2020年05月31日

今度歌舞伎座に立つ時は 「歌舞伎家話 第一回」


kabukiyawa1 .jpg

歌舞伎俳優をゲストに迎えて歌舞伎座ギャラリーで不定期に開催されているトークイベント「歌舞伎夜話」。
その特別編がオンライン配信されることになって、第一回目のホストが松本幸四郎さん・・・とくれば「そんなの、観るに決まってるー!」です。


calendar.jpeg

こんなふうに「529 8:00pm」とメモしてカレンダーに貼っていたにもかかわらず、なぜか9時開始と思い込んでいていささか出遅れましたが、ライブで楽しく視聴しました。見逃した冒頭部分はアーカイブで。


歌舞伎夜話特別編 「歌舞伎家話」 第一回
出演: 松本幸四郎  尾上松也(ゲスト)

2020年5月29日(金) 8:00pm配信開始 (約1時間)



幸四郎さん曰く、テーマは「凄艶」(すごつや)ということでしたが、凄艶だったかどうかはともかく、楽しいトークでした。
ホストである幸四郎さんがゲストに松也くんを迎えて・・・というより、相変わらずマイペースでフリーダムに話す幸四郎さんに松也くんが気を遣いながら合わせる、といった雰囲気。

幸四郎さんと松也くんのトークといえば5年前の博多座 バレンタイン KABUKI NIGHT 思い出します
あの時も松也くん、フリーダムな幸四郎(当時染五郎)さんをちゃんとフォローしつつツッコミもしっかりの「できる子」ぶり発揮してました。2人でラッスンゴレライ(懐かし)やったり、楽しかったな(レポはこちら)。


お二人ともご自宅からの配信でしたが、幸四郎さんの後ろの壁には何だか小さな角型のものがたくさん貼ってあって、松也くんが「それは何ですか?」と聞くと、ミニチュアの歌舞伎セット。
冒頭のプロモーション画像でも前に並べていらっしゃいますね。

松也くんはこの状況になってアロマキャンドルに凝っているということでキャンドルの灯りの中で妖しげな雰囲気。アロマキャンドルのよさを力説されていましたが、幸四郎さんはあまり興味がなさそうで、「ただ聞いてるだけって表情やめてもらえます?」と松也くんにツッコまれていましたw


◆ 三谷かぶき
昨年6月に上演された三谷かぶき「月光露針路日本 風雲児たち」のお話で、10月に公開されるシネマ歌舞伎の予告編動画が流れました。1年前かぁ・・・すでに懐かしい。
犬ぞりの場面は三谷さん案では当初 馬10頭の予定だったとか。
それを犬に変更するにあたって「振付のあづみれいかさん」という幸四郎さんの発言がありましたので「あの(宝塚OGの)あづみれいかさん?」と昨気になって年の筋書調べてみましたが、振付はどなたかわからず。
あれこれ調べる中で、麻乃佳世さんのFacebookにこんな一文を発見。
・・・二幕の最後に、犬ぞりのシーンがあるのですが、ワンちゃん達の動きを、振り付けさせて頂き、ワンちゃん達がいとおしく・・・
あのシーンに宝塚OGさんがかかわっていらしたとは。


◆ 劇団☆新感線
松也さんが昨年「メタルマクベス」に主演した劇団☆新感線のお話も楽しかったです。
「新感線はカッコいいね!とおもしろいね!の連続」と幸四郎さん。
幸四郎さんが「阿修羅城の瞳」で初めて新感線の舞台に出た時、殺陣の稽古で「歌舞伎だと一人斬るとバーッと倒れてくれるけど、新感線は一人ずつ斬ってくれと言われて・・・」。
また、新橋演舞場の揚幕さんが演出のいのうえひでのりさんに「花道はいつも走って出入りしなくてもいいんですよ」と言われて、それに対していのうえさんが、「でも走りたくなるじゃん、あんなまっすぐな道」とおっしゃったそうです。
「確かに新感線はほぼ100% 花道は走ってますよね」と松也くん。
歌舞伎では花道を悠然と引っ込むことが多く、「逆に歌舞伎以外の友人から、よくあんなにゆっくり歩けるよね」と言われるのだとか。


続きがあります
posted by スキップ at 12:04| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする