2021年01月04日

これからも私たちと一緒に夢を見ませんか 月組 「WELCOME TO TAKARAZUKA/ピガール狂騒曲」 東京千秋楽ライブ中継


pigalle20210103.jpg

2021年エンタメはじめは映画館で宝塚歌劇のライブ中継。
箱根駅伝復路9区までテレビ観戦して「なんでワタシ配信にしなかったんだろ」(映画館の大画面で観るのが好きだからです、はい)と後ろ髪引かれながら出かけました・・・後で10区の大逆転知ってますます悔やんだよね。駒澤大学優勝おめでとう!

とはいうものの、ライブ中継はとても楽しくて、観ている間はそんなことすっかり忘れて見入っていたのでした。
「WELCOME TO TAKARAZUKA」は6場45分と短いながらとても洗練された日本物ショーで、その後にやってくる「ピガール狂騒曲」の多幸感。そして千秋楽ご挨拶の感動。よいエンタメはじめとなりました。


宝塚歌劇 月組東京宝塚劇場公演
「WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-/ピガール狂騒曲」 
千秋楽 ライブ中継

2021年1月3日(日) 1:30pm TOHOシネマズなんば スクリーン3
(上映時間: 3時間30分)



宝塚大劇場にて観劇時の感想
WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-
ピガール狂騒曲
宝塚大劇場千秋楽ライブ中継


上記のとおり感想は大劇場観劇時にさんざん書きましたので、重複は控えるとして、東京公演で新たに追加された場面や新たに気づいたこと、アドリブなどについて。


WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-

🌙 越天楽
初舞台生の口上に代わって、舞音「越天楽」という場面が追加。
雅楽の「越天楽」をアレンジした曲で月城かなとさんによる舞踊です。
疫病退散の祈りが込められた舞ということで、拵えも雰囲気も歌舞伎の三番叟みたいな感じ。

日本物お得意の月城さん、シャープな美貌に赤い装束も映えます。
後から加えられた場面のため出演者を増やせない事情もあるのかと思いますが、ずっと一人でさながら舞踊会のよう。
三番叟のあのシャリーンシャリーンという鈴の音が大好きなのに、気持ちよくを聴きながら意識なくしてしまった私は・・・私は・・・。


🌙 松本悠里さん
雪の場面で赤い振袖の松本悠里さんがせり上がってくると大拍手。
場面終わりで暗転しても、次の場面が始まるまで鳴りやまない拍手が続いていました。
パレード前の最後の踊りにも惜しみない拍手が送られていました。
本当に本当にラストステージだったんだなぁ。


🌙月光
「月光」の場面のフォーメーションの美しさが映像ではうまく捉えられていなかったのが残念でした。
映像収録のカメラってすべて1階に設置だからなぁ。あの場面は2階から観るのが震えるほどよかったです。


続きがあります
posted by スキップ at 17:45| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする