2020年12月11日

三銃士は今日も行く 「獣道一直線!!!」


judoicchokusen1.jpg  judoicchokusen2.jpg

鈍獣(2004年)、印獣(2009年)、「万獣こわい」(2014年)と続いてきた生瀬勝久、池田成志、古田新太によるユニット“ねずみの三銃士”シリーズ第4弾。
ホラーコメディといったテイストで毎回グロテスクな殺人や後味悪~い結末を提供してくれるこのシリーズ。
今回のモチーフは10年ほど前に世間を騒がせた首都圏連続不審死事件の木嶋佳苗がモチーフです。


パルコ・プロデュース
《ねずみの三銃士》第4回企画公演 「獣道一直線!!!」
作: 宮藤官九郎
演出: 河原雅彦
音楽: 和田俊輔  美術: BOKETA  映像: 上田大樹
出演: 生瀬勝久  池田成志  古田新太  山本美月  池谷のぶえ  宮藤官九郎

2020年11月22日(日) 1:00pm ロームシアター京都 メインホール 1階6列センター
(上演時間: 2時間35分/休憩 20分)



物語: 複数の殺人事件に関わったとされる苗田松子(池谷のぶえ)が働く福島の練り物工場に、それぞれ問題を抱え更生のために3人の役者 生汗勝々(生瀬勝久)、池手成芯(池田成志)、古新田太(古田新太)が送られてきます。松子の語る過去とそれを再現ドラマとして演じる役者たち、松子を取材するドキュメンタリー作家 関(宮藤官九郎)、その妻で出産を控えながら夫の取材に協力して苗田松子について調べるうち彼女にのめり込んでいくかなえ(山本美月)の物語が時空を交錯して展開します。


ねずみの三銃士といえばスプラッタ、というイメージがありますが、その風味は今回わりと薄め。
ラストの三人の男たちと関のくだりで一気に来る感じですが、それだって、後味は確かに悪いですが、「あぁ、あの中に突き落とされるんだなぁ」と予測できてしまうので衝撃は少なかったです。
むしろ、松子がお金を手に入れるために見せる冷徹さの方が怖ろしさ滲ませていますし、かなえが松子に傾倒していく姿にもゾワゾワしたものを感じて、そういうメンタル面の怖さが強調されている印象でした。

木嶋佳苗がモチーフとはいうものの、「男たちがなぜあれほど易々と、(普通のおばさんのように見える)木嶋佳苗に騙されるのか」という事件の真相に迫るあたりは、 “媚薬”を飲まされたことによって男たちの目には松子が若くて綺麗な女性に見える、というタッチで描かれていて、そこは池谷のぶえさんと山本美月さんが入れ替わる演出でした。
が、これはいささか安易ではないかなと思いました。客席結構ウケて笑い声も起きていましたし、ルッキズムがどうとか深く考えずに観ればいいのかもしれませんが、それにしてもそういう「入れ替わり」は同じ宮藤官九郎さん脚本の「メタルマクベス」冒頭の魔女のシーンでも使われていて、2006年初演だったことを思うと、いかにも使い古された手法という印象です。


続きがあります
posted by スキップ at 23:01| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2020年12月08日

やーっと行けた 絶品イタリアンとワインのペアリング @gucite


gucite1.jpeg

天満橋にある gucite は大阪で最も予約が取り難いリストランテのひとつ。
名だたる名店のシェフたちがプライベート使いするお店としても有名で、2年くらい前には「あまから手帖」の表紙を飾ったこともあります。

聞くところによると昨今は電話で予約とかほぼできなくて、常連さんがお店に行った時にシェフと相談して次の予約をするというスタイルらしい。
「行ってみたいけどどうやって行ったらいいのかわからない」とずっと思っていたところ、友人のご友人でグルメ番長と言われているマダムが行きつけらしく予約を取って誘ってくださいました・・・それが8月のことでしたが、その時点で年内の予約が取れるのは奇跡的だったそうです。
という訳でとても楽しみにしていた11月29日、行ってまいりました。


gucite (グシテ)
大阪市北区天満2-7-1
tel:06-6809-7376

gucite14.jpeg


地下鉄や京阪の天満橋駅から歩いて5分ぐらい。
天満橋を渡って間もなくのところにあります。
カウンター8席と4人掛けのテーブルが1卓というこじんまりしたお店。
オーナーシェフ 西尾章平さんがお料理からワインから接客まで、すべてお一人で切り盛りされています。

gucite (グシテ)は古文単語の、連れ添う、縁ができるという意味の「具す」から。
「あまた具して」・・・たくさんのご縁に恵まれる、そんな願いを込めて店名にされたそうです。

メニューはなくて、お任せのコース(10皿)のみ。
そしてすべてのお料理にワインのペアリング。
ワイン以外のアルコール類もなければソフトドリンクもありません。
ワイン飲めない人は来てほしくないそうです(笑)。


続きがあります
posted by スキップ at 23:22| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2020年12月07日

秋のフルーツサンド&いちじくのホットサンド @ソビノワ


sobinowa1.jpeg

肥後橋の人気カフェ ソビノワさん。
「桃のパフェシェイク」が超人気で夏は炎天下、毎日長蛇の列ができていました。
行列苦手な私はいつも横目で見て通り過ぎていたのですが、パフェが終わって少し落ち着いたころ、秋メニューをいただきに伺いました。


ソビノワ
大阪市西区京町堀1-12-23
tel:06-6110-5304


地下鉄肥後橋駅から歩いて5分くらい。
セイイチロウニシゾノさんと同じ並びの、西船場公園の向かいにあります。


平日の開店時間(11:00)ごろに到着したら一番乗りでした。
が、ほどなく満席になって、相変わらずの人気ぶり。

この日は早めのランチのつもりで「秋のフルーツサンドを食べる!」と心に決めて行ったのに、メニュー見たら「いちじくのホットサンド」がとてもおいしそうで、ホットサンドが大好きな不肖スキップ、誘惑に耐え難く、両方いただく次第となりました。
フルーツサンドがランチでホットサンドがデザート・・・いや逆かな・・・いずれにしても食べ過ぎです(^^ゞ



sobinowa2.jpeg

ふわふわパンに甘さ控えめでとってもミルキーな生クリームに旬の果物のフルーツサンド
クリームチーズとゴルゴンゾーラ、いちじくジャム、クルミ、はちみつの上にたっぷりいちじくのホットサンド
どちらもとてもおいしくて、オーダーする時はスタッフの方に「食べきれるかなぁ」と言っていたのにあっさり完食です。
一緒にいただいた斎藤牧場の牛乳をつかったカフェオレもとてもおいしかったです。



sobinowa3.jpeg sobinowa4.jpeg



おいしいとつい食べ過ぎてコマル のごくらく地獄度 (total 2183 vs 2182 )


posted by スキップ at 22:58| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2020年12月06日

我ら役者は影法師 「真夏の夜の夢」


midsummernight'sdream2020.jpg我ら役者は影法師 
皆様方のお目がもし 
お気に召さずばただ夢を 
見たと思ってお許しを 
拙い芝居ではありますが 
夢に過ぎないものですが 
皆様方が大目に見 
お咎めなくば身の励み・・・

ラスト 聞き慣れたパックの口上を役者さんたちが一節ずつ語り、横一列になって手をつないでゆっくりと舞台奥から前方に出てきた時、ぶわっと涙があふれました。
自分でも不思議な感情。
本当に、一夜の夢のような ナマの舞台が私は大好きで、今年はこんな状況になってたくさんの公演が中止になったり観に行けなかったりして、それは仕方のないことと納得していたつもりだったけれど、自分でも気づいていない悲しみの澱のようなものが心の奥底に沈んでいて、そこにパックの言葉がしみ入ったのだと思います。
最前列でしたので、涙をぬぐいぬぐい拍手する私をキャストの皆さまが珍しいものを見るようにご覧になってた気が・・・(^^ゞ


「真夏の夜の夢」
原作: ウィリアム・シェイクスピア  小田島雄志訳「夏の夜の夢」より
潤色: 野田秀樹
演出: シルヴィウ・プルカレーテ
舞台美術・照明・衣裳: ドラゴッシュ・ブハジャール
音楽: ヴァシル・シリー   映像: アンドラシュ・ランチ
出演: 鈴木杏  北乃きい  加治将樹  矢崎広  今井朋彦  加藤諒  
長谷川朝晴  山中崇  河内大和 土屋佑壱  浜田学  茂手木桜子  
八木光太郎  吉田朋弘  阿南健治  朝倉伸二  手塚とおる  壤晴彦 

2020年11月21日(土) 1:00pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
1階C列(最前列)下手  (上演時間: 2時間)



シェイクスピアの「真夏の夜の夢」は、「目を覚まして最初に見たものに恋してしまう」という恋の媚薬を妖精パックが間違えて塗ってしまったことから巻き起こる2組の若い男女と妖精の王・女王の恋のドタバタを描いたファンタジーコメディですが、今回上演されたのは野田秀樹さん潤色版。
物語の舞台は創業130年の割烹料理屋「ハナキン」。
ハーミアはその料亭の娘ときたまご(北乃きい)、恋人のライサンダーは板前ライ(矢崎広)、許婚のデミトリアスは板前デミ(加治将樹)、デミトリアスに恋するヘレナはそぼろ(鈴木杏)、アーデンの森は富士山の麓の「知られざる森」となって、彩り豊かで重層的な物語が展開します。

野田秀樹さんの「真夏の夜の夢」といえば、大竹しのぶさんのそぼろ、毬谷友子さんのときたまご、デミとライは唐沢寿明さんと堤真一さんという超豪華キャストだったなぁと思い返して調べたら1992年。おぅ、28年も前だったのかと驚愕(もちろんこのブログ始めるはるか前)。

野田版の最大の特徴は、「ファウスト」の悪魔メフィストフェレス(今井朋彦)が登場してパック(手塚とおる)に取って替わること。しかも明確な“悪意”を持って。


続きがあります
posted by スキップ at 23:32| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2020年12月03日

星組ぃ~ パッショーーン! 星組 「Ray -星の光線-」


ray2.jpeg光、光線、熱線を意味する“Ray”、そして礼真琴の礼でもあり“麗”がテーマでもあるショー。
今年2月から宝塚大劇場で礼真琴さん、舞空瞳さんトップお披露目公演として「眩耀の谷」とともに上演されましたが、東京公演は中止期間を経て7月31日に開幕、9月20日に千秋楽を迎えました。
それから2ヵ月後にこの公演がスタート。今年ほぼ1年「Ray」をやっていた訳で、礼真琴さんが千秋楽のご挨拶でおっしゃっていたように「Rayはずっと私たちとともに走り抜けてくれました」という公演となりました。

全国ツアー仕様で人数が少なくなり、場面の変更もあってリバイスされましたが、相変わらずスピーディで全員踊りまくり。
歌にダンスにひと際輝きを放つ“ショースター 礼真琴”を堪能できる、見応えある楽しいショーとなっていました、


宝塚歌劇 星組公演
Show Stars 「Ray -星の光線-」
作・演出: 中村一徳
作曲・編曲: 竹内一宏  甲斐正人  青木朝子  竹内聡
振付: 御織ゆみ乃  平澤智  KAZUMI-BOY  Bryant Baldwin  西川卓  珠洲春希



出演者、観劇日は「エル・アルコン-鷹-」と同じ(こちら
今年2月に観た感想はこちら



☆プロローグ
向こうを向いてる舞空さんを礼真琴さんが強引に抱き寄せる、という振りがありましたが、ここ、大劇場では瀬央ゆりあだった役まわりが綺城ひか理さんになっていました。綺城さんが舞空さんに話しかけて2人で笑い合っていると、ことちゃんが「お前は俺の女だゼ」みたいに自分の方に抱き寄せる、という一瞬のシーン。ことちゃんの漢度が増してさらに男っぽく強引でカッコよくなっていました。

側転は天飛華音さんと御剣海さん。そして3連続側転してラストは片手でキメる紫りらさん。

この後の礼真琴さん・舞空瞳さん2人が残ってのデュエット → 礼真琴さんソロに変更
新曲 「星のメッセージ」
明るいポップロック調の曲ですが
  会えない夜が続き 涙流したけど
  これからはそばにいるよ 離しはしない
という歌詞に、ここに至るまでの状況を思って胸熱。
からの、♪アイ シテル 君の許へ 星の光で綴る 愛のメッセージ
なんてステキな歌詞をあのイケボで聴ける耳が幸せ。


続きがあります
posted by スキップ at 23:54| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2020年12月01日

海へ還った鷹 星組 「エル・アルコン-鷹-」


elhalcon.jpg2007年に安蘭けいさん主演の星組で上演された「エル・アルコン-鷹-」
悪役フェチの不肖スキップ、ダークヒーロー ティリアン・パーシモンが大好物でして、それをこれまた大好きな礼真琴さんが演じるとあっては見逃す訳には参りません・・・とチケ取りに精を出した結果、11月20日初日から11月28日千秋楽まで8日間13公演中、ライブ配信含めて5日間5公演観るという次第に・・・観なかった日が3日だけってどーなん?(笑)


宝塚歌劇 星組公演
グランステージ 「エル・アルコン-鷹-」
~青池保子原作「エル・アルコン-鷹-」「七つの海七つの空」より~
原作:青池保子
脚本・演出: 齋藤吉正
作曲・編曲: 寺嶋民哉  青木朝子
振付: 御織ゆみ乃  若央りさ  百花沙里  
殺陣: 清家三彦
出演: 礼 真琴  舞空 瞳  愛月ひかる  白妙なつ  音波みのり  大輝真琴  
輝咲玲央  夢妃杏瑠  ひろ香祐  紫 り  音咲いつき  綺城ひか理  有沙瞳  
天華えま  桜庭舞  二條華  天飛華音  咲城けい  水乃ゆり/万里柚美 ほか

2020年11月20日(金) 3:00pm 梅田芸術劇場メインホール 1階8列センター/
11月23日(月) 4:30pm 2階4列上手/11月26日(木) 1:00pm 2階1列下手/
11月27日(金) 11:30pm 1階9列下手/11月28日(土) 1:00pm ライブ配信視聴
(上演時間: 1時間35分)

  

予習のつもりで観た2007年版DVDの感想はこちら
(天華えまさんエドウィンだけ配役予想当たってる)


物語の舞台は強大な勢力を誇るスペインに対してイギリス、フランスが覇権を争う熾烈な戦いを繰り広げていた16世紀後半のヨーロッパ。
イギリス海軍中佐ティリアン・パーシモン(礼真琴)は、いつの日かスペインの無敵艦隊を率いて世界の七つの海を制覇するという野望を抱き、イギリス海軍で名声を高める一方、スペイン側と通じ夢の実現に向け次々と策を練っていました。一方、ティリアンに陥れられ死刑となった大商人グレゴリーの息子ルミナス・レッド・ベネディクト(愛月ひかる)は父の復讐のため海賊となってティリアンを追います。また、ティリアンは、フランス貴族の称号を持つ女海賊ギルダ・ラバンヌ(舞空瞳)と激しい攻防を繰り広げながら、愛と憎しみの狭間で2人の想いは複雑に絡み合います・・・。


率直なところ、脚本・演出はあまりうまくできているとは思えない、というのは初演を観た時と同様。
長編漫画のダイジェストのようになっていて、ティリアンやレッドの心の声という名の説明台詞がやたら多くて若干興覚め。
映像使っている割には幕前が多くて、「ヨシマサ、しっかりしてくれよ」と思いましたが、思えば齋藤吉正先生、これが大劇場演出デビューだったのでしたね
出演者が35人と通常公演の半分程度の上に、盆や大セリも使わない演出は迫力にも欠けますが、これは“全ツ仕様”だから仕方のないことでした。


が、それを補って余りある礼真琴ティリアンの魅力炸裂。

まず、開演アナウンスの超低音ヴォイスにヤラレます。
初日に第一声聴いた時、「ティリアンやん!」と思いました。


続きがあります
posted by スキップ at 22:51| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする