2020年11月17日

大阪に文楽が帰ってきた 錦秋文楽公演 第1部


kinshubunraku2.jpg国立文楽劇場 公演再開第1作。
最前列と床前のブロックの9列目まで空席、センターブロック前方席は2席おき、他のブロックは1席おきという万全の体制をとっての上演です。ロビーも客席もとても静か。

少し早く劇場に着きましたので、開演前の三番叟からありがたく拝見しました。


令和2年度(第75回)文化庁芸術祭主催
錦秋文楽公演 第1部 
「源平布引滝」

  矢橋の段/竹生島遊覧の段/
  九郎助住家の段
義太夫
矢橋の段: 豊竹亘太夫・野澤錦吾
竹生島遊覧の段: 実盛 竹本津國太夫  小まん 竹本南都太夫
         左衛門 竹本文字栄太夫 塩見忠太 竹本碩太夫  
         平宗盛 竹本咲寿太夫/竹澤團吾
九郎助住家の段: 中 豊竹小住太夫・鶴澤寛太郎
         次 豊竹靖太夫・野澤錦糸
         前 豊竹呂太夫・鶴澤清介
         奥 竹本錣太夫・竹澤宗助
人形配役
小まん 吉田勘彌  塩見忠太 桐竹亀次  宗盛公 桐竹紋秀  
飛騨左衛門 吉田文哉  斎藤実盛 吉田玉男  船頭 吉田玉峻  
九郎助女房 吉田簑一郎  葵御前 吉田清五郎 倅太郎吉 桐竹勘次郎
百姓九郎助 吉田文司  瀬尾十郎 吉田玉也 ほか

2020年11月16日(月) 10;30am 国立文楽劇場 3列下手
(上演時間: 2時間18分/休憩 15分)



「源平布引滝」の「義賢最期」をとばして、義賢から「源氏の白旗」を託された小まんが琵琶湖へと逃れ、平家方の船に救い上げられたものの斎藤実盛の白旗ごと腕を斬られて絶命。小まんの父 九郎助の住居に匿われている義賢の妻 葵御前の詮議に実盛と瀬尾十郎が現れて・・・という歌舞伎でいうところの「実盛物語」の部分までが描かれています。


「義賢最期」や「実盛物語」は歌舞伎の見取りで何度か観たことがありますが、「矢橋の段」「竹生島遊覧の段」は歌舞伎、文楽を通して多分初めて観ました。

おもしろかったです。
義賢に託された白旗を何としても守ろうとする小まんの心意気に泣けてきます。
「実盛物語」で、斬られた腕と亡骸を繋ぎ合わせると小まんが一瞬息を吹き返すのも、この二つの段を観ているとさもありなんという感じ。
小まんは肝の据わった女性で、腕っぷしも強く、追手の塩見忠太の手下たちをバンバン背負い投げする豪快さですが、如何せん多勢に無勢。琵琶湖に飛び込んだものの泳ぐのに疲れ果てて「もはやこれまでか」と言うところは切ない。
運よく宗盛の御座船に助けられたのはよいけれど、実盛から「これは平家の船」と聞かされて、お礼を言いながらも「まずいっ」という表情になる・・・ように見える・・・ところに目を見張りました。お人形なので表情は変わらないはずなのにそう見えるのは人形遣い(吉田勘彌)さん‘の細かい動きのなせるワザ。ほんと、すごいなぁ。


続きがあります
posted by スキップ at 23:09| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2020年11月16日

大地真央☆花總まり初共演  「おかしな二人」


okashinafutari2020.JPGニール・サイモンの代表作の一つ「おかしな二人」。
1965年にブロードウェイで演され、1985年には女性バージョンも発表されました。
日本でも数々上演されている作品で、宝塚歌劇版(2011年 轟悠さん主演)をはじめこれまで何度も観ていますが、大地真央さんと花總まりさん初共演ということでこれは観てみたい!となりました。

時代も組も違いますが、男役、娘役のトップスターとしてともに活躍したお二人。
月組「ピガール狂騒曲」」でクリーンヒットを放った宝塚歌劇団の原田諒先生が演出、衣装も宝塚の有村淳先生、本編終了後には歌とダンスのフィナーレつき、と“宝塚み”ある舞台となりました。


「おかしな二人」
作: ニール・サイモン
潤色・演出: 原田諒(宝塚歌劇団)
翻訳: 伊藤美代子
美術: 松井るみ   
音楽: 玉麻尚一  衣装: 有村淳(宝塚歌劇団)
出演: 大地真央  花總まり  シルビア・グラブ  宮地雅子  
平田敦子  山崎静代  渡辺大輔  芋洗坂係長

2020年11月6日(金) 1:00pm シアター・ドラマシティ 6列下手
(上演時間: 2時間50分/休憩 30分)



物語の舞台は1970年代のニューヨーク・マンハッタンにあるオリーブ(大地真央)のアパート。離婚して一人暮らしのオリーブは不精な性格で部屋は荒れ放題に散らかっていますが、女友達が毎日のように集まっては、ゲームやおしゃべりで盛り上がっています。そこへ、夫から急に離婚を切り出されたフローレンス(花總まり)がやって来ます。オリーブは行くあてもなく傷心のフローレンスに人生を変えてみたらと自分の部屋に住むことを提案、二人の同居生活が始まりますが、フローレンスは潔癖症できれい好き、正反対の性格の二人は衝突を繰り返し・・・。


マンハッタンの夜景が見えるアパートの一室は脱ぎ散らかされた衣服や片付けられない本、新聞などであふれ返っていますが、ポップでカラフルで何だか楽しそう。これを見ただけで、この部屋の主オリーブが「とてもすぼら」だけど「細かいことは気にせず」「楽しく生きている」ことがわかります。


続きがあります
posted by スキップ at 23:22| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2020年11月13日

フルーツガーデンアフタヌーンティ @シェラトン都ホテル大阪


fruitgarden1.jpeg

大阪で人気の果実店 山口果物 さんとシェラトン都ホテル大阪のコラボレーションアフタヌーンティ。

使用されているフルーツはすべて山口果物が仕入れるもので、11月1日~30日 数量限定で提供
という情報を見つけた時(10月半ばごろ)、すぐに「行きたーい」と思ったのですがすでに週末は満席。
平日に予約取れて、まだそのころは後日日程変更する余裕もあったのですが、10月末には全日程完売したそうです(こちら)。


レストラン&ラウンジ eu
シェラトン都ホテル大阪
大阪市天王寺区上本町6-1-55
tel: 06-6773-1111



fruitgarden2.jpeg

まずはフルーツアンサンブル with ミニフレンチトースト
本日のフルーツ食べ比べということで 柿・葡萄・林檎
左: 紀の川柿(和歌山) シャインマスカット(山梨) ローズパール(岩手)
右: 太秋柿(福岡)   ナガノパープル(長野)   名月(長野)

どれも瑞々しい旬のフルーツでとてもおいしい。
柿も品種によってこんなに味が違うのかと感動でした。
チラリと見える左端の容器は柿のペースト。これもおいしかったです。

  

fruitgarden3.jpeg

スタンドは

1段目: 完熟柿ミルクプリン・フルーツゼリー・みかんボート・ビッグベリーマカロン
2段目: 3色の贅沢フルーツタルト(赤・白・緑から2カット)・洋梨のティラミス
3段目: ルビーグレープフルーツと海老のパスタ・パテ・ド・カンパーニュ オレンジ添え・
     アボカドとスモークサーモンのサンドウィッチ

ドリンク: たっぷり果実の生フルーツティー


fruitgarden5.jpeg

2段目のフルーツタルトは、赤:いちじく・イチゴ・ブルーベリー  
白: 洋梨・柿・和梨  緑:シャインマスカット・キウイ
の中から2つ選べるというもので、ちょっと迷って赤と緑を選んだのですが、この2つはクリームチーズベースで白はアーモンドベースでしたので、こちらも食べてみたかったなと少し後悔(食い意地(^^ゞ) でも赤のいちじく、めちゃウマでした。

パスタやパテ・ド・カンパーニュといったセイボリーにもフルーツが入っているのも新鮮でおいしかったです。
ほぼフルーツなのでいくらでも食べられちゃう。
果実香るフルーツティーもおいしくて、つい食べすぎ、飲みすぎてしまいました。


fruitgarden4.jpeg



山口果物さんの果物いっぱいのフレンチトーストもまた食べたくなってきちゃった のごくらく地獄度 (total 2176 vs 2176 )

posted by スキップ at 20:00| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2020年11月12日

堺ちょっぴりウォーク


sennorikyu1.jpeg

ランチとデザートでおなかいっぱいになった後は少しお散歩。
・・・といっても、フェニーチェ堺まで行く道すがらという感じですが。

まずは宿院まで戻って、千利休屋敷跡へ。
宿院駅のすぐそば、さかい利晶の杜の向かいにあります。
(利晶は千休と与謝野子)


sennorikyu2.jpeg

ビルの間にあって、この場所だけぽっかり時空の穴が開いたよう。
何年か前に来た時は柵があって中に入れなかったのですが、ずいぶん整備されて、ボランティアのガイドさんもいらっしゃいました。


sennorikyu3.jpeg sennorikyu4.jpeg

椿の炭を底に沈めたという椿の井戸もすぐそばまで寄って見ることができます。



それからフェニックス通りをテクテク歩いて堺東方面へ。
フェニーチェ堺の場所を確認して、まだ時間があったので堺市役所展望ロビーに行ってみました。

9月に仁徳天皇陵拝所に伺った際に全体像(つまり前方後円墳の姿ね)も見てみたいと思っていて、堺で一番高い?堺市役所21階の展望ロビーからは見えると聞いていたからです。





nintoku1.jpeg

これですよ。

全然前方後円墳のカタチ見えないじゃん!


nintoku2.jpeg.jpg

多分こういうポジションだと思うのですが、どんなに背伸びしても窓に張り付いても私には前方後円墳は見えませんでした💦



やっぱり全体見渡せるのはヘリクルーズしかないのかな の地獄度 (total 2175 vs 2175 )


posted by スキップ at 23:30| Comment(0) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする

2020年11月11日

エッグチーズバーガー & 氷くるみ餅 in 堺


blanc1.jpeg

「見えない/見える」ことについての考察 を観に行った日は少し時間があったので、行きは阪堺電車で宿院まで行ってランチ、散歩がてらフェニーチェ堺まで歩いて帰りは堺東から南海電車を利用しました。

宿院でのランチはこちら


BLANC Coffee Stand
大阪府堺市堺区中之町西1-1-7
tel:072-230-4328


宿院駅から阪堺電車道沿いに寺地町駅方面に歩いて3分くらいのところにあります。
おしゃれな佇まいのカフェ。
店内もおしゃれながら、清潔感があって明るい雰囲気です。
女性お二人でやってらっしゃいました。


blanc3.jpeg blanc2.jpeg

いただいたのはエッグチーズバーガーとカプチーノ(冒頭の画像)。

炭火焼きパティは牛肩ロース100%だそうです。
ジューシーでかなり「お肉」という味わいでした。
バンズは堺で有名な「世界パン」のものだとか。
見た目もかわいい付け合わせのピクルスがとってもおいしかったです。



食後のデザートはまたここから5分ほど歩いてこちらへ

kanbukuro1.jpeg

かん袋
大阪府堺市堺区新在家町東1-2-1
tel:072-233-1218


かん袋さんに伺うのは多分30年ぶりくらいなのですが、全く変わっていなかったです。


kanbukuro3.jpeg

注文してお金を払ってこの番号札を渡されて席で待ちます。
いただいたのはもちろん


kanbukuro2.jpeg kanbukuro4.jpeg

氷くるみ餅 
かき氷の中にくるみ餅が入っています。
シングルで5個入り。ダブルは10個。
自重してシングルにしたのですが、ダブルでもイケそうでした。
本当に久しぶりだったのですが、「あー、これこれ!」とおいしくいただきました。



あれもこれもおいしくて常に食べ過ぎ の地獄度 (total 2175 vs 2174 )

posted by スキップ at 22:00| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2020年11月10日

真っ白な闇 「見えない/見える」ことについての考察


mienaimieru.jpg2017年に東京藝術大学 球形ホールで4公演だけ上演された森山未來くんの朗読パフォーマンス。
7都市、38公演の全国ツアーとして再演です。
初演の時、観たいけれど無理~💦とあきらめていた作品を観られる奇跡に感謝。


「見えない/見える」ことについての考察
演出・振付・出演: 森山未來
キュレーション: 長谷川祐子
テキスト: ジョゼ・サラマーゴ 「白の闇」  
      モーリス・ブランショ「白日の狂気」
共同振付: 大宮大奨  照明: 藤本隆行  音響: 中原楽
映像: 粟津一郎  舞台監督: 尾崎聡

2020年10月30日(金) 4:00pm フェニーチェ堺 大スタジオ 2列センター(全席自由席)
(上演時間: 1時間20分/休憩 15分)



公演内容について私の言葉で表現するのはとても難しく、以下は公式サイトからの引用。

私たちが本当に見ているものは何なのか。この問いの答えを見つけるとき、選び取ることの大切さに気づくことができるでしょう。パフォーマンス《見えない / 見える ことについての考察》は声と残像、そして森山未來の身体を通して私たちに語りかけてきます。
《見えない / 見える ことについての考察》はノーベル文学賞作家ジョセフ・サラマーゴの『白の闇』という小説から着想を得たテキストのリーディングを中心としたパフォーマンスです。ある日人々が突然視力を失う、それはいわゆる「黒い闇」ではなく、ミルクのように圧倒的な白い闇なのです。人々はパニックに陥り、弱者と強者の立場が入れ替わるなどの混乱がおきます。最後は視力を取り戻すものの、この体験を通して彼らは、見えることと見えないことの境界をリセットし、不確かな現代の中で本当に見なければならないものについて再考するのです。

この『白の闇』に、モーリス・ブランショ作の『白日の狂気』がメタテキストとして絡まってきます。これは強い光で視覚を失いそうになること、すべてが見えすぎることによってかえって見えなくなることを比喩的に語っています。明滅する光の残像の中に浮かび上がる森山未來の身体と、透徹した声で読まれる2つのテキストの響き合いは、未知のヴィジョンへと観客を誘っていきます。
(初演時概要より引用/キュレーター・長谷川祐子)

そして2020年、当たり前の日常を失い、新しい生活を築くこととなった我々に「本当に見ること」について問いかけます。



mienaimieru2.jpg.jpeg

入場時に配られたイヤホンガイド。


mienaimieru4.jpg.jpeg

会場入口のサイネージ。
ポスターと同じなのですが、少し雰囲気違いますね。


続きがあります
posted by スキップ at 23:08| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする