2020年05月17日

マシュー・ボーンの「白鳥の湖」 @MEET ME AT THE OPERA


swanlake .JPG

今の時期は、日本の演劇や古典芸能ばかりでなく、海外のミュージカルやオペラなど舞台作品もフリーで映像を視聴できる機会に恵まれてありがたいことです。そんな中、私が俄然食いついたのがこちら。


swanlake2.jpgMatthew Bourne’s Swan Lake, 2012
Music by Pyotr Ilyich Tchaikovsky
Directed and Choreographed by Matthew Bourne
New scenario by Matthew Bourne
Directed for Screen by Ross MacGibbon
Cast:
Richard Winsor: The Swan / The Stranger
Dominic North: The Prince
Nina Goldman: The Queen
Steve Kirkham: The Press Secretary
Madelaine Brennan: The Girlfriend
Joseph Vaughan: The Young Prince
New Adventures Dance Company

Recorded live in 2012 at Sadler’s Wells Theatre, London
(上演時間: 2時間)



白鳥を男性が踊る・・・マシュー・ボーンの「白鳥の湖」といえば、何度も来日公演が開催されていて、そのたびに「観たい」と思いながら公演期間が短いこともあってなかなかスケジュールが合わず(2003年にはフェスティバルホールで公演があったことを後で知りました💦)。シネマ版も上映されましたが、「まずはナマの舞台観てからよ」とガマンしていました。でもそんなこと言っていたら本当に観られなくなると今回のことで改めて感じましたので、思い切って観ることにしたのでした。


楽曲はチャイコフスキーですが、ストーリーはバレエで知っているのとは別物。
母親である女王からの愛に飢えて育ち、母に認めてもらえないガールフレンドとの写真をパパラッチに撮られてた王子は絶望して公園の池で入水自殺を図ろうとしますが、そこで出会った白鳥たちの群れの中で、ひときわ猛々しく美しいザ・スワンに一目惚れして生きる意欲を取り戻します。
ある夜のパーティーにザ・スワンそっくりのザ・ストレンジャーが現れ、会場の女性たちを次々虜にしていき、ついに女王までも・・・。王子は動揺してパニックになり、銃を取り出しますが、結局取り押さえられ、病人扱いされて軟禁状態となります。そこに再び白鳥たちが現れ、王子を攻撃しはじめます。ザ・スワンは必死で彼を守ろうとしますが・・・。

ザ・スワンに恋する王子。
マザコンで公務にうんざりしているとか、母である女王との確執とか、現代的なアレンジがおもしろい。
オリジナルの「白鳥の湖」では白鳥(オデット)と黒鳥(オディール)は一人二役で同じバレリーナが踊りますがが、その設定もうまく翻案されていて、ちゃんと黒鳥(ザ・ストレンジャー)が一人二役で登場、しかもスリリングでセクシー。


続きがあります
posted by スキップ at 15:40| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする