2020年02月05日

ダビデの星 雪組 「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」


onceuponatimeinameria.JPG1984年に公開されたセルジオ・レオーネ監督によるアメリカ映画のミュージカル化。
まだ演出助手だった小池修一郎先生がこの映画を観て、「いつか宝塚でやりたい」と願っていらした作品なのだとか。
私もこの映画はずい分昔に観て、とても心に残った好きな映画のひとつ。
でもとても宝塚向きの作品とは思えませんでしたが(^^ゞ

望海風斗率いる雪組という強力布陣を得て、満を持しての登場です。


宝塚歌劇雪組公演
ミュージカル 「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」
Based on the motion picture Once Upon a Time in America (courtesy of New Regency Productions, Inc.) and the novel The Hoods written by Harry Grey.
脚本・演出: 小池修一郎
作曲・編曲: 太田健  青木朝子
音楽指揮: 西野淳
振付: 御織ゆみ乃  若央りさ  桜木涼介  KAORIalive
装置: 大橋泰弘
出演: 望海風斗  真彩希帆  彩風咲奈  奏乃はると  舞咲りん  
千風カレン  彩凪翔  真那春人  煌羽 レオ  朝美絢  綾凰華  
諏訪さき  彩みちる  縣千  彩海せら  潤花 ほか

2020年1月9日(木) 3:00pm 宝塚大劇場 1回19列下手/
1月19日(日) 11:00am 2階1列センター/1月26日(日) 3:00pm 1階1列センター



1920年代 禁酒法時代のニューヨーク。
ローワーイーストサイドで育った移民の少年たちがギャングとして成り上がって行く過程、友情や恋、悲劇的結末を描く物語。
ユダヤ系移民の子、ヌードルス(望海風斗)はコックアイ(真那春人)パッツィー(縣千)ドミニク(彩海せら)たちと盗みを働いて生計を立てていました。ある日、ピンチを救ってくれたマックス(彩風咲奈)が仲間に加わります。敵対するバグジー(諏訪さき)にドミニクを殺されて逆上したヌードルスはバグジーと警官を殺して7年の懲役刑を受けます。出所の日、ヌードルスを迎えたのは暗黒街の若き顔役となったマックスと仲間たちでした・・・。


映画はヌードルス(ロバート・デ・ニーロ)の回想という形で少年時代、青年時代、壮年期と40年にわたって時の流れを行き来しながら展開しますが、宝塚版はそれを30年に短縮し、ほぼ時系列どおりに繰り広げられます。
登場人物は同じですが設定やキャラクターが違っていたり、映画にはない場面が加えられたりしています。
もちろんすみれコードにひっかかるような激しい暴力シーンetc. はナシ。
ヌードルスとデボラ(真彩希帆)の愛を中心に、ヌードルスとマックスの友情と確執を描く、という感じかな。


続きがあります
posted by スキップ at 23:01| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする