2020年07月18日

フライング土用丑の日 @江戸前うなぎ あさず


asazu1.jpeg

うなぎをお店で食べるのは年に一度あるかないかくらいなのですが(デパ地下で買って帰ったりはたまにする)、今年はなぜか「土用の丑だからうなぎ食べる!」と食べる気マンマンになりました。
ランチは少し外食もするようになりましたが、夜のお出かけを完全にシャットアウトしているストレスかしら?(・・・それでもおいしそうなものいろいろ食べてるじゃんというご指摘はこの際却下)。

今年の土用の丑の日は7月21日ですが、その日はお店も混み合うでしょうということで本日フライング。
地元でうなぎの名店と評判のこちらへ。


江戸前うなぎ あさず
大阪市住吉区万代6-18-2
tel: 06-6678-6556


asazu3.jpeg

普段は予約もできるようですが、この期間中は予約不可ということで開店時間(11:30)くらいに愛車フューシャ号🚴で到着。
が、「準備中」の札が出ていて「あれ?12:00からだったかな?」少しアセる💦
でもまぁ、うなぎを焼く香ばしい香りも漂っているし、他にも何人かお客様がやってきて並び始めたりしたので、まぁそのうち開くでしょう、と待っているとほどなく「大変お待たせしました」と開店しました。


並んでいる間に店頭に掲出されたメニュー熟視して「うな重(上)」にするか「ひつまぶし」にするか激しく迷った挙句、「うな重でいこう!」と決めたのですが、今日は(多分忙しい今の時期は?)ひつまぶしはやっていらっしゃらないということでした。よかったワ、うな重に心を決めておいて。
ちなみにこちらのお店でおいしいととても評判のよいうまきを持ち帰ろうと企んでいたのですが、夏の暑い時期はうまきもお休みだそうです。ザンネン。


asazu2.jpeg


しばらく待って目の前に登場したうなぎは、お箸ではさむと落ちそうなくらいふわっふわです。
口に入れるとすぐとろけてしまいそう。
タレが甘さ控えめであっさり系なので、これ、いくらでも食べられそう・・・キケン。
いつもなら残してしまうごはんもふんわり軽めに盛られているのですっかり完食でございます。

お店にはワインセラーがあって、カウンターにも焼酎とともにワインの瓶が並べられていましたので思い切って「ワインはグラスでいただけますか?」と聞いてみたのですが(←)、これも今の時期はやっていないとのこと。ザンネン再び。
ま、ほぼ満席になった店内でそんなこと聞いているのはワタシだけでしたが。



asazu4.jpeg

お箸置きもうなぎでキュート。




次は土用とは関係のない忙しくない時期に行ってうまきも食べてみたいな のごくらく地獄度 (total 2117 vs 2125 )



posted by スキップ at 23:26| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2020年07月17日

読了 「たのしみは日常のなかにありー『独楽吟』にまなぶ心の技法 」


tanoshimi-wa.jpg橘曙覧(たちばなのあけみ)の「たのしみは」で始まる52首の短歌集「独楽吟」を見開き2ページで1首ずつ解説した本。
ずい分前に読んだもので、このブログにも書いたことがあります。検索してみたら2009年でした(こちら)。

当時も再読だったのですが、ステイホーム中に本棚の整理をしていてこの本を再発見。
なつかしいと同時にこれは「今また読むべき本」ではないかと再々読した次第です。



「たのしみは日常のなかにあり―『独楽吟』にまなぶ心の技法 」
著: 橘曙覧
解説: 武田鏡村
東洋経済新報社刊


1994年 天皇皇后両陛下が訪米された際のクリントン大統領の歓迎式典スピーチで有名になった

たのしみは 朝おきいでて 昨日まで 無かりし花の 咲ける見る時

は今でも大好きな一首。
読み進んでいくうちに心にとまった歌を書き留めると、2009年の記事に書いた三首がそのままで、ちょっと笑ってしまったり。


たのしみは そぞろ読みゆく 書(ふみ)の中(うち)に 我とひとしき 人をみし時
たのしみは 心をおかぬ友どちと 笑ひかたりて腹をよるとき
たのしみは 空暖かに うち晴れし 春秋の日に 出でありく時


そして今回、新たにこれも、となった歌がこちら


たのしみは 庭にうゑたる 春秋の 花の盛りに あへる時時


いや、ほんとそう!
この歌のところで、私もわが家の小さな庭に出て花を眺めてみたくなりました。
いつも花が咲いている訳ではありませんが、朝起きて玄関を出て門扉を開けに行く時、疲れて夜帰宅した時、その日ごと、季節ごとに迎えてくれる花やグリーンたちにどれほど癒され励まされていることかと改めて実感しました。


昨年までとは比べるべくもないくらい物心両面でストレスフルな日々を余儀なくされる2020年。
そんな日々の中でも橘曙覧を見習って、ささやかなたのしみに心を寄せて幸せを感じるゆとりは持っていたいと思います。





たのしみは 神の御国の 民として 神の教へを ふかくおもふとき のごくらく地獄度 (total 2116 vs 2124 )

posted by スキップ at 21:51| Comment(0) | books | 更新情報をチェックする

2020年07月13日

季節感たっぷりのタルト&和菓子


cherry.jpeg

一番好きな果物は?と聞かれたら、迷わず「さくらんぼ」と即答する不肖スキップ。
「今日のおやつはさくらんぼのタルト。テイクアウトもできます」
なんてお知らせを見たら、そりゃ行くってものでしょ。

という訳で cafe マメムギ さんへ。
所用で出かけた帰りでしたのでテイクアウトにしました。



cherry3.jpeg cherry2.jpeg

お目当てのさくらんぼのタルトはもちろん、シャインマスカットのタルトも一緒に連れて帰ってきました。
どちらも旬のフルーツ。色違いのツインズみたいでかわいい



そして、数日後。
この日は何だか和の気分でお抹茶がいただきたくて、福壽堂秀信 茶寮季 さんへ。



kokeshimizu1.jpeg

お菓子は小さなお重箱に6種類くらい入ったその日の上生菓子の中から選ぶことができます。
直感で選んだお菓子だったのですが、「苔清水(こけしみず)」という名前だと後で教えていただきました。
こちらも季節感たっぷりです。


kokeshimizu2.jpeg

きんとんの中には粒あんが入っています。
目で舌でおいしい季節を味わえる幸せを感じつつ。




調子に乗って自分を甘やかし過ぎでしょー の地獄度 (total 2115 vs 2123 )
 


posted by スキップ at 23:14| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2020年07月12日

演劇配信の新しい形 「『未練の幽霊と怪物』の上演の幽霊」 @KAAT Youtubeチャンネル


miren.jpg

「上演の予定がなくなった演劇は、幽霊になるのでしょうか?
あなたのオンライン環境に、「未練の幽霊と怪物」の上演の幽霊を出没させてみたいと思っています。」
と岡田利規さん(作・演出)。


私もチケットを取っていて、全公演中止をとても残念に思っていた公演。
カンパニーは中止が発表された後も来るべき未来の上演に向けて一度も直接会うことなく、それぞれのリモート環境下でワークショップやリハーサルを行ってきたのだとか。
そのクリエイションの一部を演奏付きのリーディング形式でオンライン配信。
ライブではありませんが、定められた2日間2回だけの無料配信でアーカイブもなしという潔さ。


「『未練の幽霊と怪物』の上演の幽霊」
『挫波(ザハ)』『敦賀(もんじゅ)』(の一部)
作・演出: 岡田利規
音楽監督・演奏: 内橋和久
出演: 森山未來  片桐はいり  栗原類  石橋静河  太田信吾/七尾旅人(謡手)
アフタートーク: 岡田利規  白井晃/進行 鈴木理映子

2020年6月27日(土) 4:00pm KAAT Youtubeチャンネル
(本編80分+アフタートーク)



今では巷にあふれているリモート配信とは一線を画して、細部にまでこだわり、とても凝っていてアーティスティック。
ひとつの作品として完成されていて、映像作品としても成り立つ、演劇配信の新しい形です。
内容は途中までだし難解で理解できない部分もありましたが、映像含めてとても刺激的で示唆に富んだ作品。
これ、やっぱり舞台で観たかったなぁと思いました。

配信開始時間少し前から映し出されるのは道路に面した一面の窓際に置かれた木製の机。
小型のスピーカーが置かれています。壁には今月のカレンダー。
外の道は人が行き来したり車が通ったりしていました。

開始時間になると机の上に写真立てくらいの、大きさが違う紙製のパネルが3つ並べられ、そこに役者さんの映像を個々に投影する形。
進行につれて窓の外は日暮れて次第に暗くなって時の流れが感じられます。

能の上演形式にのっとった舞台ということでしたが、今回のクリエイションは、どちらも能で言う後ジテが登場する前の部分までの上映でした。


「挫波(ザハ)」
日本の新国立競技場の国際コンペを勝ち取りながら理不尽な理由で白紙撤回され、その後亡くなってしまったイラク出身の建築家 ザハ・ハディドの物語
 ワキ(観光客):太田信吾/シテ(日本の建築家):森山未來/アイ(近所の人):片桐はいり/
歌:七尾旅人/演奏:内橋和久 

 「敦賀(もんじゅ)」
1985年の着工以来1兆円を超す巨額の資金が投じられながら一度も正式稼動することなく廃炉の道を辿る高速増殖炉「もんじゅ」の物語。
 ワキ(旅行者):栗原類/シテ(波打ち際の女):石橋静河/アイ(近所の人):片桐はいり/歌:七尾旅人


夢幻能形式と言われるもので、どちらのお話も、縁の場所を訪ねたワキ(観光客、旅行者)が、シテ(亡くなった失意の建築家の化身、擬人化された廃炉発電所)の回想と地元の人の話を聞くまで。
基本リーディング形式ですが、森山未來くんや石橋静河さんはダンスもあって、小さなパネルの中で動きが見えにくいのが残念なくらい。
内橋和久さんの音楽と演奏、語りにも似た七尾旅人さんの歌唱もとてもよかったです。

本来は、「東京オリンピックを目前に控えた日本」で上演されることを前提として構想された作品ということですが、先の見えないコロナ禍、その中で演劇や芸術のあり方、捉えられ方、開催自体が危ぶまれるオリンピックなどの状況がこの2つの物語と一層シンクロする印象。
ザハの一件にしてももんじゅにしても、都合の悪いことはうやむやにして「ないもの」とする傾向が見え隠れする政権のあり方が、今のコロナの対応にも重なるようでうすら寒さも感じます。

後ジテの登場する後半も観てみたかったし、何より舞台で観たかったな~と思いました(再び)。


アフタートーク
作・演出の岡田利規さんとKAAT芸術監督の白井晃さんの聴き応えたっぷりのアフタートーク。

芸術家肌のお二人のトークは私には難解な部分も多く、文章にまとめるのが難しいのですが、「テーブル(机)が能舞台」という発言があって、「そうだったのか!」と気づいたりも(遅い)。
白井さんは「映像の人物が小さい。あとでアップになるかと思っていたけどなかった」とおっしゃったのを聞いてぶんぶん首を縦に振った不肖スキップでございました。
「パソコン持ち出して外の環境で2度、駅のホームと環八の歩道橋の上で観たら、忘れてはいけない日常のことがより増強された」とも話していらして、窓の外の風景が映り込んでいるのも「日常」から離れないという意図があったのかなと思いました。


この公演は今年は中止になりましたが、延期して実現される予定とのこと。
楽しみに待ちたいと思います。
 



一度では拾いきれない部分もあったので日曜日にもう一度観たかったけど無理だったのよ のごくらく地獄度 (total 2115 vs 2122 )


posted by スキップ at 23:11| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2020年07月11日

ハルカスで今井のきつねうどんを食す @あるにあらむ


aruniaram5.jpeg

大好きな大阪名物のひとつ 道頓堀今井のきつねうどん
道頓堀の本店はもちろん、リーガロイヤルホテルのお店や、今はなくなっちゃいましたがホテルニューオータニのお店にもよく行きました。
あべのハルカス近鉄本店地下のお持ち帰り専門店舗でお弁当やおうどんをテイクアウトすることもしばしば。

緊急事態宣言が解除されて外出も外食もできるようになりましたが、道頓堀まではなかなか足が向かないでいる中、こちらのお店に気づきました。


あるにあらむ
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店9階
tel:06-6627-7370


小鯛雀鮨で有名なすし萬プロデュースの和カフェ。
店名の謂れは、その昔、歌人の吉井勇さんがすし萬で雀鮨を召し上がって、「すし萬の 雀鮨をば もらひたり その日よきこと あるにあらむか」と詠んで色紙をお店に贈られたことに由来しているそう。
その「よきこと」を一人でも多くのお客様に「あるにあらむ」との思いが込められているそうです。素敵なエピソードですね。


2014年のハルカスオープン以来ずっとあるお店で、9階の和洋食器や家庭用品のフロアの端っこにあって、たまにトイレに行く時横目で見ていたりしたのですが、ちゃんとメニューを見たことありませんでした。
先日、たまたま通りかかった時、入店待ちの行列ができていたので、「何なに?」とウィンドーのぞいてみたら「道頓堀今井とのコラボ」で「きつねうどんセット」「鴨なんばセット」というメニューがあるのを発見。なーんだ、ここで食べられるんじゃん!となった次第です。



aruniaram1.jpeg

で、日を改めて早速行ってきました。
ランチ限定の豪華な御膳などもありましたが、初志貫徹でいただいたのはきつねうどんセット。



aruniaram3.jpeg aruniaram4.jpeg

今井さんのきつねうどんはおあげが2枚入っていたと記憶していますが、こちらは1枚。
でもふっくらジューシーさは変わらず。これよこれよ~と思いながら味わいました。
おだしも私の舌が覚えている味とは微妙に違っているようにも感じましたが、おいしいのは正義。

小鯛雀鮨、バッテラ、阿奈古すしと揃ったセットの大阪すしもおいしくておうどんともどもあっさり完食。
何気に炭水化物祭りのランチとなりました。




松竹座が開いて、道頓堀今井に行けるのは10月かなぁ のごくらく地獄度 (total 2114 vs 2121 )


posted by スキップ at 17:37| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2020年07月05日

旬彩御膳 @cotocoto kitchen


cotocoto1.jpeg

日ごろ自分でつくる粗食ばかり食べていますので、時々丁寧に手をかけたお料理がいただきたくなります。
今回伺ったのはこちら


cotocoto kitchen
大阪市阿倍野区桃ケ池町2-11-20
tel:090-2068-3018


JR阪和線 南田辺駅からすぐのところにあります。
わが家からは愛車フューシャ号🚴で20分弱かな。


cotocoto3.jpeg

桃ヶ池長屋という古い町並みの中の古民家を改装して2018年4月にオープンされたお店。
このあたりでは有名な人気カフェです。
お店を入ったところは土間になっていて、有機野菜やドレッシングなどの販売もされています。
木造のゆったりとしたフロアに配置されたテーブルも椅子もすべて木製でシックで落ち着いた雰囲気。



こちらのランチメニュー 旬彩御膳
月替わりで、7月のメニューは

・当帰ハーブ入りハンバーグ 夏野菜のグラタンソース
・有機サラダのバレンシアオレンジドレッシング
・焼きなすのスープ
・自家製葛豆腐
・冬瓜のひすい餡
・干し野菜のサラダ仕立て
・若かぼちゃのピクルス
・緑古代米ご飯


cotocoto2.jpeg

おいしそうでしょ?(笑)
最初に焼きなすのスープをひと口飲んで「何これ、おいしい!」となったのですが、それ以降、口にするもの全部おいしかったです。
どのお料理もとても丁寧にきちんと手をかけられているのがよくわかります。



cotocoto8.jpeg

特に、有機サラダは、色とりどりの新鮮な野菜のおいしさハンパなく、オリジナルのバレンシアオレンジドレッシングもやさしいお味で、これだけずーっと食べていてもいいと思ったくらい。
ハンバーグの白いグラタンソースの下にもなすやかぼちゃなど夏野菜が隠れていて、野菜たっぷりのヘルシーでおいしい御膳でした。


そして


cotocoto6.jpeg cotocoto7.jpeg

デザートにこの日から始まった 桃のまるごとパフェ をいただきました。
桃をまるごと1個つかっていて、ジェラートや生クリームは甘さ控えめでさっぱり。酸味の効いたソースでおいしくいただきました。




cotocoto4.jpeg cotocoto5.jpeg

コロナ対策で席数を減らしていらっしゃるそうで、ゆったりした店内。
私はおひとり様でしたが、半個室になったお部屋に通していただいて、くつろいでゆっくりいただくことができました。




とーってもおいしかったので月替わりごとに毎月行くことに決定! のごくらく度 (total 2113 vs 2120 )



posted by スキップ at 23:11| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする