2020年10月17日

事実は何か 「十二人の怒れる男」


twelveangrymen.JPGアメリカの脚本家レジナルド・ローズが陪審員を務めた実体験をもとに描いたテレビドラマが原作で法廷劇の金字塔とも呼ばれている作品。
ヘンリー・フォンダ主演の映画が有名で、洋画好きの父に連れられて観た記憶がありますが、幼いころであまり理解できず⤵
中井貴一さん主演の蜷川幸雄さん演出版が一番最近観たのかな・・・と調べたら2009年で、「11年も前かい!」と愕然としました。


COCOON PRODUCTION 2020
DISCOVER WORLD THEATRE vol.9
「十二人の怒れる男」
作: レジナルド・ローズ
翻訳: 徐賀世子
演出: リンゼイ・ポズナー
美術・衣裳: ピーター・マッキントッシュ
照明:勝柴次朗   音楽: かみむら周平
出演: ベンガル  堀文明  山崎一  石丸幹二  
少路勇介  梶原善  永山絢斗  堤真一  
青山達三  吉見一豊  三上市朗  溝端淳平(以上 陪審員番号順)  
阿岐之将一

2020年9月24日(木) 6:30pm シアターコクーン 1階 ベンチシートZ1列上手
(上演時間: 2時間5分)



父親殺しの容疑がかけられている十代の少年の裁判で、12人の陪審員が有罪か無罪かを審議し、全員一致の評決に達するまでを描いた物語。法廷に提出された証拠や証言は被告である少年に圧倒的に不利なものばかりでほぼ全員が有罪と考える中、陪審員8番(堤真一)だけが異を唱え、「もし、我々が間違えていたら・・・」と発言したことから議論は熱を帯びてきます・・・。


舞台奥にも客席をつくったセンターステージ。
四方を客席に囲まれた舞台上に大きな長机と十二脚の椅子が置かれた陪審員室。
上手に出入口、下手は手洗所、奥と手間の客席側は窓という設定。 
陪審員が入ってきてから、議論の末評決に至って出ていくまでをこの部屋の中だけで、ほぼリアルタイムに描いています。
リンゼイ・ポズナーさんはコロナ禍のせいで来日できず、リモートで演出されたのだとか。

民主主義と法の公正さを保つためには市民がきちんと考え、司法に参加しなければならないことの重要性を示唆した作品。
終始緊迫した2時間強。
結末を知っていても「次は?」「次はどの証拠を?」と、ひと言も台詞を聞き逃すまいと集中力途切れることなく観ました。


続きがあります
posted by スキップ at 15:39| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする