2020年09月05日

大向うが入る歌舞伎はやっぱりイイ 第6回あべの歌舞伎 「晴の会」


soranokai2020.jpg上方歌舞伎塾第一期生の片岡松十郎さん、片岡千壽さん、片岡千次郎さんが中心となって2015年に始まった「あべの歌舞伎 晴の会」。第1回目からずっと観ていて毎年夏のお楽しみです。
今年はコロナ禍で開催も危ぶまれていましたが、感染症対策を徹底したうえで無事開催。しかも初めての試みとして映像配信もされました。


第六回あべの歌舞伎 「晴の会」
上方落語 「宿屋仇」より
「浮世咄一夜仇討」
(うきよばなしひとよのあだうち)
作:城井十風   改訂:亀屋東斎 
演出: 山村友五郎
監修: 片岡秀太郎
出演: 万事世話九郎:片岡松十郎/紀州屋女中 いさき:片岡千壽/客 源兵衛:片岡千次郎
    片岡當吉郎  片岡りき彌  片岡佑次郎  片岡當史弥  中村翫政  片岡千太郎

2020年8月20日(木) 3:00pm 近鉄アート館 Aブロック4列
(上演時間: 1時間)



今年は三密を考慮して、第一回公演で上演された「浮世咄一夜仇討」のみを上演(初演時は舞踊との二本立て)。城井十風さんの原作に亀屋東斎(千次郎)さんが改訂を加えたバージョンアップ版です。

第一回公演(2015年8月)の感想はこちら


開演時間4分前くらいから口上人形のご挨拶がありました。
「かーったおかせんじろう」「かーったおかせんじゅ」「かーったおかまつじゅうろう」というあの口上人形の役者紹介の名調子、久しぶりに聴きました。
口上人形を操っていらっしゃるのは佑次郎さん(このツイート)のようですが、お声は千次郎さんかな?


幕が開くと梅川 忠兵衛や八右衛門、おえん、お染 久松やらがわらわらと登場して町ですれ違ってははけていきます。
開演前、座席に置いてあったプログラムに、梅川:片岡當吉郎  お染:片岡りき彌・・・と書いてあるのを見て、「そんな人たち前観た時は出てきたかなぁ?」と思っていたのですが、この冒頭の場面だけ、台詞のない顔見世のような出番でした。
今でこそこんなに出演者も増えましたが、第一回目は本当に3人きりだったなぁと思い出して、改めてあべの歌舞伎の発展を感じました。この役者さんたちはこの後はずっと黒衣として舞台を支えてくださっていました
久松に扮した片岡千太郎くんが大きくなっていて、登場した時、客席がどよめきました。もう14歳ですって。そりゃおばちゃん、年取るはずですワ。


続きがあります
posted by スキップ at 23:12| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2020年09月03日

祝公演再開! 花組 「はいからさんが通る」


haikarasan2.jpeg

8月2日 公演当日の朝、中止となって、さらに中止期間の延長もあって、やっと今日、宝塚大劇場花組公演が再開されました。
自分でチケット取っていた日は中止となってしまいましたが、たまたまチケットお願いしていた日が今日で、運よく再開第1回目の公演を観ることができました。お願いした時はまさかこんなことになるとは思ってもみないことでした。


7月24日に観た感想はこちら


銀橋や花道を使わない演出に変更になっていましたが、舞台の皆さまは変わらずキラキラ輝いていて、客席も、7月に観た時以上に熱い拍手でジェンヌさんたちの熱演を讃えていました。

終演後、高翔組長が「8月2日より休演しておりました」とおっしゃるのを聞いて、改めてその休演期間の長さを感じました。
そして、柚香光さんのご挨拶。

感染予防対策へ観客の協力、今日の観劇のお礼を述べた後、
「8月2日から1ヵ月公演を中止させていただきましたが、休演期間中もたくさんの励ましのお手紙をいただきありがとうございました。
 今日から3日間 残る4公演 心して勤めさせていただきます。
 こうしてまたまた舞台に立てて、皆さまとお会いできて、本当にうれしいです。
 本日は本当に、ありがとうございました!」

目に涙をため、涙声になるのを必死でこらえて凛とご挨拶する柚香光さん。
これを泣かずに聴ける人がいるでしょうか。
ワタシを含め、周りの方々もほぼ全員泣いていました。



haikarasan3.jpeg


花組公演再開本当におめでとうございます。
9月5日千穐楽まで、どうか無事に駆け抜けることができますように。
そして、10月10日からの東京公演は、1日だって公演中止なんてことにはなりませんように。



51日間の公演で32日休演って気の毒すぎる・・・トップお披露目なのに の地獄度 (total 2142 vs 2143 )


posted by スキップ at 23:33| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2020年09月01日

若き日二人で夢見た帝国 宙組 「壮麗帝」


soreitei.jpg「この奇跡の時間が皆さまの心に残りますように」
とカーテンコールの桜木みなとさん。

本来は3月28日~4月4日 日本青年館ホール、4月11日~4月19日 シアター・ドラマシティで公演が予定されていて、桜木みなとさん初めての東上主演公演となるはずでした。それが東京公演は全公演中止、大阪もわずか5日間、8公演だけの開催となりました。
それでも、この公演が無事上演されて、客席から観ることができる幸せ。

ナマの舞台を観ることが”奇跡”ではなくなる日常が1日も早く戻って来ますように。


宝塚歌劇 宙組公演
オリエンタル・テイル 「壮麗帝」
作・演出: 樫畑亜依子
作曲・編曲: 手島恭子
振付: 御織ゆみ乃  平澤智   擬闘: 清家三彦
出演: 桜木みなと  遥羽らら  和希そら  花音舞  凛城きら  
秋音光  天彩峰里  鷹翔千空  風色日向/ 悠真倫 ほか

2020年8月15日(土) 12:00pm シアター・ドラマシティ 25列下手
(上演時間: 2時間30分/休憩 25分)



物語の舞台は16世紀初頭のオスマン帝国。
9代皇帝セリム一世の息子スレイマン(桜木みなと)は、奴隷のイブラヒム(和希そら)を気に入り小姓に起用します。ある日二人でお忍びで出掛けた街で、ルテニア(ウクライナ)から奴隷として売られてきた娘アレクサンドラ(遥羽らら)と出会います。スレイマンは美しく才気あふれるアレクサンドラに惹かれ、ヒュッレム(幸福なる喜ばしい者)という名を与え寵愛する中、イブラヒムはスレイマンの右腕的な存在に成長し大宰相となってスレイマンの妹 ハティージェ(天彩峰里)を妻に迎えます。皇帝として目覚ましい活躍を見せる一方で、ハレムの慣習に背いてヒュッレムただ一人を寵愛し、奴隷上がりのイブラヒムを重用するスレイマン。それぞれの存在が、様々な思惑渦巻く宮廷に争いの火種を生み、固い絆で結ばれたスレイマンとイブラヒムの関係にも亀裂を生み・・・。

スレイマンもイブラヒムもヒュッレムも実在の人物。
「オスマントルコ」は世界史の授業で聞き覚えがあったものの詳しいことは知らなかったのですが、勉強になりました。ハレムについても何となく男性が女性に囲まれているイメージはあったものの、ほ~、そういうことだった(日本の大奥的な?)のかと改めて認識できて、ほんと、少女のころに観た「ベルサイユのばら」に始まって、宝塚はワタシの世界史の知識を広げてくれるなぁ。


続きがあります
posted by スキップ at 17:54| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする