2020年09月30日

君は希望 君はノゾミ 雪組 「NOW! ZOOM ME!!」


nowzoomme1.jpg当初4月30日~5月10日 文京シビックホール、5月23日~5月28日 神戸国際会館こくさいホールにて開催が予定されていた望海風斗さんのプレサヨナラ公演となるコンサート。ラミン・カリムルーさん、井上芳雄さんのゲスト出演も発表されていてとても楽しみにしていましたがあえなく中止

5ヵ月を経て、会場もホームグラウンドの宝塚大劇場、東京宝塚劇場に移しての開催となりました。
無事開催できて、本当によかった。


宝塚歌劇 雪組公演
望海風斗 MEGA LIVE TOUR 「NOW! ZOOM ME!!」 
Bバージョン
作・演出: 齋藤吉正
作曲・編曲: 手島恭子  長谷川雅大  
振付: 若央りさ  AYAKO  港ゆりか  百花沙里
出演: 望海風斗  沙月愛奈  彩凪翔  煌羽レオ  愛すみれ  
諏訪さき  野々花ひまり  星加梨杏  彩海せら ほか

2020年9月17日(木) 11:00am 宝塚大劇場 2階7列上手
(上演時間: 3時間5分/休憩 35分)



オープニングから(もっと言えば開演前から)いかにも齋藤先生といった映像を多用した演出。
二幕構成で、一幕は懐かしのJポップやバブル時代のダンスなどが登場、二幕にはパロディコーナーもあって、楽しい内容になっていました。
SNS上などでは雪組ファン中心に絶賛の嵐なのですが、私は正直のところそこまで・・・という印象。
齋藤先生は昨年の明日海りおさんの「恋スルARENA」もそんな感じだったと聞いていますが(観てない)、何となくお祭り騒ぎがお得意なイメージ。
せっかく稀代の歌うまと言われる望海さんのコンサートなのですから、もっと望海さんの歌寄り、リサイタル的なものが観たかったし聴きたかったなと思いました。
一幕はバブルの歌コーナーが長すぎて「いつ終わるのか」と思ったし、二幕のパロディもおもしろいけどあそこまで引っ張らなくてもいいんじゃない?という感じ。
思うに、当初は2時間くらいの予定だったのが、会場変更となったため大劇場仕様で2時間30分の上演時間となり、それぞれのコーナー長くして、結果間延びしたんじゃないかなと想像します。

映像が多用されていましたが、2階席後方A席以降からは上半分が見切れてしまって見えない事案が発生。
今回のように演出としての映像が結構大きいなパートを占めるのであれば、劇場全体からの見え方も考慮してしかるべきだと思います。サイドにモニター設置するなりできたのでは?


とはいえ、普段宝塚の舞台では聴けないような楽曲がふんだんに盛り込まれ、バブルの曲はみんな知ってるし(逆に若いファンの人たちは知らない曲ばかりじゃないのか心配になる)、望海さんの大劇場に響き渡るヴォーカルやピアノの弾き語りまで聴くことができて耳福でした。
セットリストはたくさんあがっているのと曲目が多すぎる(60曲くらい?)ので省略。



nowzoomme2.jpg.jpeg


続きがあります
posted by スキップ at 14:25| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2020年09月28日

松本幸四郎の歌舞伎を知ろう


kabukiwoshiro.jpeg

国立劇場による歌舞伎入門動画「歌舞伎を知ろう」
日ごろ歌舞伎にふれることの少ないビギナー向けに、歌舞伎の魅力や特徴を楽しく、面白く、分かりやすくご紹介するという歌舞伎入門動画です。
幸四郎さんご出演ということで見よう見ようと思っているうちにあれれと日時は流れ、配信期間最終日にやっと拝見しました。


松本幸四郎の歌舞伎を知ろう
第1回:「歌舞伎役者は神出鬼没」~舞台と大道具~

出演: 松本幸四郎  八嶋智人
2020年9月26日(土) 視聴
(視聴時間: 30分)



昨年、三谷かぶき「月光露針路日本」で歌舞伎初出演を果たした”自称歌舞伎初心者”八嶋智人さんが幸四郎さんに質問し、幸四郎さんが答える形で進行します。


「歌舞伎役者は神出鬼没」がテーマということで、まずは歌舞伎の舞台機構から。
花道、セリ、すっぽんなどを紹介して、それぞれを使った舞台映像が流れました。
映像は、国立劇場で上演された歌舞伎公演のものなので、あまり観たことがないものもあって、「もっとそこ見せて!」と思ったりも。

その舞台機構を使った役者の入退場ということで、「勧進帳」の弁慶の飛び六方が紹介されました。
「私はまだ国立劇場で弁慶を演じておりませんので、松本白鸚という役者のものを」と幸四郎さん。
「白鸚という役者って、お父様じゃないですか!僕も共演したから知ってますよ」と八嶋さんがツッコむのはお約束(笑)。

続いて「宙乗り」では、幸四郎さん自身の映像。
「江戸宵闇妖鉤爪―明智小五郎と人間豹―」の恩田乱学のもので、高い空中で前転、後展とくるくる回りながら移動する幸四郎(当時染五郎)さん。
この演目はナマで観た(2008年11月2009年10月)のですが、多分2009年版の方かな?
いや~、実際に観た時もすごいと思いましたが映像で観ると改めて凄まじいほどの宙乗りでした。


後半は、「伽羅先代萩」の仁木弾正に扮した幸四郎さんがすっぽんから登場。
これはこの動画のために撮り下ろしたものらしく、面明かりを持って仁木弾正を照らしながら前を行く黒衣さんのさらに前からのカメラが新鮮でした。
仁木弾正がすっぽんから登場する時の煙は茶殻を焚いてつくっているものだそうで、それをつくる大道具さん(?)の様子も映し出されました。あんなふうに妖し気にゆらりと燻るような煙の絶妙さはそんな細かな作業からできているだなぁと興味深かったです。


場面を一気に変える「浅葱幕」が紹介され、海を表現するために波を描いた「道具幕」の前で舟に乗る幸四郎さんと八嶋さん。
歌舞伎でよく見かけるこの舟には運転手さんがあんなところにいらっしゃるのは初めて知りました。ずっとリモートで動いていると思ってたのですが、そういうことだったのかー。

八嶋さんが定式幕を閉めようとしてすごく力が必要で全然できなかったことにもオドロキ。
以前幸四郎さんもたっつけを着てやっていらっしゃいましたが、歌舞伎役者さんはコツがわかっていらっしゃるのでしょうね。
幸四郎さんは「花道からお客様がよく見える」ともおっしゃっていて、「ひゃ~、あんぐり口を開けて見とれないようにしないと」と思いました。

最後は幸四郎さんが「まず今日はこれぎり~」とよいお声で発してすっぽんで下がって幕。

ビギナー向けということで、すでに知っていることや南座の舞台体験などで見聞きしたことがほとんどでしたが、中には新鮮な驚きや発見もあって、楽しい30分間でした。




楽しかったけれどいろいろ配信慣れしてきてこれで1800円はちょっと割高かな~? の地獄度 (total 2155 vs 2155 )



posted by スキップ at 22:48| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2020年09月26日

飛行機から太陽の塔が見えた


9月24日に伊丹空港を離陸する際、窓から大阪の街を何気なく見下ろしていたところ、「あんなところに観覧車ある~。どこだろ、万博公園あたりかな」と眺めていて「 」となりました。
「太陽の塔じゃん!!!」



taiyonoto.jpeg

こちらがその時撮ったズームなしの画像。
これで太陽の塔見つけられたワタシ、すごくない?(自画自賛)


taiyonoto2.jpeg

ズームするとこれ
何となくカワイイ
上の画像の左から1/3 上からも1/3ぐらいのところにあります。

これまで何度も伊丹から離陸していますが、肉眼で太陽の塔を確認できたのは初めてでテンションあがりました。



見ているようで見ていないもの まだまだたくさんあるのね のごくらく地獄度 (total 2155 vs 2154 )
posted by スキップ at 23:00| Comment(2) | travel | 更新情報をチェックする

2020年09月25日

今年最初の(そして最後かもしれない)東京


mtfuji20200924.jpeg

昨日は東京へ。
9月末にして今年初めての東京遠征でした。
この後も上京予定はなくて(基本的に自粛は継続している)、今年は12月恒例の高麗屋さんのパーティも中止なので、多分これが2020年最初で最後の上京になるでしょうか。
画像は飛行機から写した今年最初の(そして最後になるかもしれない)富士山です。


11:00発ANA 伊丹→羽田
羽田から歌舞伎座に直行して九月大歌舞伎 第二部と第三部を観劇
二部三部の間に歌舞伎座そばのYOUさんでオムライスのランチ
渋谷へ移動してシアターコクーンで「十二人の怒れる男」観劇
21:19 品川駅発の新幹線でビア🍺飲みながら帰阪

と全く無駄のない(ゆとりがないとも言う)スケジュールでなかなかの充実っぷりでした。


9月22日にANAから、「台風12号により東京羽田・八丈島を発着する便に遅延・欠航・出発地への引き返しや他空港へ向かうなど運航への影響が発生する可能性があります。ご都合がつくお客様には旅程変更をおすすめいたします。」
というメールが来た時には詰んだーと思いましたが、「いや、神様はきっと行かせてくださるはず」と信じることにしたところ、そのように思し召してくださり、ドルフィン(台風12号)も空気読んでくれて、無事に行って帰ってくることができました。ありがとうございます。

リニューアルした伊丹空港のグランドオープン以来初めてで、保安検査場を通った中にとても広くて綺麗なフードコート(道頓堀今井やスタバも入っていた)ができていて驚いたり、東京メトロ銀座線渋谷駅の新駅舎も初めて降りて、出口若干迷ったりとまるで浦島太郎状態(^^ゞ



今回、上京しようと考えたのは、歌舞伎座第二部の「かさね」とコクーンの「十二人の怒れる男」と観たいものが2本あったからですが、「かさね」の上演時間が 13:40-14:30 で、「十二人の・・」マチネは時間が重なって無理、18:30開演のソワレでは日帰りできないと当初はあきらめていました。今回チケットは公演を前期・後期に分けての販売でしたが、そのために前期の発売は見送ったのでした。

でも、よく考えてみたら、以前観た中井貴一さん主演の「十二人の・・」は蜷川幸雄さん演出だったから長かった印象があるけれど、そもそも法廷ものだから上演時間2時間強くらいではないだろうか、こんなご時世だから休憩なしで上演するかもしれない、上演時間2時間20分として20:50に終演すれば何とか最終の新幹線で帰れるのではないか、と思い至りました。
(万一それより遅くなるようだったらその時考えようと)

チケット取る時点では上演時間はまだ発表されていなかったのですが、その後「上演時間は2時間から2時間10分を予定。休憩なし」と発表された時は「勝った!」と思ったものです(何にや?)

「かさね」の後はゆっくりおいしいものでも食べて、と思っていたものの、これってもしかして「引窓」(吉右衛門さんの濡髪を観たことがなくてとても興味あった)もギリ観られるんじゃない?と思い直しまして、こちらも初日前に 16:15-17:25 と上演時間が発表された時には「よしっ!」となりました。

さらには、行くことを思い立ってチケット発売調べた時が「十二人の・・」後期日程の先行と歌舞伎座の発売日の直前(「かさね」のチケットは後援会にお願いできた)、さらにはチケット取れて飛行機手配した日がスーパーバリューの最安値で買える最後の日ということが重なりまして、これはもう神様が行ってよいとおっしゃっていると思った次第です。
だから、台風来てもきっと行かせてくださるだろうと←


そんなこんなでギュッと詰め込んで充実した楽しい1日を過ごした、今年最初の(そして最後かもしれない)東京でした。




神様もいろんなことにもありがとう のごくらく度 (total 2154 vs 2153 )


posted by スキップ at 23:05| Comment(0) | travel | 更新情報をチェックする

2020年09月23日

神聖な森 仁徳天皇陵


nintokutenno1.jpeg

先日、三国ヶ丘に行く所用がありまして、駅の改札を出たところにあった「仁徳天皇陵 」という案内板を見て、「え!?仁徳天皇陵って三国ヶ丘にあるの?」とオドロキ。
車で近くを通りかかったことは何度かありますが、電車で行ったことはありませんでした。
後で調べたところ、厳密にはJR阪和線の百舌鳥駅が一番最寄の駅らしい(私が降りたのは南海高野線の三国ヶ丘駅)。

せっかくなので時間もあるし行ってみましょ、ということになりました。



nintokutenno3.jpeg

歩き始めてすぐこの案内が現れてビビる💦
あと1,000メートルって・・・



nintokutenno5.jpeg

周遊路はずっとこんな感じ
お堀の向こうが御陵なのですが、ただの森にしか見えません。


それでも20分弱テクテク歩いて拝所(冒頭の画像)に着いた時はその凛とした佇まいに背筋も伸びる思い。
神聖で荘厳な雰囲気。ただの森なんて言ってごめんなさい🙇




nintokutenno4.jpeg


nintokutenno2.jpeg

さすがに宮内庁の管轄らしく、国旗がはためいていました。


「仁徳天皇陵」という言葉は「前方後円墳」とともに中学生の歴史の教科書にも出てきて馴染み深いですが、仁徳天ta皇がどういう時代のどういうお方かということまでは知らなくて、今回案内板いろいろ読んで勉強になりました。
知ってるつもりでも知らないこと、まだまだたくさんありますね(アゲイン)。



できることなら前方後円墳 全体像が見てみたい・・・JR百舌鳥駅南側の陸橋の上から見えるらしい 帰りに百舌鳥駅行ったのに・・・何でも下調べが肝心 の地獄度 (total 2153 vs 2153 )
posted by スキップ at 23:00| Comment(2) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする

2020年09月22日

今を生きるための幸せの秘密を届ける物語 「ダディ・ロング・レッグズ」


DLL2020.JPGジャーヴィスとジルーシャ 
井上芳雄さんと坂本真綾さんが2012年からライフワークのように再演を重ねて今回が5演目。
私は2014年の再々演から観ていて今回が3回目です。
こういう状況下ということもあってか、これまでで一番心に染み入りました。


ミュージカル 「ダディ・ロング・レッグズ」 
足ながおじさんより

原作: ジーン・ウェブスター
音楽・編曲・作詞: ポール・ゴードン
編曲: ブラッド・ハーク
翻訳・訳詞: 今井麻緒子
脚本・演出: ジョン・ケアード
出演: 井上芳雄/ジャーヴィス  坂本真綾/ジルーシャ

2020年9月13日(日) 5:00pm シアター・ドラマシティ 7列センター
(上演時間 2時間50分/休憩 30分)



これまでの観劇
2014年
2017年
原作本感想



オープニング
舞台下手から出てきたジルーシャが♪一番年上のみなしご と自分のことを歌いながら上手のトランクに座って、多分客席ほとんどまだジルーシャを観ているころ、奥のほの暗い部屋に静かに入ってきて、入口で帽子を脱いで帽子掛けにかけ、鏡の前に立って髪を整える、というジャーヴィスの登場シーンが大好きなのですが、目の前に変わらぬその光景が広がって、「ああ、ジャーヴィスだぁ」と胸がいっぱいになってウルウルしました。


練り上げられた脚本と緻密な演出、心に響く歌詞と楽曲、表現力豊かな役者さんの演技と歌唱。
本当によくできた作品で、ジルーシャがジャーヴィスにあてた手紙がほとんどなのに、ジルーシャが暮らす寮や、友人たちとの様子や、夏休みを過ごす農園や、ニューヨークの街などが私たちの目の前に鮮やかに広がります。

ジルーシャがロックウィロー(農園)に着いて、そのことをダディに手紙で知らせるシーンで、ジルーシャとジャーヴィスがそれぞれ上手下手の窓を開けると白いカーテンがふわりと揺れてそこから光が射し込み、本当に目の前に農場が広がっているように感じて、またウルウル。
演劇の力、役者さんの表現力って本当にすごいと思いました。ここで泣いたのは3回目で初めてだったなぁ。

もう一つ、これは毎回泣いてしまうシーンなのですが、きちんと膝をついて申し込んだ結婚をジルーシャに断られたジャーヴィス。
“ダディ”宛に送られてきたジルーシャの本当の心を綴った手紙を読んだ後、♪君が何気にくれたもの あげることはできなかった チャリティ 誰が誰を助けている と涙をぽろぽろこぼしながら歌う姿がとても切なくてまた涙。
暗くなった中、デスクの前に座り、ハンカチでそっと涙をふいて、決意してジルーシャに初めての手紙を書くジャーヴィス。
観ていて心が痛かったです。


続きがあります
posted by スキップ at 22:12| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする