2020年06月07日

同じ時代に生まれてきたことを誇りに思う 「歌舞伎家話 第二回」


kabukiyawa2 .JPG

楽しかった前回の歌舞伎家話からあーっという間に1週間が過ぎて、やってきました第2回。
次週の第3回(松本幸四郎さん、市川猿之助さん)も発表されて、しばらく継続する企画のようです。


歌舞伎夜話特別編 「歌舞伎家話」第二回
出演: 尾上松也  中村七之助  小栗旬

2020年6月5日(金) 8:00pm配信開始 (約70分)



第一回のゲストだった松也くんがホストとして「同世代の友人と語り合いたい」と仲のよい七之助くんと小栗旬くんをゲストに迎えた第二回目。
歌舞伎ばかりでなく、新感線やミュージカル、ストプレの話まで、この3人ならではのトークはバラエティに富んでいて楽しかったです。

3人の共通の友人である生田斗真くんの結婚が公表された日でもあり、「斗真おめでとう!」と3人の笑顔の祝福で始まりました。

小栗旬くんを七之助くんたちと結びつけたのは七之助くんの親友でもある松本潤くんですが、それよりずっと以前の23、4歳のころ、旬くんは藤原竜也くんに「お前は絶対歌舞伎を観に行くべきだ」と言われて観に行ったのだそう。竜也くんといえばもちろん勘九郎さんの親友で、このあたり、勘七兄弟の華やかな人脈の凄さを改めて感じました。

そんな旬くんが言ってくれた忘れられない言葉を挙げたのは松也くん。
コクーン歌舞伎「三人吉三」(2014年)を観に行った旬くんが、「波ちゃん(七之助くん)と俺(松也くん)と勘九郎さんと同じ時代に生まれてきたことを誇りに思う」と言ってくれたのだそうです。

それに対して旬くんは「RED」を観に来てくれた波ちゃんが
「すごくいい芝居。旬はこの芝居、誇りに思った方がいいよ」と言ったエピソードを披露。

「三人吉三」は上七之助くんが「決まったよ」と松也くんに電話をくれたのも忘れられないのだとか。
松也くんは初日終演後の乾杯の挨拶で泣いたそうです。
「いつも『あの人、泣いてる』とか思う方なのに、あんなに感極まったのは後にも先にも初めて。主演の3人に選んでもらって本当にうれしかった」と。
そうそう、あの時、「お坊 松也くん?抜擢だなぁ」と驚いたものでした。
お稽古も大変で、前日まで串田さんからいろいろ変更が入り、初日の朝、通し稽古→記者会見→夜 初日開演だったそう。


続きがあります
posted by スキップ at 23:06| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする