2020年11月10日

真っ白な闇 「見えない/見える」ことについての考察


mienaimieru.jpg2017年に東京藝術大学 球形ホールで4公演だけ上演された森山未來くんの朗読パフォーマンス。
7都市、38公演の全国ツアーとして再演です。
初演の時、観たいけれど無理~💦とあきらめていた作品を観られる奇跡に感謝。


「見えない/見える」ことについての考察
演出・振付・出演: 森山未來
キュレーション: 長谷川祐子
テキスト: ジョゼ・サラマーゴ 「白の闇」  
      モーリス・ブランショ「白日の狂気」
共同振付: 大宮大奨  照明: 藤本隆行  音響: 中原楽
映像: 粟津一郎  舞台監督: 尾崎聡

2020年10月30日(金) 4:00pm フェニーチェ堺 大スタジオ 2列センター(全席自由席)
(上演時間: 1時間20分/休憩 15分)



公演内容について私の言葉で表現するのはとても難しく、以下は公式サイトからの引用。

私たちが本当に見ているものは何なのか。この問いの答えを見つけるとき、選び取ることの大切さに気づくことができるでしょう。パフォーマンス《見えない / 見える ことについての考察》は声と残像、そして森山未來の身体を通して私たちに語りかけてきます。
《見えない / 見える ことについての考察》はノーベル文学賞作家ジョセフ・サラマーゴの『白の闇』という小説から着想を得たテキストのリーディングを中心としたパフォーマンスです。ある日人々が突然視力を失う、それはいわゆる「黒い闇」ではなく、ミルクのように圧倒的な白い闇なのです。人々はパニックに陥り、弱者と強者の立場が入れ替わるなどの混乱がおきます。最後は視力を取り戻すものの、この体験を通して彼らは、見えることと見えないことの境界をリセットし、不確かな現代の中で本当に見なければならないものについて再考するのです。

この『白の闇』に、モーリス・ブランショ作の『白日の狂気』がメタテキストとして絡まってきます。これは強い光で視覚を失いそうになること、すべてが見えすぎることによってかえって見えなくなることを比喩的に語っています。明滅する光の残像の中に浮かび上がる森山未來の身体と、透徹した声で読まれる2つのテキストの響き合いは、未知のヴィジョンへと観客を誘っていきます。
(初演時概要より引用/キュレーター・長谷川祐子)

そして2020年、当たり前の日常を失い、新しい生活を築くこととなった我々に「本当に見ること」について問いかけます。



mienaimieru2.jpg.jpeg

入場時に配られたイヤホンガイド。


mienaimieru4.jpg.jpeg

会場入口のサイネージ。
ポスターと同じなのですが、少し雰囲気違いますね。


続きがあります
posted by スキップ at 23:08| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする