2020年02月04日

イマーシブシアター初体験 「サクラヒメ」


sakurahime1.jpg

Immersive(イマーシブ)は「没入感」という意味でゲームなどにも使われる言葉だそうです。
「イマーシブシアター」はニューヨーク発の「体験型演劇」。
観客が客席に座って鑑賞するのではなく、座席が取り払われ、演者に導かれながら自分の意思で会場内を動き回り、さまざまな場所で繰り広げられるパフォーマンスを体感するというものです。
これが日本初となるイマーシブシアターが、日本最古の劇場である南座で上演されるのが意義あることなのだとか。


sakurahime2.jpgイマーシブシアター  サクラヒメ
~「桜姫東文章」より~

脚本・演出・振付 : DAZZLE
音楽: 林ゆうき
振付(日本舞踊): 尾上菊之丞
出演: 純矢ちとせ   川原一馬   荒木健太朗  世界  
平野泰新  Toyotaka  高田秀文  新里宏太 ほか

2020年1月30日(木) 4:00pm 南座 1階
「都人」エリア   (上演時間: 70分)



座席が2種類
① 1階エリア(移動体験型):観客は「都人(みやこびと)」となって舞台の進行に応じて1階席エリアを回遊して鑑賞。
② 2階・3階エリア(着席鑑賞型):観客は「雲上人(うんじょうびと」]となって上階の客席から舞台の進行を座って鑑賞し、物語の結末を決める裁決(投票)に参加。

チケットを買う時、「ずーっと立ちっぱなのかよぉ」と少し躊躇したのですが、めったにない機会と思って①の都人エリアを選びました。
(結果的に怖れていたほど立ちっぱなしではありませんでした。)

劇場に着くとまずクロークに案内されて手荷物を預け(小さなバッグ等は持って可)、黒い羽織を渡されてそれを着用します。


sakurahime3.jpg.jpeg

私はこんな紋の入った羽織でした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:36| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする