2020年11月07日

Wウィルキンソン先生トーク @ビリー・エリオット


wilkinsontalk.jpg

10月30日に大阪公演初日を迎えた「ビリー・エリオット」ですが、このイベントが発表されたのは10月29日。
多分チケット売れ行が芳しくない公演のテコ入れのためだと思われますが、「とうこさんとちえちゃんのトーク!!」と前のめりになったものの、この日はドラマシティで「おかしな二人」観劇予定。
「無理~」と一旦はあきらめたものの、11月1日にビリー観劇していて、やっぱり同じ建物の上と下にいてお二人の貴重なトーク聴けないなんて切ない・・・と思い直し、「おかしな二人」の方が開演時間30分早いこともあって、うまくいけば二幕途中から観られるじゃんと一番お安いB席買ってはしごしましたが何か?


「ビリー・エリオット」 大阪公演来場者5万人突破記念
「ウィルキンソントーク ディスタンスVer.」
登壇者: 安蘭けい  柚希礼音
司会: 松井愛(MBSアナウンサー)
2020年11月6日(金) 16:35-16:55 梅田芸術劇場メインホール 3階2列センター



会場に入るとビリーのオーディション Electricity を歌い踊るシーンでした。
途中から入ったのにすぐに物語世界に惹き込まれて、父ちゃんの「あいつ、俺の息子なんです」に涙ぽろぽろ。
この作品を3階から観るのは初めてで、フィナーレのビリーとバレエガールズ、炭鉱夫たちのタップのフォーメーションの美しさに気づいたり。短い時間ながら楽しめました。
そして、お楽しみのトークショー。


billytred.JPG billytblack.JPG

安蘭けいさんば赤、柚希礼音さんは黒のビリーTシャツで登場。↑これね。
とうこさんは舞台を終えたばかりでメイクもそのまま、ボトムはデニムに紫のスパッツ。
ちえちゃんもデニムに黒のニーハイブーツでした。2人とも超絶スタイルいい!

とうこさん、ちえちゃんの順に下手から登場して、とうこさんはそのまま進んで上手袖に入ろうとして「いやいやいや」とちえちゃんに止められるという出オチです(笑)。


続きがあります
posted by スキップ at 22:20| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2020年11月05日

隠れ家カフェでおむすびランチプレート @café sourire


sourire1.jpeg

人混みは元々苦手なところへ昨今の状況ですので、梅田で舞台観る時も近ごろは時間が許せば肥後橋あたりでランチして梅田までぷらぷら歩く、が my ブーム。
こちらもそんなプレシアターランチで伺ったカフェのひとつ。


café sourire (カフェ スリール)
大阪市西区江戸堀1-16-3


前に Instagram で見かけたおむすびがとてもおいしそうで、ぜひ食べてみたいと思っていたのですが、木・金・土 と週に3日だけの営業で、土曜日はお休みのことも多いというなかなかのハードルの高さ。

地下鉄肥後橋駅から歩いて5分かからないくらいのところにあるのですが、細い路地を入ったところにあって、かなりわかりにくい。
”隠れ家カフェ”ということは皆さんおっしゃっているので知っていましたが、想像以上に隠れていました(笑)。



sourire5.jpeg

こちらがカフェの入口。
え?ここ?!というくらいの小ささです。
個人の住宅の一部をカフェにしていらっしゃる様子で、右にお宅の玄関ドアがあります。


sourire4.jpeg

こじんまりとした店内はホワイトの壁にウッディな雑貨やドライフラワー。
私が座ったテーブルは昔なつかしい足踏みミシンを改造したもので、椅子は高校時代のようなスクールチェアでした。



sourire3.jpeg

sourire2.jpeg

sourireのおさら

というランチプレート
どんなふうに握ったらこんなにふんわり、でも型くずれなく握れのだろうというおむすび
メインのハンバーグと7種類の副菜 どれも丁寧につくられていてとてもおいしい。
大きめのおにぎり2個多いかな、と思いましたがあっさり完食です。

マダムがお一人でやっていらっしゃるこちらのカフェ。
おいしいスイーツも評判で、次はぜひおやつの時間い伺いたいな。



おいしいお気に入りのお店ばかり増えてコマル のごくらく地獄度 (total 2173 vs 2171 )



posted by スキップ at 23:10| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2020年11月04日

ハロウィンプレート @マメムギ


halloweenplate1.jpeg

ハロウィンはすでに終わってしまいましたが、時節柄、今年は例年より大騒ぎが少なかった印象・・・私が街に出ていないから気づかないだけ?
ハロウィンにもクリスマスにも特に思い入れはありませんが、大阪の南の方や奈良に住んでいる友人が私の地元に来てくれるタイミングがありまして、私のお気に入りのカフェ マメムギにご案内しました。


Cafe マメムギ
大阪市住吉区帝塚山中1-3-2
tel: 090-8128-1010


カフェは一人利用がデフォの私にしては珍しく3人なのでテーブルがにぎやか。


halloweenplate2.jpeg

今年のハロウィンプレート(左上から時計回りに)
  かぼちゃのモンブラン(中にぶどう入ってました)
  カヌレ
  プリン
  ティラミスタルト  
  おばけクッキー

どれもキュートでおいしい。
マメムギさんのティラミスタルト大好物なのでうれしい♪
久しぶりに会う友人たちともお話がはずんで、楽しいひとときを過ごしました。



genji1023.jpeg

これに先立って、奈良の友人が行ってみたかったという Genji で Genji弁当のランチ。
こちらもおいしくいただきました。



楽しくおいしかったけれど、控えめに言っても食べ過ぎでしょう の地獄度 (total 2172 vs 2170 )



posted by スキップ at 21:00| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2020年11月03日

もしもこの世界が劇場なら 月組 「ピガール狂騒曲」


pigalle01.jpeg

シェイクスピア喜劇の最高傑作と言われる「十二夜」の世界を、ベル・エポック(輝かしき時代)と謳われた古き良き時代のパリ・ピガールに置き換え、ミュージック・ホール ムーラン・ルージュを舞台に、その創設者で支配人の シャルル・ジドレール、作家のウィリー、画家のロートレックなど実在の人物をからませ、華やかなレビューシーンも織り交ぜて描いた明るく楽しい祝祭劇。

これ、何回でも観たくなるやつです。


宝塚歌劇 月組公演 
ミュージカル 「ピガール狂騒曲」 ~シェイクスピア原作「十二夜」より~
作・演出: 原田諒
作曲・編曲: 玉麻良一
振付: 羽山紀代美  麻咲梨乃  AYAKO  百花沙里  
装置: 松井るみ   衣装: 有村淳


出演(松本悠里さん以外)、観劇日時は「WELCOME TO TAKARAZUKA」と同じ (こちら
千秋楽ライブ中継レポはこちら
 

1900年 万国博覧会が開催された年のパリ。モンマルトルの丘の麓の歓楽街ピガールが物語の舞台。
母を亡くしたジャンヌ(珠城りょう)が借金取りのギャング一味から逃れるため髪を切り男装してジャックと名乗り、ミュージック・ホール ムーラン・ルージュに仕事を探しに来ます。支配人のシャルル(月城かなと)は経営不振を打開するため新作レビューを打ち、人気作家ウィリー(鳳月杏)の妻ガブリエル(美園さくら)を主役に据えようと考えており、ジャックにガブリエルの出演承諾を得ることができたら秘書として雇うと告げます。ウィリーのゴーストライターに嫌気がさし離婚を申し出たガブリエルは交渉に来たジャックにひと目ぼれし・・・。


ジャンヌが男装して女性であることを隠してムーラン・ルージュで働く
ジャンヌには瓜二つの兄がいる(双子ではなくて腹違いだけど)
という2点が「十二夜」からのプロットですが、思った以上に「ちゃんと十二夜」でした。
そして、主役とはいえこの男装する女性=ヒロインに、現在の5組トップの中でも最も男らしくてたくましい珠城りょうさんをもってくるというのが何と言ってもすごい(笑)。

♪もしもこの世界が劇場なら 人は誰もが道化役者 
という主題歌の歌詞が「この世は舞台 男も女も役者にすぎない」というシェイクスピアの言葉を思い起させます。シャルルが「恋はまことに影法師、いくら追っても逃げて行く・・・」とシェイクスピアの言葉を引用したりもして、原田先生のシェイクスピアへのリスペクトを感じます。

ムーラン・ルージュの主であるシャルルを通じて、舞台への愛を込めているところもとても好き。
バックステージものにもなっていて、華やかなレビューシーンはもとより、レッスン風景や化粧前なども描かれ、舞台好きの心をくすぐります。
レビューの場面で、舞台奥が鏡になって客席の私たちが映し出される演出は蜷川幸雄さんのシェイクスピア劇を思い出しました。

ジャンヌと兄のヴィクトールを演じ分けた珠城さんはもちろん、シャルル、ウィリー、ロートレックという3人のイケおじをはじめ、個性豊かで芝居巧者の月組の面々がイキイキと物語の中を闊歩して、やりすぎず程よく散りばめられるアドリブはとても楽しく、キャッチーな楽曲、センスよい衣装、素敵な舞台装置、そして多幸感に満ちたハッピーエンディングと何回観ても楽しくて幸せな気分になる舞台。
つまり、私はこの作品が大好き、ということです。 
唯一惜しむらくは、ガブリエル以外に娘役にこれといった役がないことかなぁ。


続きがあります
posted by スキップ at 22:35| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2020年11月01日

宝塚は揺らぎません 月組 「ピガール狂騒曲」 千秋楽ライブ中継


pigallelv.jpg

「ピガール狂騒曲」の感想を書いていたらやっぱり千秋楽ライブ中継も観たくなりまして、元々他の観劇とかぶっていたためあきらめてチケットも取っていなかったのですが、あれこれ頭をひねって調整して、ピガールの方だけ劇場から一番近い映画館で観ることにしました。いや、当日なのにチケット取れてほんとよかったよ (2列目だったけど💦)。

そして本編もさることながら、終演後の珠城りょうさんのご挨拶がすばらしかったので、まずはこちらのレポから。


宝塚歌劇 月組公演
ミュージカル 「ピガール狂騒曲」 千秋楽 ライブ中継
2020年11月1日(日) 2:20pm TOHOシネマズ梅田 スクリーン8
(上映時間: 2時間10分)



お芝居のアドリブ千秋楽スペシャルで私が気づいたところは以下のとおり

・ミス(天紫珠李)がいつもは「ガオ~」なのに「ガルルルル~」と激しかった → ジャックちょっととまどってた
・レッスンの場面 ヴァネッサ(夏月都)が箒を手にピケターンみたいにくるくる回転しながらミシェルの周りを回っていて、ミシェルが「あなたたちの誰より一番高度なことしたわよ」と褒められていた
・フローレンス(紫門ゆりや)に採寸されるジャック 「はなせ!はなしたまえ!はなすのだ!眼鏡のきみ!」って言ってた
・シャルル ロングトーンのお願い~の後、ジャックが「しつこいのはキライなんですっ」と1回断っていた
 →シャルル ちょっと「えっ!?」っていう感じになってて可愛かった
・シャルル ミシェルに「できるまでずっとライブビューイングで観てるからな」って言ってた
・マルセル(輝月ゆうま)のチケットネタ 「本日は満席です」とエドモンに言われて「チーッ!お前たち、映画館にいくぞォ~」ですって
・ウィリーとロートレックの墓場ネタ 「11月20日に決着をつけよう」「のぞむところだ」に、「そんなに先延ばしにするんですね」と冷静にツッコむジャック(11月20日は東京公演初日)。
・ウィリー 橋を渡ってはけながら「あいつ女だったのか!だからあんなに可愛いのか!」←


続きがあります
posted by スキップ at 23:39| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする