2020年11月21日

祝10周年 「妄想歌舞伎」


mosokabuki2020.jpg

松本幸四郎さんが毎年楽しそうにやっていらっしゃる妄想歌舞伎。
本当は去年が10周年のはずでしたが台風で中止になったため、11回目の今年が10th Anniversaryとなりました。
とはいえこの状況下、ありがたいことに配信で拝見しました。

妄想歌舞伎は日曜日の夜開催ということが多く、なかなかこれだけのために状況という訳にもいかず、私が過去にたまたまタイミングよくナマで観ることができたのは1回だけ。調べたら2012年の第3章でした(こちら)。もう8年も前なのかぁ~。



松本幸四郎&君野倫子 presents
「妄想歌舞伎 11章 〜1回休んだけど10周年〜」

出演: 松本幸四郎  君野倫子(サンフランシスコからZOOM参加)
司会: テリー植田
2020年11月7日(土) 7:30pm 東京カルチャーカルチャー
(11月19日 配信アーカイブ視聴/配信時間: 2時間10分)



10周年ということで、まずは第1回目に登場したいろいろな扮装をした8人の幸四郎さんのコマ割りの写真が映し出されました。
長髪だったり女装もあったり・・・今より少しスマートな幸四郎さん、どんな拵えでも素敵だな(贔屓目)。
「10回全部来てる人」とテリーさんが会場に振ると何人も手が挙がったらしく「おお~」という雰囲気の中、
「10歳年とったということですよね」とその人たちに対してぼそっとつぶやく幸四郎さんw

今年は2025年大阪万博のアンバサダーに就任ということで名刺もつくっていただいたけれど使うところがない。今日だ!ということで来場者に配られた模様。いいな、それ私もほしいです。

「この10年で一番印象に残ったことは?」と質問された君野倫子さんは「歌舞伎 on Ice」とおっしゃっていました。
「あの後、実現されましたし」と。ほんと、歌舞伎フェイスパックもそうですが、とてつもない妄想と思っても実現しちゃう幸四郎さんの凄さよ。


これまでの10年

妄想歌舞伎の10年を振り返るのかと思いきや、10年間の舞台を1年1作ずつ振り返るものでした。
幸四郎さんがリストアップされた作品は

2010年 「染模様恩愛御書」 (日生劇場版/初演は2006年 松竹座)
2011年 「江戸宵闇妖鉤爪」(松竹座版/初演は2008年 国立劇場)
2012年 「大當り伏見の富くじ」
2014年 「陰陽師」
2015年 「伊達の十役」
     ラスベガス Kabuki Spectacle 「Koi-Tsukami」
2016年  歌舞伎NEXT 「阿弖流為」
     ラスベガス Kabuki Spectacle 「KABUKI LION」 獅子王
2017年 「東海道中膝栗毛」
     「氷艶 HYOEN 2017 -破沙羅-」
2019年  三谷かぶき 「月光露針路日本 風雲児たち」
     蝙蝠の安さん
2020年 「幸希芝居遊」


続きがあります
posted by スキップ at 22:58| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする