2020年09月17日

新たな時代を駆け抜けよう 雪組 「Music Revolution! -New Spirit-」


honoo1.jpg宝塚でショーを観るのは2月27日の星組「Ray」以来。
上演時間55分ですが、体感5分ぐらいでしょうか。
あ~、やっぱりショーは楽しいとなりました。

昨夏、「壬生義士伝」と伴演されたショーですが、New Spirit とタイトルに加えられたとおり、今回の公演用にリバイスされたもの。同じショーなの?と思うくらいいろんな場面が変わっていました。


宝塚歌劇 雪組公演
ネオダイナミック・ショー
「Music Revolution! -New Spirit-」

作・演出: 中村一徳
作曲・編曲: 竹内一宏  甲斐正人  青木朝子  竹内聡
振付: 御織ゆみ乃  平澤智  KAZUMI-BOY  西川卓  珠洲春希

2020年9月2日(水) 4:30pm 梅田芸術劇場メインホール 1階18列センター


出演者は「炎のボレロ」と同じ(こちら


Music Revolution! 革命の歌声で
Music Revolution! まだ見ぬ世界へ
Music Revolution! 新たな時代を
Music Revolution! 駆け抜けよう~

と聞き慣れたテーマ曲と見慣れた衣装で始まるプロローグは大きな変更はなし。
その後は

・革命と独立    → キューバの輝き 
・Jazz Sensation!   → ブエノスアイレス
・Classic World   → そのまま
・Dance Revolution! → 曲変更:カノン → ピアノ協奏曲第一番
・Music is My Life  → New Spirit!

という感じかな。
もちろん場面ごとの出演者は違っていますし、楽曲の変更もありますが。


彩風・朝美・縣 という1 2 3が明確でそれぞれが大劇場の公演時よりポジションアップしたパートを受け持っていました。
そしてちゃんと「彩風咲奈のショー」になっていました。
こうしてみると、新たな時代を 駆け抜けよう~ という歌詞も、彩風さんのプレスタートにぴったりですね。
それとともに、縣千くん奮闘公演かといった趣きも。めちゃがんばってる(というか、がんばらされている)印象。

娘役は彩みちるさんの活躍がより顕著で、潤花さんとツートップという感触。
フィナーレのデュエットダンスも彩風・潤・彩のトリプルダンスでした。
パレードのエトワールで美声を響かせた有栖妃華さんが、クラシックの場面のG線上のアリアのソロ、デュエダンのカゲソロ、ロケットのセンターと活躍が目立ちました。


以下は印象に残った場面メモ


続きがあります
posted by スキップ at 21:46| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする