山祭夜の部?初代の写真、中幕「鳥羽絵」
Excerpt: {/face_sup/} 秀山祭の歌舞伎座の2階の展示コーナーには今年も初代吉右衛門所縁の品が並んだが、若い頃の写真にびっくり。勘太郎がよく似ているではないか!確かに祖父の先代勘三郎の腹違いの兄が初代..
Weblog: ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記
Tracked: 2008-09-21 01:39