2020年05月07日

「12人の優しい日本人」を聴く・・・いや、観る


12nin1.jpg


この企画の情報を知ったのは4月29日。
近藤芳正さんのこのツイートでした。


12nin (2).JPG

『拡散希望』とありましたので、すぐにリツイートしましたが、自分自身を含めて演劇好きの人たちがずんっ!と前のめりになるのが見えるようでした。


「12人の優しい日本人を読む会」
~よう久しぶり! オンラインで繋がろうぜ~

作: 三谷幸喜
演出: 冨坂友 (アガリスクエンターテイメント)
管理人: 妻鹿ありか (Prayers Studio)
発起人: 近藤芳正
出演: 甲本雅裕(1号)  相島一之(2号)  小林隆 (3号)  阿南健治 (4号)  
吉田羊(5号)  近藤芳正(6号)  梶原善(7号)  妻鹿ありか (8号)  
西村まさ彦 (9号)  宮地雅子(10号)  野仲イサオ(11号)  渡部朋彦(12号)  
小原雅人 (守衛)/三谷幸喜

2020年5月6日(水)  14:00-15:28 (前半)/18:00-18:59 (後半)


公式サイトはこちら


三谷幸喜さんが東京サンシャインボーイズ時代に書き下ろして1990年に初演された「12人の優しい日本人」をリモートで読み合わせ、それをYouTube Liveで生配信するという企画です。
しかも、1992年東京サンシャインボーイズ上演版のオリジナルキャストを中心に招集して、というもの。



数ある三谷さんの名作の中でもこの作品選んだ近藤さんの慧眼 本当に凄いな。
こんなにこの企画に合った演劇ほかに思い当たらない。  tweeted at 3:50pm on May 6, 2020

↑ これ、前半観終わった時点での私のツイートです。
これに尽きる。


もともと1つの部屋の中で12人が卓を囲んで協議し完結するというシチュエーションドラマで、みんな座っている設定だから大きな動きもないのでリーディングに向いている上に、今のこの状況だからこそなzoomというツールを使って、画面を12分割して12人がきれいに画面に収まるところまで計算されたようで、ほんと、このためのホンなの?と思えるくらい。

しかも!

全員がリーディングなんていう水準を遥かに凌駕した息の合ったすばらしい芝居を見せてくださるのです。
まるで陪審員室が目の前に浮かび上がるよう。
開演前からライブならではの緊張感やドキドキもあって、久しぶりに「ナマのお芝居を観ている」感覚でした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:06| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする