2020年02月02日

8年ぶり!幸次郎はんが帰ってきた 「大當り伏見の富くじ」


tomikuji2020.jpg

♪伏見の富くじ当たりくじ 
せーんひゃくじゅういちばんっ せーんひゃくじゅういちばんっ 
なんぼなんでも揃いすぎ

が耳について離れません(笑)。


「熱いご要望にお応えして再上演」
とポスターにもチラシにも演目の前に記載されていました。
ほんと、再演を熱く熱く要望していました。
「幸次郎はんにまた会いたい」という願いが叶って、何てうれしい初春なんでしょ。


壽初春大歌舞伎 夜の部 「大當り伏見の富くじ」
お稲荷様ご神託より   
霊験あらたか「抜け雀」まで
「鳰の浮巣(におのうきす)」より
脚本・演出: 齋藤雅文
出演: 松本幸四郎  片岡愛之助  中村壱太郎  大谷廣太郎  中村虎之介  
嵐橘三郎  澤村宗之助  上村吉弥  市川猿弥  坂東彌十郎  中村鴈治郎 ほか

2020年1月3日(金) 6:35pm 大阪松竹座 1階4列センター/
1月16日(木) 1階1列センター/1月27日(月) 3階1列センター
(上演時間: 1時間45分)



初演(2012年)の感想はこちら
  

明治時代に作られた「鳰の浮巣」という歌舞伎の台本を、幸四郎さんが中座の屋上の倉庫で発見してずっと温めていたものを2012年 松竹座の「二月花形歌舞伎」で上演された演目。

もとは大店の質屋の若旦那ながら、ある事件で店がつぶれ今は屑を拾っていつか店を再興することを夢見ている紙屑屋幸次郎(幸四郎)。ある日花魁・鳰照太夫(鴈治郎)にひと目ぼれして、川で拾ったお金で島原へ出向きます。そこで渋々買わされた1枚の富くじが、千両の大当たり・・・のはずが・・・。


喜劇で全編笑いが散りばめられ、吉本新喜劇だったりドリフだったりのギャグもふんだんに織り込まれて好き放題やっているようでいて、元々の話の骨格がしっかりしていますので、ただおもしろいだけに流れず、笑いの中にほろりとさせられる人情話あり、勧善懲悪あり、いかにも歌舞伎らしいファンタジーもあって、お約束のハッピーエンドでとても明るい気分で気持ちよく打ち出される、本当に多幸感に満ちた舞台です。

幸次郎はんと鳰照太夫のお守り袋に入っていた歌
「いで入るや 波間の月を 三井寺の 鐘のひびきに あくる湖」
も今回しっかり把握しました。




歌舞伎の様々な場面が織り込まれているのも観ていて楽しい。
花魁道中で幸次郎が鳰照太夫を見初める場面は、もちろん「駕籠釣瓶」を思い起こさせますし、川掃除をする羽目になった幸次郎が拾ったお財布の中に手を入れて、急にドスの効いたイケボで「ごじゅうりょう~」と言う「仮名手本忠臣蔵」の定九郎とか、他にも「封印切」や「切られ与三」、「吉田屋」などナド。

鳰照太夫を真ん中に艶やかな着物の廓の花魁道中が横一列に並んで大ゼリに乗って盆で回りながらせり上がってくるところは、先代猿之助さんのスーパー歌舞伎「ヤマトタケル」みたいでゾクゾクするなぁと思っていたら、初演の感想でも同じこと書いていました。


続きがあります
posted by スキップ at 16:00| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする