2020年09月22日

今を生きるための幸せの秘密を届ける物語 「ダディ・ロング・レッグズ」


DLL2020.JPGジャーヴィスとジルーシャ 
井上芳雄さんと坂本真綾さんが2012年からライフワークのように再演を重ねて今回が5演目。
私は2014年の再々演から観ていて今回が3回目です。
こういう状況下ということもあってか、これまでで一番心に染み入りました。


ミュージカル 「ダディ・ロング・レッグズ」 
足ながおじさんより

原作: ジーン・ウェブスター
音楽・編曲・作詞: ポール・ゴードン
編曲: ブラッド・ハーク
翻訳・訳詞: 今井麻緒子
脚本・演出: ジョン・ケアード
出演: 井上芳雄/ジャーヴィス  坂本真綾/ジルーシャ

2020年9月13日(日) 5:00pm シアター・ドラマシティ 7列センター
(上演時間 2時間50分/休憩 30分)



これまでの観劇
2014年
2017年
原作本感想



オープニング
舞台下手から出てきたジルーシャが♪一番年上のみなしご と自分のことを歌いながら上手のトランクに座って、多分客席ほとんどまだジルーシャを観ているころ、奥のほの暗い部屋に静かに入ってきて、入口で帽子を脱いで帽子掛けにかけ、鏡の前に立って髪を整える、というジャーヴィスの登場シーンが大好きなのですが、目の前に変わらぬその光景が広がって、「ああ、ジャーヴィスだぁ」と胸がいっぱいになってウルウルしました。


練り上げられた脚本と緻密な演出、心に響く歌詞と楽曲、表現力豊かな役者さんの演技と歌唱。
本当によくできた作品で、ジルーシャがジャーヴィスにあてた手紙がほとんどなのに、ジルーシャが暮らす寮や、友人たちとの様子や、夏休みを過ごす農園や、ニューヨークの街などが私たちの目の前に鮮やかに広がります。

ジルーシャがロックウィロー(農園)に着いて、そのことをダディに手紙で知らせるシーンで、ジルーシャとジャーヴィスがそれぞれ上手下手の窓を開けると白いカーテンがふわりと揺れてそこから光が射し込み、本当に目の前に農場が広がっているように感じて、またウルウル。
演劇の力、役者さんの表現力って本当にすごいと思いました。ここで泣いたのは3回目で初めてだったなぁ。

もう一つ、これは毎回泣いてしまうシーンなのですが、きちんと膝をついて申し込んだ結婚をジルーシャに断られたジャーヴィス。
“ダディ”宛に送られてきたジルーシャの本当の心を綴った手紙を読んだ後、♪君が何気にくれたもの あげることはできなかった チャリティ 誰が誰を助けている と涙をぽろぽろこぼしながら歌う姿がとても切なくてまた涙。
暗くなった中、デスクの前に座り、ハンカチでそっと涙をふいて、決意してジルーシャに初めての手紙を書くジャーヴィス。
観ていて心が痛かったです。


続きがあります
posted by スキップ at 22:12| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする