2020年06月14日

柚希さんのバースディをケーキでお祝い


onlinebirthday.JPG6月11日にお誕生日を迎えた柚希礼音さん。
毎年お誕生日にはファンクラブでイベントが催されていたのですが、これまで毎年参加していたという訳ではありませんが、今年はさすがに開催自体無理だなぁと思っていたところ、こんなお知らせが


柚希礼音 ONLINE Birthday Party
2020年6月14日(日) 2:00pm LINE LIVE配信 (約70分)



わぉ!となりまして、即チケット購入、今日をとても楽しみにしていました。

「ちえちゃんにはバースディケーキをご用意しています。一緒にケーキでのお祝い気分を味わいたい!という方はご自身用のケーキをご用意くだだい」と事前に告知されていましたので、午前中に張り切って地元のパティスリーにケーキ買いに行って、30分前からスタンバイ(^^ゞ



最初に乾杯ならぬみんなでケーキ
柚希さんは大好きというチーズケーキ。
スタッフさんが用意された「REON」というネームプレートが乗ったチーズケーキはしろたえのらしく、
「しろたえの」「しろたえのチーズケーキ!」と何度も言って喜ぶ柚希さん可愛すぎw

FCイベントということで、詳細のレポは控えますが、盛だくさんでとても楽しかったです。
「ボディガード」はじめ舞台の話の数々
天霧真世さん、涼紫央さん、CHIHARUさん、陽月華さん、夢咲ねねさんからのビデオメッセージ
「LEMONADE」、「REON/GO ON!」の舞台映像(どちらも映像化されていないのでとてもレア)
さらには「青い星の上で」のお話・・・ここでもとても貴重な動画を見せていただきました。


「青い星の上で」は配信開始された朝、一番先に礼真琴くんから「感無量です」とメッセージが届いたことは先日のインスタライブでもおっしゃっていましたが、公演でこの曲を歌われた稔幸さんや小池修一郎先生などたくさんの方から反応があったとか。
小池先生は「誇りに思う」とおっしゃってくださったというお話を伺って、胸がいっぱいになってまた涙。

たくさん笑ってちょっと泣いて、メッセージたくさん送って、とても楽しく幸せな気分に満ちたバースディパーティでした




onlinebirthday2.JPG.jpeg


お祝いのケーキはこちらで

POIRE (ポアール
大阪市阿倍野区帝塚山1-6-16)
tel:06-6623-1101


おいしそうなケーキばかり並ぶ中からこの2つをチョイス

・シトロン ~瀬戸内レモンの香り~
   瀬戸内レモンのケーキ ヨーグルトムースとパッションフルーツのジュレ
・リチ
   香り高いライチムースに甘酸っぱいフランボワーズジュレ コク深いガトーショコラの組合わせ


onlinebirthday4.JPG.jpeg  onlinebirthday3.JPG.jpeg


ポアールといえばこれでしょ、のプチシューはもちろん必須
そして泡でひとり乾杯であります




柚希さん、スタッフの皆さま、ステキな企画をありがとうございました のごくらく度 (total 2107 vs 2112


posted by スキップ at 23:09| Comment(0) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする

2020年06月13日

チャボ弁 @喫茶CHABO


chaboben1.jpeg

喫茶CHABOさんもすでに通常営業再開されていますが、
これはテイクアウトのみされていたころのお弁当。
「調子にのって弁当容器買ってしまったので
来週水曜日はお弁当販売の予定です」
とInstagramにあげられていて、
お弁当は後にも先にもこれ1回きりでしたので、
タイミングよくお持ち帰りできてラッキーでした。


喫茶CHABO
大阪市阿倍野区帝塚山1-23-14


チャボ弁
・鶏の柚子胡椒焼き
・タコさんウインナー
・だし巻き卵
・トマトクリーム野菜グラタン
・茄子揚げ出し
・ゴーヤの梅和え
・チーズと大葉ミニ春巻き



chaboben2.jpeg


お料理上手なおかあさんの手づくりお弁当という感じ。
盛り付けもなかなか豪快ですよね(^^ゞ

盛りだくさんのおかず一つひとつが全部おいしくて
タコさんウインナーにもテンションあがって
あっという間に完食。
ごちそうさまでした。



またいつかお弁当もやっていただきたいな のごくらく度 (total 2106 vs 2112 )

posted by スキップ at 22:35| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2020年06月10日

今年初かき氷はスイカ @森森舎


shinshinsha11.jpeg

近畿地方も梅雨入りして、今日はことのほか蒸し暑かったです。
おうち時間が増えて、これまで自転車を使っていたところへもできるだけ歩いて行くようにしているのですが、夕刻「あっつ💦」となりまして、こちらに吸い込まれました。


森森舎
大阪市住吉区万代東1-3-14
tel: 06-6696-6313


今年初頭から休業されていましたが、春に再開。
テイクアウトのみの営業を経て、今は席を空けて通常営業されています。
オーナー手づくりのプチテラス席も設けられていますが、雨が急にバーッと降ってきたりというお天気でしたので、お店の方のおすすめで店内カウンター席へ。

カレーやナン、マフィンとともにかき氷もこちらの人気メニューのひとつ。
いちご・甘夏・キウイ・ミックスベリー・ほうじ茶ミルク金時・はちみつレモン・ミックスジュース・ゴーヤ・パッションフルーツ・スイカ・チョコレート と11種類もある中、いちごと迷いに迷ってスイカをチョイス。



shinshinsha02.jpeg

見た目はもとより、お味もめちゃスイカでした。
タネはオーガニックのレーズン。
陶芸教室併設なので器ももちろん手づくり。



shinshinsha03.jpeg shinshinsha04.jpeg

相変わらず緑いっぱいでとてもくつろげるカフェ。

それほどかき氷フリークという訳ではなく年に一度か二度食べればいい方の不肖スキップですが、氷はふんわり、味はさっぱりしていておいしく、量もそれほど多く感じませんでしたので、これならイケル、と次回また暑い日にトライしたいと思います。



「有機いちご+オーガニックチョコチップ お好みで練乳をかけて」とかめちゃ惹かれるよね のごくらく度 (total 2105 vs 2112 )

posted by スキップ at 23:07| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2020年06月09日

63日ぶり おそとごはん @和カフェ yusoshi


yusoshi1.jpeg

先週の木曜日、久しぶりに外でランチしました。
その前から夜は出かけなくなっていましたが、最後の外食ランチは4月2日の米day no.1
なので、なーんと63日ぶりでした。


和カフェ yusoshi
大阪市阿倍野阿倍野筋2-1-40 あべのand 4F
tel:06-6629-3111


あべのandの4階。
ビルの中ですが4階とはいえ最上階で風が吹き抜けるテラス席があります。
ここはよくお店が変わって、これまでにも何回か来たことがありますが
来るたびに違うお店になっています(笑)。
こちらのお店は昨年4月にオープンされた模様。



yusoshi6.jpeg

いただいたのはデリごはん。
毎日変わる20種類以上のおかず小鉢の中から3品または4品を選んで
オリジナルの一汁三菜ごはんにできるというもの。
ハルカスビューのテラスで風に吹かれながら、紫陽花や緑いっぱい
眺めながらおいしくいただきました。


迷って3品に絞り切れず4品に。
・キヌアとお豆のサラダ
・海老とブロッコリーのチリマヨ
・鰆の湯葉あんかけ
・若鶏のスパイシー黒胡椒揚げ

ごはんは黒玄米に変更して、温玉しらすをトッピングしていただきました。


yusoshi4.jpeg yusoshi5.jpeg

一緒に出てくる豚汁も具だくさんでボリューミー。
おかずはどれもおいしくてスモールポーションなのもうれしい。



yusoshi3.jpeg



こんなごはんなら毎日食べたいけどつい食べ過ぎてコマル のごくらく地獄度 (total 2104 vs 2112 )


posted by スキップ at 22:57| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2020年06月07日

同じ時代に生まれてきたことを誇りに思う 「歌舞伎家話 第二回」


kabukiyawa2 .JPG

楽しかった前回の歌舞伎家話からあーっという間に1週間が過ぎて、やってきました第2回。
次週の第3回(松本幸四郎さん、市川猿之助さん)も発表されて、しばらく継続する企画のようです。


歌舞伎夜話特別編 「歌舞伎家話」第二回
出演: 尾上松也  中村七之助  小栗旬

2020年6月5日(金) 8:00pm配信開始 (約70分)



第一回のゲストだった松也くんがホストとして「同世代の友人と語り合いたい」と仲のよい七之助くんと小栗旬くんをゲストに迎えた第二回目。
歌舞伎ばかりでなく、新感線やミュージカル、ストプレの話まで、この3人ならではのトークはバラエティに富んでいて楽しかったです。

3人の共通の友人である生田斗真くんの結婚が公表された日でもあり、「斗真おめでとう!」と3人の笑顔の祝福で始まりました。

小栗旬くんを七之助くんたちと結びつけたのは七之助くんの親友でもある松本潤くんですが、それよりずっと以前の23、4歳のころ、旬くんは藤原竜也くんに「お前は絶対歌舞伎を観に行くべきだ」と言われて観に行ったのだそう。竜也くんといえばもちろん勘九郎さんの親友で、このあたり、勘七兄弟の華やかな人脈の凄さを改めて感じました。

そんな旬くんが言ってくれた忘れられない言葉を挙げたのは松也くん。
コクーン歌舞伎「三人吉三」(2014年)を観に行った旬くんが、「波ちゃん(七之助くん)と俺(松也くん)と勘九郎さんと同じ時代に生まれてきたことを誇りに思う」と言ってくれたのだそうです。

それに対して旬くんは「RED」を観に来てくれた波ちゃんが
「すごくいい芝居。旬はこの芝居、誇りに思った方がいいよ」と言ったエピソードを披露。

「三人吉三」は上七之助くんが「決まったよ」と松也くんに電話をくれたのも忘れられないのだとか。
松也くんは初日終演後の乾杯の挨拶で泣いたそうです。
「いつも『あの人、泣いてる』とか思う方なのに、あんなに感極まったのは後にも先にも初めて。主演の3人に選んでもらって本当にうれしかった」と。
そうそう、あの時、「お坊 松也くん?抜擢だなぁ」と驚いたものでした。
お稽古も大変で、前日まで串田さんからいろいろ変更が入り、初日の朝、通し稽古→記者会見→夜 初日開演だったそう。


続きがあります
posted by スキップ at 23:06| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2020年06月05日

鷺さんたちも緊急事態宣言解除


sumiyoshipark5.jpeg sumiyoshipark6.jpeg

私のお散歩コースのひとつ 住吉公園。
季節ごとに色とりどりの花々が目を心を癒してくれます。

その花を愛でて鳥たちもたくさん集まってくるのですが、そんな中




sumiyoshipark1.jpeg

4月29日に撮った画像。
緊急事態選定発令中でクローズドとなった野球場で
ソーシャルディスタンス取ってのんびりしている鷺さんたち




sumiyoshipark3.jpeg sumiyoshipark2.jpeg

こちらは1ヵ月後の5月30日
緊急事態宣言が解除され、野球場には人間たちが戻り、鷺さんたちは花壇に繰り出していました。



sumiyoshipark4.jpeg

群れを嫌ってか水辺に凛と佇む孤高の鷺さんも




花々も鳥たちもいろんな表情を見せてくれて、時は確実に前に進んでいるし世界は動いていると感じられます。
自然って本当にすばらしい。




今まであまり足を向けることがなかった場所へも歩いて行くようになったのもコロナのお陰かも のごくらく度 (total 2102 vs 2111 )


posted by スキップ at 23:08| Comment(0) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする