2020年07月30日

夢を図る歌舞伎 図夢歌舞伎 「忠臣蔵」 第三回


図夢歌舞伎 第三回は市川猿之助さんを早野勘平に迎えての五段目、六段目。
この回だけ、演出に幸四郎さんだけでなく、「市川猿之助」とクレジットされていました。


図夢歌舞伎『忠臣蔵』 第三回 「五段目・六段目」
構成・演出:松本幸四郎
演出(第三回):市川猿之助
脚本:戸部和久
竹本:竹本葵太夫  豊澤淳一郎
長唄:鳥羽屋三右衛門社中  杵屋栄十郎  鳥羽屋里松
鳴物:田中傳左衛門社中  田中傳左衛門  田中佐英  田中佐吉郎  田中傳三郎
出演:早野勘平:市川猿之助
女房おかる:中村壱太郎
母おかや/一文字屋お才の声: 上村吉弥
百姓与市兵衛:松本高麗五郎
口上人形:市川猿弥
斧定九郎/不破数右衛門/猪:松本幸四郎
後見:市川段之  上村折乃助  市川澤五郎
中村翫之  市川段一郎  市川郁次郎

2020年7月11日(土)11:00am Streaming+
(配信時間 50分)



幕が開くと、左に猿之助さん、右に幸四郎さんがそれぞれ顔を拵える映像。
お役の違いもあるでしょうが、お二人の拵え方、順序の違いも興味深く、大変おもしろく拝見しました。
これまでよりアップが多用されていた(葵太夫さんをあんなにアップで見たのも初めてかも)印象ですが、五、六段目らしくこっくりと物語を見せていただきました。

猿之助さんは2012年に新橋演舞場 四月花形歌舞伎「通し狂言 仮名手本忠臣蔵」で早野勘平を演じられた際、坂田藤十郎さんに教えていただいたそうですが、口跡が藤十郎さんそのままだったのに驚きました。聴いていて藤十郎さんのお顔が頭に浮かんだくらい。猿之助さん、演技力もさることながら、きっとすごくよい耳と記憶力をお持ちなのですね。
声音はもちろん、表情の変化もドラマチック。
すごく寄ったカメラで、お才が与市兵衛に持たせた財布の話を聞く勘平の表情がみるみる変わっていくところなどとても見応えありました。

山城屋さん、つまり上方式の勘平なので、壱太郎くんのおかる、吉弥さんのおかやとう上方味がまたよく合います。
壱太郎くんおかるは可憐な中に愁いを帯びた風情が切ない。
吉弥さんはおかやも万全ながら、お才の声だけでいかにも京の廓のキリリとした女将を感じさせるのさすがです。


図夢ならでは

三回目の「図夢ならでは」は、五段目の大好きなあの場面にやってきました。
「忠臣蔵」の登場人物の中で斧定九郎が一二を争うくらい好きな悪役フェチスキップ。
幸四郎さんの「ごじゅうりょう~」が聴けると楽しみにしていたのですが、あの場面をあんなふうに観ることができるなんて!
稲叢の前でひと休みする与市兵衛、稲叢の後ろに潜んで与市兵衛の持つ五十両を狙う定九郎。
その二人を真横からカメラが捉えて、稲叢を挟んで二人を同時に観る形。
いつもなら、稲叢の中からヌックと定九郎の手が出てくるまでドキドキしているのですが、あんな表情して、あ、今手を出す・・・とドキドキ感増し増し。
しかも幸四郎さんの定九郎の悪そうなこと色っぽいこと。
髪の露をなで、ずぶ濡れの袂を絞り、与市兵衛を殺して奪った金を確認してあのドスの効いた低音ヴォイスで「ごじゅうりょう~」
いや~、たまりません



この場面で登場する猪も実は幸四郎さん。
猿弥さん口上人形が、チャット紹介コーナーで、「猪だれ?」「あーちゃんです。あーちゃんがやってます。もう、やりたがりなんです、あーちゃんは」と(笑)。最後にちゃんと「猪 松本幸四郎」とクレジットされたのにも笑っちゃいました。
六段目の不破数右衛門(声だけ)も幸四郎さん。
いい声だ~。

この第三回は通常のアーカイブの他にこだわって編集した「特別編集版」も公開されました。
回を重ねるごとに進化して、ナマと別撮りの差もわからないくらい完成度が高まり、映像作品としても鑑賞できつつナマのよさもありつつという図夢歌舞伎。あと2回 どんな夢を図ってくれるのか、ますます楽しみです。



定九郎が最後に撃たれて白いフトモモに血が滴り落ちる場面がなかったのはちょっぴり残念 のごくらく地獄度 (total 2123 vs 2129 )
posted by スキップ at 23:01| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2020年07月26日

夢を図る歌舞伎 図夢歌舞伎 「忠臣蔵」 第二回


図夢歌舞伎 第二回は「忠臣蔵」の四段目。
全五回 すべて楽しませていただきましたが、元々四段目が好きなこともあって、この回がマイベスト。
配信時間が30分と短く見やすく、翌日の制限時間まで時間が許す限りアーカイブも繰り返し拝見しました。


図夢歌舞伎『忠臣蔵』 第二回 「四段目」
構成・演出:松本幸四郎
脚本:戸部和久
竹本:竹本東太夫  鶴澤慎治
長唄: 鳥羽屋三右衛門社中  杵屋栄十郎  鳥羽屋里松
鳴物:田中傳左衛門社中  田中傳左衛門
出演: 塩冶判官/大星由良之助:松本幸四郎
    大星力弥:市川染五郎
    口上人形:市川猿弥
    後見:松本幸蔵  松本幸之助  松本幸次郎

2020年7月4日(土)11:00am Streaming+
(配信時間 30分)



開演前、映し出された定式幕がCGではなく実写映像になっていました。
時々ふわりと揺れる幕に中の人の動きを感じて、そうそう、開演前の劇場ってこんな感じだったよね、とより臨場感のある演出。
1回目の様々なトラブルは大きく改善され、また、映像としてもお芝居のクオリティ的にも大幅にバージョンアップして完成度も高まり、1週間でよくぞここまで、という思い。
はじめに口上人形が前回の大序から三段目までを映像つきで振り返ってくれて、一気に忠臣蔵の世界に入り込み、四段目扇ヶ谷塩冶判官切腹の場 開幕です。


白木の三宝に九寸五分を載せ、判官の元へ運ぶ力弥。
憂いを含んだ美しい横顔に畳の上の摺り足の音が重なります。

白装束の肩衣をはね膝下へ敷き、袖から腕を抜く判官。
しんと静まり返った中、判官の動く衣擦れの音だけが響きます。

劇場で「通さん場」を観る時と同じ緊張感に包まれ、息をのむ思いで画面を凝視するワタクシ。

幸四郎さん判官の切腹へと向かう所作一つひとつが厳かで、哀しいくらいに美しい。
今回特に感じたのは「音」。
先に挙げた摺り足や衣擦れの音、そして、判官が九寸五分に巻く懐紙の紙音、それをぎゅっと握りしめる音。
静寂が支配するこの場面で、それらの「音」がどれほど大きな役割を担っているか、改めて感じ入りました。

力弥の染五郎くん。
判官を見上げる瞳、襖越しに判官とやりとりするまっすぐな眼差し。
もちろん初役で、台詞も多く、(リモートのため)相手が目の前にいない中でのお芝居はハードル高かったと思いますが、とてもよかったです。
判官に「由良之助は」と何度も問われて、「いまだ参上 つかまつりませぬ」と応える表情の切なさ、声の哀しさ。


■ 図夢ならでは

今回の“図夢ならでは”は、判官切腹の場面。
判官が九寸五分を腹に突き立てたまさにその刹那、苦痛に歪む判官の表情、無念さを、正面から横から上から、マルチカメラで様々なアングルでとらえ、画面にマルチに映し出し、さらには駆け付ける由良之助の足もと、そして横顔を畳みかけるように次々と4分割で見せていきます。
いやぁ、これぞ映像ならではで、すごい迫力と緊迫感でした。

そこからの、判官から形見と言われて九寸五分を渡された由良之助の腹の底から響くような低音の
「い~さぁ~い~」
・・・自分でも意識しないまま涙がこぼれていました。

そうそう、判官がどっと前に突っ伏すところで一瞬画面がフリーズして、「あれ?そういう演出だったのかな?」と思っていたのですが、アーカイブでは修正されていましたので、あれはトラブルだったのね。


続きがあります
posted by スキップ at 18:25| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2020年07月25日

夢を図る歌舞伎 図夢歌舞伎 「忠臣蔵」 第一回


zoomkabuki.jpg

6月27日から毎週土曜日に生配信されてきた「図夢歌舞伎」は本日千穐楽。
「忠臣蔵」全十一段を演じ終えてのアフタートークではこの「図夢歌舞伎」への思いを聞かれた幸四郎さんが感極まって涙する姿に胸いっぱい・・・あの時、ライブで観ていた人は誰もが(もちろん私も)「幸四郎さんっ!!」と心の中で叫んだのではないかしら。
舞台中継や歌舞伎の映像化とは一線を画す、オンライン配信専用の作品として、新しい形での歌舞伎公演。
私たちには計り知れない強い思いも覚悟もあったことを、あの涙で再び感じ入りました。

「仮名手本忠臣蔵」の世界を今回のオンライン配信のために新たに構成して「通し狂言」として全十一段を5回に分けて上演するというもの。
幸四郎さんは「半生(はんなま)とおっしゃっていましたが、舞台同様のリアルタイムでの芝居にこだわりつつ、Zoomのシステムを使って別空間で演じる役者さんや事前収録の幸四郎さん自身とリアルタイムの幸四郎さんが画面上で共演するという趣向。想像以上に本格的な歌舞伎公演でした。

配信開始時間も歌舞伎の昼の部開演時間の11時にこだわったという幸四郎さんの意気に応えて、全5回 11時からリアルタイムで、ソファに寝そべったりせず←、PCの前で椅子に座って、部屋の照明も消して、劇場感覚で毎回楽しく拝見しました。
一回目から順に振り返りたいと思います。


図夢歌舞伎 『忠臣蔵』 第一回 「大序から三段目」
構成・演出: 松本幸四郎
脚本: 戸部和久
鳴物: 田中傳左衛門社中  田中傳左衛門  田中長十郎  田中傳四郎  田中傳十郎
技術協力: 劇団ノーミーツ
制作: どこでも歌舞伎有志一同
出演: 高師直/塩冶判官/加古川本蔵:松本幸四郎
    顔世御前:中村壱太郎
    口上人形:市川猿弥
    後見:松本幸蔵  中村翫之  松本幸次郎

2020年6月27日(土) 11:00am  Streaming+
(配信時間: 本編 30分+トークイベント 30分)



配信開始時間前、PC前にスタンバイしていると、定式幕が映し出され、前演奏が始まって、それだけで「ああ、歌舞伎だ~」と何だかウルウル。
やがてその定式幕がゆっきくりと開き、猿弥さんの口上人形(声だけかと思っていたら人形遣いも猿弥さんでした)が、「三密を避け濃密に。夢を図る歌舞伎、“図夢歌舞伎”」と言うのを聞いてさらにウルウル。

第一回は「大序から三段目」で、鎌倉鶴岡八幡宮の社頭での兜改めから始まって、塩冶判官が足利館松の間で高師直に刃傷に及ぶまでが描かれます。
幸四郎さんは高師直、塩冶判官、加古川本蔵の三役を演じていらっしゃいましたが、ライブでは高師直で、あとの二役は事前収録だった模様。
顔世御前の壱太郎くんもライブでしたが、そこは「三密を避け」ですので、別のスタジオからのリモート出演。画面をつなぎ合わせるというスタイルでした。これが、別空間ながら演技の息を合わせ、動きを合わせて、顔世御前が投げた文が師直のところに飛んでくる場面なんて、「ほほぅ」と感心しました。

次の場面は、加古川本蔵が鶴岡八幡宮での出来事を心配して主人 若狭之助を思う場面。
この後の場面のキーパーソンともなる本蔵。思慮深く老獪な雰囲気で、幸四郎さん、師直との演じ分けも鮮やか。


■ 図夢ならでは

足利館松の間の場面は、これでもか、というくらいの師直のアップだったのですが、カメラが判官目線。
本当に師直がこっち(観ている私たち)に向かって暴言吐いているよう。
あぁ、判官にはこんなふうに見えていたんだ、こんなふうに師直に睨まれて、悪口雑言嫌味タラタラ言われてたんだ。そりゃ斬りつけたくもなるよね、とリアルに実感。
判官の畳に揃えた震える指先やギュッと噛み締めた口元のアップで怒りが沸点に達しているのがヒシヒシと感じられました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:49| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2020年07月24日

祝劇場再開 ワタシはここから @宝塚大劇場


takarazukatheater1.jpeg

最後に劇場に行ったのが3月26日 梅田芸術劇場「ボディガード」
宝塚大劇場に最後に行ったのは2月27日 星組「眩耀の谷/Ray」

そして今日 7月24日 ワタシの劇場再開であります @宝塚大劇場

わ~ん 5ヵ月ぶりだよ、大劇場。
7月17日に始まった花組公演。1週間遅れのmy 初日でした。


オペラグラスをバッグに入れることも久しぶりで、「あれ?オペラどこに置いたっけ?」(ステイホーム中に部屋の模様掛けした)から始まり、前日からソワソワドキドキ

毎年桜の季節に歩くのが楽しみだった花のみちも、今はすっかり緑。
宝塚大劇場は大きく明るく変わらず私たちを迎えてくれました。

事前に公式サイトやCSでコロナ感染防止対策を動画入りで詳細にインフォメーションされていたため、どういう行動をとればよいか認識できていましたし、不安はありませんでした。
センサーによる検温と手指の消毒は、劇場入口ではなく、ショップやロビー含めた大劇場の建物の入口(冒頭の画像右下)で行われていました。
いつも混み合う大劇場横のキャトルレーヴは密を避けるため、入店時間予約制。
のんびりランチしてたらたらしていたら、私が着いた時にはもう終演後(16:00~16:25)の整理券しかなかったよ💦



takarazukatheater3.jpeg

開演時間少し前に1階最後列の立見エリアから映した画像。
販売客席は千鳥配置になっています。
「劇場内やロビーでのおしゃべりは控えて」という注意喚起を皆さんよく守って、開演前や幕間も話し声はほとんど聞こえず静か。
なのに拍手や手拍子は「客席満員なんじゃない?」と思うくらい盛大。
ヅカファンの心意気これにあり、という感じです。




takarazukatheater2.jpeg

柚香光さんの開演アナウンスが流れるだけでウルウル。
あ~、ほんとに宝塚再開したんだ、私観てるんだと胸がいっぱいでした。



またいつ公演中止になるかもしれない不安な状況が続いていますが、どうかこのまま千穐楽まで、いや次の公演も次の次の公演も、無事開幕しますように。



やっぱりナマの舞台はサイコー のごくらく度 (total 2120 vs 2127 )



posted by スキップ at 23:00| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2020年07月23日

やみつきカヌレ @Uchiya Bake Shop


uchiyabakeshop1.jpeg

日本でエッグタルト(たまごのタルト)発祥のお店として知られたUchiya Bake Shop
カヌレも有名で一度食べてみたいと思いながら、お店があるのは今里と放出というめったに行かない場所
・・・と思っていたら、谷町六丁目にもあると教えていただいて、早速行ってきました。

Uchiya Bake Shop 谷六ポルトハウス
大阪市中央区谷町6-10-18     
tel:070-5661-1040 


カヌレは数十種類の中から8~12種類ぐらいが毎日お店に並ぶのだとか。
夕刻でしたので完売していたり残り少ないものもあってこんな感じ。
いや~、迷うよね~。


uchiyabakeshop2.jpeg

全部食べてみたいところでしたが、
冒頭の画像、左上から時計回りに

・イチジクシナモン
・宇治抹茶
・ベルギーショコラ
・オレンジ
・バナナ
・りんご

をチョイス。
思っていたよりボリューミーなカヌレですが、もちもちとカリカリのバランスがよくて、トッピングが変わるとまた違った味わいでどれもおいしい。


そして
上の段にあったタルトがとてもおいしそうで、ユーワクに負けて一緒に連れて帰ってきました。


uchiyabakeshop3.jpeg

・ベイクドチーズタルト
・桃のタルト

チーズケーキは断然ベイクド派の不肖スキップ。
このチーズタルトが嫌いな訳はありません。
季節限定の桃のタルトとともに、おいしくいただきました。
ペーパーバッグもとってもキュート🐓



uchiyabakeshop4.jpeg




って全部食べたんかーい!のごくらく地獄度 (total 2119 vs 2127 )


posted by スキップ at 23:33| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2020年07月22日

新しい日常なんてうそっぱち 「プラン変更 ~名探偵アラータ探偵、最後から7、8番目の冒険~」


planhenko.jpg

ケラリーノ・サンドロヴィッチさん演出、古田新太さん主演で上演予定だった「欲望のみ」が上演中止となって、それならば、とケラさんが企画した、その名も「プラン変更」。


1. 観客を入れての公開ゲネプロ 「PRE AFTER CORONA SHOW The Movie」 上映
  & リーディングアクト「プラン変更 ~名探偵アラータ探偵、最後から7、8番目の冒険~」 上演 
  (下北沢 本多劇場/配信なし)
2. PRE AFTER CORONA SHOW presents
  リーディングアクト「プラン変更 ~名探偵アラータ探偵、最後から7、8番目の冒険~」
  本公演無観客生配信 (下北沢 本多劇場)
3. 「PRE AFTER CORONA SHOW The Movie」 配信

という3本立てでしたが、2.の生配信のみ、ライブで拝見しました。


キューズ製作 PRE AFTER CORONA SHOW
リーディングアクト 「プラン変更~名探偵アラータ探偵、最後から7、8番目の冒険」
作・演出: ケラリーノ・サンドロヴィッチ
音楽: 鈴木光介   映像: 上田大樹
出演: 古田新太  大倉孝二  入江雅人  八十田勇一  犬山イヌコ  山西惇  奥菜恵

2020年7月12日 3:00pm (配信時間 1時間25分)


 
舞台横一列に役者さんが並び、それぞれの間はアクリル板で仕切られているようです。
役者さんたちは手に台本を持ってのリーディング形式・・・と思いきや、場面が変わるごとに役を変え、衣装や拵えも変え、台本を持たず動きもまじえて台詞を放つ・・・リーディングという枠を超越した舞台でした。

ストーリーはあってなしがごとしのナンセンスコメディ。
政治家の父を持つ桜田姫華(奥菜恵)が学校でいじめを受け、怒りのあまり暴挙に出たところから始まり、アルジャーノン(犬山イヌコ)のもとに行くのを心配した父(山西惇)が探偵、アラータ(古田新太)に調査を依頼するも、アルジャーノンはアラータの助手で、しかも姫華は実は魔女で魔女狩りにあって・・・
といった感じ。


黄色いコートの下は裸にパンイチで三重人格というアラータ探偵の姿に既視感があって、そもそもアラータ、アルジャーノンの名前にも記憶がある・・・と自分のブログ検索してみたら、

「ヒトラー、最後の20000年 ~ほとんど、何もない~」 (2016年)
「奥様お尻をどうぞ」 (2011年)

に登場した“レギュラー”キャラクターでした。
ついでに大倉孝二さん演じる「神様」も両作品に続いての登場。
いや、すっかり忘れてましたワ。

そういえば「欲望のみ」もこの系譜の流れを継ぐはずだった作品なのかな?
散りばめられたたくさんのギャグにきゃははと笑って後に何も残らないという・・・。

「松尾スズキ コクーン芸術監督就任事件」とか言ってましたが、ケラさんの脚本に松尾スズキさんと蜷川幸雄さんの名前よく出てくるよね。二人を結構意識しているのかな(笑)。野田秀樹さんとか三谷幸喜さんはそれほど耳にしない印象。

「コロナ」というワードもよく出てきて、今年予定されていた「桜の園」と「欲望のみ」 2本の舞台が中止となってしまったケラさんの思いがあふれているよう。
♪コロナくん さよなら~ また会う日まで~ で終わるあたりも。


楽しかったけれど、ナマの舞台で観ることができたら、多分100倍くらいおもしろかったのではないかと思います。
「劇場はまだ満員にはできないので、早く満員の中でやりたいですね。」という古田さんのコメントを配信後に読みましたが、劇場を満員にすることなんて、この先あるのだろうか、と憂える状況が続いています。
もちろん私は「ナマの舞台」派であることに変わりはないけれど、形を変える演劇も受け容れていかなければならないのかなとも感じる今回の配信でした。

「新しい日常なんてうそっぱち。日常なんて常に更新されるもの」というラストの台詞がことさら印象に残りました。




満員でなくてもアクリル板あっても劇場で観たい のごくらく地獄度 (total 2118 vs 2126 )


posted by スキップ at 23:28| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする