2020年10月18日

今この時だからこそ、大人のおとぎ話 「ベイジルタウンの女神」


basiltown.jpgケラリーノ・サンドロヴィッチさんが公私にわたってパートナーである女優の緒川たまきさんと立ち上げた新ユニット「ケムリ研究室」。
「記念すべき一作目は賑やかで誰もが楽しめる作品にしたいと考えています」とフライヤーのケラさん。

緒川たまきさんを主演に据えて、豪華キャストが名を連ねますが、「豪華さは別に狙ってない。高田聖子ちゃんはよく知ってるのに舞台を一緒にしたことなかったし、仲村トオルくんとは定期的にやりたいなと思ってた」「舞台に対する真剣さ、真摯さ、舞台という活動を大切にしてくれる人だけを選んだ。大切の仕方は人それぞれだけど。初めての人は嗅覚で選んだことになるかな」と某ラジオ番組で話していらっしゃいました。


ケムリ研究室vol.1
「ベイジルタウンの女神」
作・演出: ケラリーノ・サンドロヴィッチ
振付: 小野寺修二   映像: 上田大樹 
音楽: 鈴木光介   美術: BOKETA   照明: 関口裕二 
出演: 緒川たまき  山内圭哉  菅原永二  尾方宣久  高田聖子  植本純米  
仲村トオル  水野美紀  温水洋一  犬山イヌコ  吉岡里帆  松下洸平  
望月綾乃  大場みなみ  斉藤悠  渡邊絵理  荒悠平  高橋美帆

2020年10月4日(日) 4:00pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
1階I(アイ)列センター  (上演時間: 3時間30分/休憩 15分)



物語: ロイド社の社長マーガレット・ロイド(緒川たまき)は、貧民街ベイジルタウンの再開発のため、その一角の所有者であるソニック社社長タチアナ(高田聖子)と譲渡交渉をします。かつてロイド家の小間使いだったタチアナの出した条件は、「マーガレットが無一文で1ヵ月間ベイジルタウンで暮らすこと」。
婚約者のハットン(山内圭哉)の心配をよそに単身ベイジルタウンに乗り込んだマーガレットは、不愛想ながら人のよい王様(仲村トオル)、しっかり者のハム(水野美紀)兄妹をはじめドクター(温水洋一)、サーカス(犬山イヌコ)などベイジルタウンの人々と出会い、心を通わせていきます・・・。


まるで大人のおとぎ話のよう。
優しくて温かい。そして観終わった後にはとても幸せな気分になって、幸せなのになぜか涙が出てしまうという。


スリリングな冒険、女同士の甘酸っぱい友情の記憶、陰謀、恋も、勧善懲悪も、と盛りだくさん。
そのすべてが流れるように物語の中に組み込まれ、登場人物がイキイキと闊歩する世界は楽しくてかわいくて多幸感に満ちています。


続きがあります
posted by スキップ at 23:31| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする