2020年12月26日

自分が傷つくのわかってるのに先陣を切る 「紀尾井町家話 第二十二夜」


kioichoyawa22.jpg

尾上松緑さんが「コロナの自粛期間中に、待っていて下さるお客様に何か届けられないか」と今年6月に始めたオンライン飲み会(?)「紀尾井町家話」。
毎回様々なゲストとの飾らないトークが楽しいと人気ですが、私はこれまで拝見したことがありませんでした。
がしかーし、今年最後のゲストは幸四郎さんと猿之助さん・・・ということで初参戦です。


紀尾井町家話特別編 「紀尾井町家話 第二十二夜」
出演: 尾上松緑
ゲスト: 松本幸四郎  市川猿之助
2020年12月23日(水) 8:00pm 配信視聴
(配信時間: 2時間20分)



幸四郎さんが最年長で、松緑さんが2歳下、さらにその1歳下が猿之助さんとほぼ同世代で、ともに御曹司として若いころから活躍してきたお三方。
口八丁手八丁の2人(松緑さん、猿之助さん)が幸四郎さんにいろいろツッコミ、幸四郎さんは反論しながらもあまり熱くもならず鷹揚に笑って受けるというのが全体的な印象でした。

他愛ないバカ話や学生時代の思い出話、深い芸談まで、予定時間の90分を大幅に超えて、とても楽しく充実したトークを展開してくだいました。



◆乾杯
まず最初は乾杯。
「ここは最長老の幸四郎さんから」と松緑さん。
「最年長と言うんですよ」と訂正して、「来年は三度目の年男」とおっしゃる幸四郎さん。
「三度目って・・・」と思いましたが、ここはみんな華麗にスルー。
最後の方にももう一度おっしゃっていましたが誰にもツッコんでもらえず(笑)。
「今日はたくさん笑いましょう!」と乾杯。


続きがあります
posted by スキップ at 23:26| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする