2020年02月29日

こんなはずじゃなかった 「FORTUNE」


fortune1.JPG fortune2.JPG

果てしない欲望を満たすために悪魔と契約した「ファウスト」伝説を基にした物語。
舞台を現代のロンドンに移し、気鋭の映画監督フォーチュンの転落を描きます。
イギリスの劇作家サイモン・スティーヴンスの新作にしてこれが世界初演です。


PARCO PRODUCE 2020 「FORTUNE」
作: サイモン・スティーヴンス
翻訳: 広田敦郎
演出: ショーン・ホームズ
美術: ポール・ウィルス
ステージング: 小野寺修二  音楽: かみむら周平  照明: 佐藤啓 
出演: 森田剛  吉岡里帆  田畑智子  市川しんぺー  
平田敦子  菅原永二  根岸季衣  鶴見辰吾 ほか

2020年2月20日(木) 6:30pm 森ノ宮ピロティホール L列上手
(上演時間: 2時間50分/休憩 20分)



物語: 映画監督として成功をおさめた41歳のフォーチュン(森田剛)は、幼い頃自分を捨てた父親が自殺するという、心に喪失感を抱えて生きていました。才能ある若きプロデューサーのマギー(吉岡里帆)に好意を抱きますが、夫と幸せな結婚生活を送る彼女から拒絶されます。焦燥に駆られ、謎の女ルーシー(田畑智子)の誘いに乗ってある「契約」を交わすフォーチュン。するとフォーチュンの願いは次々とかなえられていきます・・・。


ゲーテの「ファウスト」は「若きウェルテルの悩み」とともに高校時代に読んだ(読まされた)ことがありますが、難解すぎて理解できず。内容もあまり覚えていません。
ただ、「ファウスト」という主人公の名前が「幸福な」を意味するラテン語名ファウストゥスに由来するということは印象に残っていて、「だから『FORTUNE』なのね!」と観る前は思っていました。
そして、劇中、フォーチュンのお父さん(鶴見辰吾)から「ルシファー」という言葉が出てきて初めて「あ、ルーシーはルシファーなのか。堕天使じゃん」と思い至った次第です(気づくのが遅い)。

そういえばここの台詞、「神様とルシファーが喧嘩して、それが人間の『意識』なんだ」みたいな内容だったと思うのですが、「うん?どういうこと?」と考えているうちに流れてしまって、咀嚼できなくて残念。戯曲(「悲劇喜劇」に掲載されているらしい)読んでみようかしら。


続きがあります
posted by スキップ at 23:10| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする