2021年01月30日

覚悟の団七 再び


3年ぶりとなる「コクーン歌舞伎」の上演が発表されました。

渋谷・コクーン歌舞伎 第十七弾『夏祭浪花鑑』


勘九郎くんの団七と聞いて、一気にいろんな思いがあふれてきました。

私が初めて「夏祭浪花鑑」を観たのは2002年11月。
扇町公園で開催された、大阪で初めての平成中村座でした。
団七九郎兵衛を演じるのはもちろん中村勘三郎さん。
開け放たれた舞台奥から団七と徳兵衛が全速力で緑の公園のはるか彼方まで駆け出して行き、また舞台へと戻ってきた時の高揚感。

以来、何度も観た演目ですが、あの時のあの団七を忘れることは決してありません。


2011年3月。
博多座「桜壽博多座大歌舞伎」で上演予定だった「夏祭浪花鑑」ですが、勘三郎さんの休演によって、勘九郎(当時 勘太郎)くんが初役で代役を勤めることとなりました。
その記者会見で目に涙をためて、「命を削ってでもやる」と決意を口にした勘太郎くんを見て、こちらも涙。
初日に・・・と思いましたが、平日で無理ということで、何とか千穐楽に参上しました。

2011年3月といえば、東日本大震災が起こった月。
勘三郎さんの休演に自粛ムードが追い打ちをかけたこともあってか、客席は中村屋さんの公演として信じられないくらい空席が目立っていました。

その時の感想がこちら 「覚悟の団七」

父の代わりを勤め、団七九郎兵衛という役をやり抜く覚悟を持って臨んだ1ヵ月の公演。
千穐楽にも入魂のすばらしい団七を見せてくれた勘九郎くんでしたが、とても痩せていて一段と大人びた印象でした。
このひと月が彼にとっていかにハードでどれほどのプレッシャーと闘ってきたかを物語っているよう。

あの時以来、勘九郎くんが団七を演じることはありませんでした。


あれから10年。

ついにその時がやってきたのか・・・と。
きっとあの時以上の「覚悟」を持って、団七を演じることを決意したのだと思うと、幕が開くと一刻も早く駆けつけて、目一杯の拍手を贈りたい気持ちでいっぱいです。


「当たり前の日常は決して当たり前ではない」
「舞台が無事に上演できることは、当たり前ではなく奇跡のようなこと」
10年前にも感じたであろうことを改めて強く思う2021年。

勘九郎くんはどんな団七を見せてくれるでしょう。




コクーン歌舞伎が無事に上演されること、ちゃんとこの目で見届けられることを心から祈っています。


posted by スキップ at 17:37| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2021年01月29日

雪組「fff/シルクロード」 チケ取り顛末記


ただ今宝塚大劇場で絶賛上演中の宝塚歌劇雪組公演「fff/シルクロード」。
望海風斗さんという大人気トップスターのサヨナラ公演であり、相手役のこれまた人気トップ娘役真彩希帆さん、さらには彩凪翔さんはじめ6人の組子も退団、しかも上田久美子先生書き下ろし作品と、望海さんと”同期”の演出家・生田大和先生の初のショー作品と話題満載。
チケット発売前から「チケット取れるのかな」「観られるのかな」という不安感に煽られていました。

宝塚友の会だけでは取れないかもしれないという危機感から、普段はあまり利用しない各種貸切公演にも積極的に申込み。
自分のための備忘録的意味で、そんなチケ取り総括。


宝塚友の会    1 (S席)
阪急交通社貸切  1 (A席)
ローチケ貸切   1 (A席)
JCB貸切      ×
ぴあ貸切     ×
e+貸切      1 (S席)
その他       2 (S席) 



当たりやすいからとあえてA席を申し込む方もいらっしゃいますが、私は「申し込まないところにチャンスはない」と思っていますので、申込はいつも SS→S→A→B の順。
だから上記でA席が当選しているものについては第3希望ということになります。

宝塚友の会は1次は安定の落選で、2次はS席のみ申込可能最大枠12公演申し込んで1公演のみ当たりました。
友の会の先着順先行、一般発売にもチャレンジしましたが、両日とも早い時間からログインしていたにもかかわらず、購入段階でビジーになって全然入れなくなり惨敗
今後に課題を残しました。

阪急交通社貸切は宿泊プランは無理なので「大しておいしくもないランチいらないけどなぁ」と思いながら、”S席21列目以内”などにひかれて各種ランチつきプランはじめ両日(1/9・1/16)合わせて10コマくらい申し込んだ結果、ランチがついていないシンプルなチケットプランが1公演だけ当選(A席だけど)。

ぴあカード解約してしまってヒラ会員になったぴあはともかく、ゴールド ザ・プレミアカードであれだけカード使っているJCBが当たらないってどういうこと?

日程だけ先に発表されていて、公演も始まってから後出しじゃんけんみたいに抽選となったe+貸切はスマチケで最速申込したこともあって、「きっと当たるはず」と根拠のない自信がありまして、その通り当たりました(SS席はハズレたけど)。

その他の2は、某生徒さん会の友人が取次してくれた分と、別の生徒さん会に入ってらっしゃる方が仕事の都合で急に行けなくなりピンチヒッターで観たものです。


始まる前はチケット取れるか不安でいっぱいでしたが結局6公演捕獲は上出来。
しかしながら、先着順や一般発売など秒を争う闘いには課題を残すこととなりました。



すでに星組ロミジュリに突入したチケット戦線エンドレス の地獄度 (total 2209 vs 2212



posted by スキップ at 14:32| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年01月28日

念願のしぼりたて錦糸モンブラン @紗織


saori1.jpeg


京都 木屋町にある「和栗専門 紗織~さをり~」

その場でしぼって仕上げてくれる錦糸モンブランが有名なお店です。
インパクト大の画像やモンブランをしぼる動画がInstagramなどでも話題を集め、2019年10月のオープン以来超人気。
栗好きとしてはぜひ一度食してみたいと願ってはいたものの、「整理券は朝7時から配布」「9時に並んで夕方5時の部の整理券だった」なんて話を聞くにつけ、「無理無理ムリ~」とあきらめていました。


ところが


先日デパートのチラシを眺めていたら(本当に見ていたのは反対面の「恵方巻」のところだったのですが)、「和栗専門 紗織 期間限定販売」の文字とあのモンブランの画像が。

「えっ!これってあの紗織?」と心の中で呟いて二度見。
なーんと、あべのハルカス近鉄百貨店本店のバレンタインフェアに紗織のモンブランから期間限定でアシェットデセール登場ですと。

しかーし、午前午後各50食限定で毎日10時から整理券配布で、デパート開店前から整理券求めて並ぶなんていう考えが毛頭ない不肖スキップ、またまた「無理ムリ~」と一旦はあきらめたのですが、整理券配布場所が9階催場と書いてあるのを見て、「ふーん、デパートはどうせ10時オープンだし、あのエレベーター(私のヒミツのエレベーター・・・いや全然秘密ではないが(^^ゞ)で上がればイケるかも・・」と考え直し、トライしてみることにしました。


saori4.jpeg

ほぼ10時にエレベーター前に到着して5~6人の同乗者とともに9階へ。
他のエレベーターからも続々人が降りてきて、皆さん早足で配布場所へと向かうので、一番乗りという訳にはいきませんでしたが、20人以内には入れたと思います。


saori5.png

整理券が配られて、すぐに食べる人はそのまま列に並んで待つのですが、私は11時に整体を予約していましたので、こうして絞られているところを眺めてから一旦離脱しました。
12:30ごろ戻ってきた時には誰もいなくて、午前の部はもちろん sold out でしたが、午後の部(午後2時~5時)の整理券はまだあります、とおっしゃっていました。


写真を見たところとてもボリューミーな感じだし、お値段もアレなので(3,080円)、整理券の必要ない和栗と木苺のショコラモンブランソフトにしようかとも思ったのですが、いや、この機会を逃すともう一生食べられないかもしれないと後悔のないよう、こちらをいただきました。



saori2.jpeg

濃厚宇治抹茶ムース オ ショコラと京丹波くりの錦糸モンブラン


まずモンブランがとてつもなくおいしい🌰
お砂糖の甘みを加えているのではなく、ほぼ濃厚な栗そのもののお味。
甘み。
1㎜というモンブランはなめらかでクリーミー。
いや~、栗好きとしてはこれは永遠に食べ続けられるやつです。

和三盆とトウキビで作られたメレンゲはサクサクで軽い口当たり。
その上に濃厚な宇治抹茶ムース。
そしてホイップクリームには柚子が入っていました。


saori3.jpeg

断面です。
ちなみに半分はもう食べてしまっています。

見た目の大きさに一瞬怯みましたが、全然重くなくてあっさり完食です。
何ならこの後モンブランソフトもイケそうでしたがさすがに自重いたしました。



錦糸モンブランは1/31までですがモンブランソフトは2月14日までやっているからまた食べに行こうかな← のごくらく地獄度 (total 2209 vs 2211 )




posted by スキップ at 22:56| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2021年01月27日

I Shall Be Released「チョコレートドーナツ」


anydaynow.jpg

ラスト ひとり歌うルディ。
「!」
「これ、“I Shall Be Released” じゃない!ボブ・ディランの!」
「あー、映画のタイトル、この曲の歌詞(Any day now, any day now I shall be released)から来てるのか!」と気づく(遅い💦)。

2012年に公開されたアメリカ映画「チョコレートドーナツ」(原題: ANY DAY NOW)
1970年代のアメリカの「障がいを持ち、母親に育児放棄された子どもと、家族のように過ごすゲイ」という実話をもとにしたこの映画の、世界初舞台化です。

映画は未見。
「ゲイのカップル」「ダウン症の子ども」というキーワードだけを知った上での観劇でした。


PARCO THEATER OPENING SERIES
「チョコレートドーナツ」」 ANY DAY NOW
Based on the motion pictures “Any Day Now”
原作: Travis Fine/George Arther Bloom
翻案・脚本: 谷賢一   訳詞: 及川眠子
演出:  宮本亞門
音楽監督: 横山英規   美術: 乗峯雅寛
照明: 佐藤啓   振付: 大村俊介(SHUN)
出演: 東山紀之  谷原章介  堀部圭亮  八十田勇一  妃海風  まりゑ  
高橋永/丹下開登(ダブルキャスト)  モロ師岡  高畑淳子 ほか

2021年1月22日(金) 1:00pm シアター・ドラマシティ 3列下手
(上演時間: 2時間20分/休憩 20分)



物語の舞台は1979年のアメリカ カリフォルニア。
シンガーを夢見ながらショーパブで働くドラァグクイーンのルディ(東山紀之)は客として店に来た、ゲイであることを隠して生きる地方検事のポール(谷原章介)と恋に落ちます。ルディのアパートの隣室に住む、ネグレクトを受けているらしいダウン症の少年マルコ(高橋永)の母親が逮捕され、マルコを施設に入れたくないルディはマルコを引き取り、“いとこ”同士と偽ってポールの家で共に暮らし始めました。まるで本当の両親のようにマルコを愛し、大切に育てた二人でしたが、ゲイのカップルであることを周囲に知られ、二人の関係を偽ったことが原因でマルコは家庭局に連れて行かれてしまいます。絶望の中、「今こそ世界を変える時」と、差別と偏見で奪われたマルコを取り戻すために二人は裁判に挑みます・・・。


40年以上前の話とはいえ、性的マイノリティや障がい者への偏見や差別は、あのアメリカですらこんなにも・・・と思わずにはいられませんでした。多分それは時を経て、国を変えても変わらない「今の現実」でもあると感じるのです。

ハッピーエンドとチョコレートドーナツが大好きなマルコ。
共に暮らし始めたころの三人が本当に幸せそうで楽しそうで・・・映像作品を観ているような演出が印象的でした・・・このシーンが幸せそうであればあるほど、2幕の法廷シーンの緊迫感と背筋がヒヤリとするような冷たさが一層増幅される感じ。
マルコが誰と一緒にいるのが幸せか、というのは明らかなのに、現実の厳しさはそれを許さず、“ゲイのカップル”への偏見は根強く、理で覆われた法の壁は厚く冷たい。


続きがあります
posted by スキップ at 23:46| Comment(3) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2021年01月26日

旅するだし茶づけ @だし茶づけ暫 SHIBARAKU


shibaraku1.jpeg

先日、幸せのパンケーキを求めて泉の広場界隈を歩いた時に、何やらおいしそうなお店がたくさん・・・そういえば泉の広場ってリニューアルしてグルメエリアできたのだったなぁと思いながら眺めていたら、こちらに目が吸い寄せられて、「おいしそう~。今度食べに来なくちゃ」となりまして、それから時を経ずして参上いたしました。


だし茶づけ 暫 SHIBARAKU
大阪市北区小松原町梅田地下街4-2号
ホワイティうめだイーストモール
tel: 06-6364-2244


shibaraku5.jpg


心斎橋パルコにも店舗があるようですが、伺ったのはホワイティ梅田店の方です。
というか、泉の広場がホワイティうめだだと初めて知った・・・昔は「ウメチカ 泉の広場」って言ってたよね~?

永谷園のだし茶づけ専門店(厳密には飲食店を展開するグループ会社「麦の穂」の新業態)。
永谷園のお茶づけ海苔のロゴマーク 歌舞伎の隈取ののれんが迎えてくれます。


「紅鮭とイクラ茶づけ」「海鮮天茶づけ」「炙り明太子茶づけ」などナド、単品のだし茶づけはどれもおいしそうだし、好きなお茶づけを選ぶことができる「お好み二膳セット」にもとても惹かれましたが、実はワタクシ、これをいただくと決めていました。


shibaraku2.jpeg

旅するだし茶づけ

日替りのおかず6品と、毎月変わる旅先のおかず3品。
今月の旅先は北海道で、数の子松前漬け・かにみそきゅうり・焼ししゃも(手前の3品)でした。

やさしいお味のおだしはそのままでも飲めそう。
薬味は永谷園のお茶漬け海苔に使われている海苔とあられ。そして粉末のわさびがかけ放題(笑)。

水分量や甘みなどお茶づけに最適なお米を研究して、様々なおかずとの相性を考えたというお米は福井県産のあきさかり。
とてもおいしくて、おひつのごはんは三膳分ということですが、少しずついろんなおかずをのせていただいたので5回くらいおかわり。
もちろん完食です(^^ゞ



shibaraku6.jpeg shibaraku4.jpeg

旅先が変わったらまた伺いたいと思いますが、自分で盛り付けるとビジュアル的にアレなので、次回は出来上がっただし茶づけをいただこうかしら。



おいしくてサラサラ食べられるけれどお米食べ過ぎてしまうのがキケン のごくらく地獄度 (total 2207 vs 2209 )



posted by スキップ at 22:34| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2021年01月24日

人に生まれて 人ではなくなり 「ポーの一族」


thepoeclan.jpg

2018年に宝塚歌劇花組で上演された作品。
あの時、「宝塚でエドガー役やれるのはみりお(明日海りお)以外にいない」と思ったものですが、外部でもエドガー役ができるのはやっぱりみりおだけだった訳で(笑)。


ミュージカル・ゴシック 「ポーの一族」
原作: 萩尾望都 
脚本・演出: 小池修一郎(宝塚歌劇団)
作曲・編曲: 太田健(宝塚歌劇団)
美術: 松井るみ
衣裳: 生澤美子
振付: 桜木涼介  KAORIalive  新海絵理子
出演: 明日海りお  千葉雄大  小西遼生  中村橋之助  夢咲ねね  
綺咲愛里  能條愛未  純矢ちとせ  福井晶一  涼風真世 ほか

2021年1月20日(水) 12:00pm 梅田芸術劇場メインホール 1階9列(6列目)上手
(上演時間: 2時間50分/休憩 25分)



2018年宝塚歌劇版の感想はこちら


物語: イギリスの片田舎―森の奥に捨てられた幼い兄妹エドガー(明日海りお)とメリーベル(綺咲愛里)は、館に住む老ハンナ(涼風真世)に拾われ育てられます。老ハンナたちは、永遠の時を生きる「バンパネラ」の一族でした。正体を見破った村人たちが屋敷を襲い老ハンナは消滅、一族にも危機が迫る中、メリーベルを巻き添えにしないことと引き換えにキング・ポー(福井晶一)によってエドガーはバンパネラにされ一族に加えられてしまいます。
こうしてエドガーはポーツネル男爵(小西遼生)とその妻シーラ(夢咲ねね)を養父母として長い時を生きることとなり、やがてメリーベルも自らの意志で一族に加わります。時は流れ、港町ブラックプールのホテルに姿を現した4人。男爵とシーラは、診療所の医師 ジャン・クリフォード(中村橋之助)を一族に引き入れようと目論み、エドガーは町一番の名家 トワイライト家の跡取りアラン(千葉雄大)と宿命的に出会います・・・。


ストーリー展開は基本的に宝塚版と同じ。
1964年にフランクフルト空港に降り立った3人のバンパネラ研究家がストーリーテラーの役割を果たして物語は進みます。
3人が辿るバンパネラの足跡・・・物語の舞台は1754年スコッティ村と1879年 イギリスの港町 ブラックプール。
プログラムを買っていませんのではっきりとわかりませんが、♪我らは 一族~ ポーの一族~ という主題歌や、エドガーの歌う「哀しみのバンパネラ」など、楽曲もそのまま使われているようでした。

明日海さんをはじめ、夢咲ねねさん、綺咲愛里さん、純矢ちとせさん、そして涼風真世さんと、宝塚OGがキャストに名を連ねていますが、当然ながら男性の役は男優さんが演じている訳で、ファンタジーな雰囲気は希薄になった分、現実味がより増していて、その結果、エドガー筆頭に人ならざるもの-バンパネラ-と生身の人間との対比が一層色濃く浮かび上がった印象です。
そのため、永遠に生き続けなければならない宿命を背負ったエドガーの孤独感、切なさがよりひしひしと感じられました。

人に生まれて 人ではなくなり
幸せの残り香も忘れた
哀しみを抱いて生きる
僕はバンパネラ

というエドガーの絶唱が胸に突き刺さります。


続きがあります
posted by スキップ at 23:39| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする