2020年05月23日

原作を読んでから観るということ 「1984」


1984.jpeg去年どころか、2年前のちょうど今ごろ観た舞台です。
設定は違っていても、この作品に描かれる閉塞感がコロナ禍の今の世界と重なるような気がして、書きかけたまま放置していた感想を引っ張り出してきました。

ジョージ・オーウェルの「1984年」舞台化作品。
2014年にロンドンで初演、2017年に上演されたブロードウェイ版は拷問シーンの過激な演出で気絶したり途中退出する人が続出したと話題になりました。今回の上演は小川絵梨子さん演出によるロンドン版です。


「1984」
原作: ジョージ・オーウェル
脚本: ロバート・アイク  ダンカン・マクミラン
翻訳: 平川大作
演出: 小川絵梨子
美術: 二村周作   照明: 佐藤啓   映像: 栗山聡之
出演: 井上芳雄  ともさかりえ  森下能幸  宮地雅子  
山口翔悟  神農直隆  武子太郎  曽我部洋士  堀元宗一朗 ほか

2018年5月16日(水) 1:30pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 1階C列上手
(上演時間: 2時間)



1984年。
1950年代に発生した核戦争によって、世界はオセアニア、ユーラシア、イースタシアの3つの超大国により分割統治されており、その3国間で絶え間なく戦争が繰り返されていました。オセアニアでは言葉、記憶、行動、そして思考など全てが統制され、市民は"ビッグブラザー"を頂点とする党によって、常に全ての行動が監視されていました。真実省の役人 ウィンストン・スミス(井上芳雄)は、ノートに自分の考えを書いて整理するという、発覚すれば死刑となる行為に手を染め、やがて党への不信感をつのらせます。同じ考えを持つジュリア(ともさかりえ)と行動をともにするようになったウィンストンはある日、高級官僚オブライエン(神農直隆)と出会い、彼から反政府地下組織の指導者 エマニュエル・ゴールドスタインが書いたとされる禁書を渡されます・・・。


「『1984年』もう読んだ?」
「オーウェルの『1984年』持ってる?」
と友人たちの間で話題になって「今読むべき書物」のような位置づけになったのは学生時代だったでしょうか。
原作はその頃に読んでいて成り行きも結末も知っている、でも細かいところは忘れている・・・ということで、私にしては珍しく原作を再読しての参戦です。

それが悪い方に出たなぁというのが観終わった後の最初の感想。

一つには、原作のヒリヒリするような緊張感がこの舞台からは感じられなかったこと。
もう一つは、「これ、原作知らない人が観てわかるのかな?」と思ったことです。
つまり、自分がもし原作を読まないで観たら、多分理解できなかったんじゃないかな、と。


続きがあります
posted by スキップ at 23:37| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする