2020年02月29日

こんなはずじゃなかった 「FORTUNE」


fortune1.JPG fortune2.JPG

果てしない欲望を満たすために悪魔と契約した「ファウスト」伝説を基にした物語。
舞台を現代のロンドンに移し、気鋭の映画監督フォーチュンの転落を描きます。
イギリスの劇作家サイモン・スティーヴンスの新作にしてこれが世界初演です。


PARCO PRODUCE 2020 「FORTUNE」
作: サイモン・スティーヴンス
翻訳: 広田敦郎
演出: ショーン・ホームズ
美術: ポール・ウィルス
ステージング: 小野寺修二  音楽: かみむら周平  照明: 佐藤啓 
出演: 森田剛  吉岡里帆  田畑智子  市川しんぺー  
平田敦子  菅原永二  根岸季衣  鶴見辰吾 ほか

2020年2月20日(木) 6:30pm 森ノ宮ピロティホール L列上手
(上演時間: 2時間50分/休憩 20分)



物語: 映画監督として成功をおさめた41歳のフォーチュン(森田剛)は、幼い頃自分を捨てた父親が自殺するという、心に喪失感を抱えて生きていました。才能ある若きプロデューサーのマギー(吉岡里帆)に好意を抱きますが、夫と幸せな結婚生活を送る彼女から拒絶されます。焦燥に駆られ、謎の女ルーシー(田畑智子)の誘いに乗ってある「契約」を交わすフォーチュン。するとフォーチュンの願いは次々とかなえられていきます・・・。


ゲーテの「ファウスト」は「若きウェルテルの悩み」とともに高校時代に読んだ(読まされた)ことがありますが、難解すぎて理解できず。内容もあまり覚えていません。
ただ、「ファウスト」という主人公の名前が「幸福な」を意味するラテン語名ファウストゥスに由来するということは印象に残っていて、「だから『FORTUNE』なのね!」と観る前は思っていました。
そして、劇中、フォーチュンのお父さん(鶴見辰吾)から「ルシファー」という言葉が出てきて初めて「あ、ルーシーはルシファーなのか。堕天使じゃん」と思い至った次第です(気づくのが遅い)。

そういえばここの台詞、「神様とルシファーが喧嘩して、それが人間の『意識』なんだ」みたいな内容だったと思うのですが、「うん?どういうこと?」と考えているうちに流れてしまって、咀嚼できなくて残念。戯曲(「悲劇喜劇」に掲載されているらしい)読んでみようかしら。


続きがあります
posted by スキップ at 23:10| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

舞台という儚く尊いキセキ


20200227.jpeg

昨日(2月26日)の新型コロナウイルス感染症の対策本部での安倍首相の「多数の観客が集まるスポーツ・文化イベントについて、主催者に対し、今後2週間は中止や延期、規模縮小などの対応をとるように要請する方針」を受けて、昨日今日、続々とイベントや公演の中止・延期が発表されました。

もちろん私も楽しみにしていた舞台公演も含まれていて、主催者や出演者からの開催中止のお知らせとお詫びであふれるtwitterやインスタグラムが切ない。
「一番つらいのは役者さんたち」という発言も見かけましたが、出演者はもちろん、スタッフや関係者、それに関わる人たち、そして私たち観客、みんながそれぞれの立場でそれぞれ辛い思いを抱えているのだと考えます。
「お勢、断行」が地方公演含めて全公演中止となった池谷のぶえさんが、
「舞台というものが無事に上演できることは、当たり前ではなく奇跡的なことなのだと改めて感じます。」
とツイートされていて、本当にその通りだと私も改めて肝に銘じました。


いろいろと思うことはないでもありませんが、言ってもせんないこと。
今回、チケット取っていたのに観劇できなくなった公演を粛々と書き留めておきたいと思います。


<2020年2月27日 午後10時現在>
・シリーズ 舞台芸術としての伝統芸能 vol.3 人形浄瑠璃 文楽 (ロームシアター京都)
・スーパー歌舞伎「オグリ」<市川猿之助オグリ> (南座) → 月末のチケット取り直し
・天保十二年のシェイクスピア (梅田芸術劇場)
・ねじまき鳥クロニクル (シアター・ドラマシティ)
・宝塚歌劇星組「眩耀の谷/Ray」 (宝塚大劇場)

2月29日追記
・柚希礼音 Home Party (ホテル阪急インターナショナル)

3月8日追記
・三月大歌舞伎 昼の部・夜の部 (歌舞伎座) → 別日のチケット取り直し 
・スーパー歌舞伎「オグリ」<中村隼人オグリ> (南座) → もう取り直すの無理~

3月10日追記
・泣くロミオと怒るジュリエット (森ノ宮ピロティホール)

3月11日追記
・宝塚歌劇花組 「はいからさんが通る」 (宝塚大劇場)
・ボディガード (梅田芸術劇場)初日のみ
・ヘンリー八世 (シアター・ドラマシティ)

3月13日追記
・フェスティバル奈良 平城宮跡 市川猿之助特別公演 (平城宮跡 朱雀門広場特設舞台)

3月17日追記
・うめだ文楽 (ナレッジシアター)

3月18日追記
・三月大歌舞伎 昼の部・夜の部 (歌舞伎座) 取り直したもの
・スーパー歌舞伎「オグリ」<市川猿之助オグリ> (南座) 取り直したもの
・宝塚歌劇雪組 「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」東京千秋楽ライブ中継

3月20日追記
・四国こんぴら歌舞伎大芝居 初日  第一部・第二部 (金丸座)
・四国こんぴら歌舞伎大芝居 千穐楽 第一部・第二部 (金丸座)  

3月25日追記
・4月文楽公演 第一部 (国立文楽劇場)

3月27日追記
・ボディガード (梅田芸術劇場) 3/28

3月30日追記
・宝塚歌劇花組 「はいからさんが通る」 (宝塚大劇場) 2回
・宝塚歌劇宙組 「FLYING SAPA」 (赤坂ACTシアター)

4月1日追記
・桜の園 (シアターコクーン)
・ART   (サンケイホールブリーゼ)

4月2日追記
・4月文楽公演 第二部 (国立文楽劇場)

4月7日追記
・やのとあがつま (兵庫県立芸術文化センター 中ホール) → 8月に延期・会場変更
・四月大歌舞伎 夜の部 (新橋演舞場)
・五月大歌舞伎 十三代目市川團十郎白猿襲名披露 昼の部・夜の部 (歌舞伎座)

4月8日追記
・サヨウナラバ (近鉄アート館→山本能楽堂)
・ボディガード (東急シアターオーブ) 東京千秋楽・・のはずだった舞台
・Whistle Down the Wind (梅田芸術劇場)
・エリザベート (梅田芸術劇場) 2回
・佐渡島他吉の生涯 (NHK大阪ホール)

4月9日追記
・宝塚歌劇宙組 「壮麗帝」 (シアター・ドラマシティ)
・宝塚歌劇星組 「眩耀の谷/Ray」 東京千秋楽ライブ中継
・宝塚歌劇雪組 「炎のボレロ/Music Revolution」 (梅田芸術劇場)
・宝塚歌劇月組 「WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-/ピガール狂騒曲」 (宝塚大劇場) 3回
・宝塚歌劇雪組 「NOW! ZOOM ME!!」 (神戸国際会館こくさいホール)
・宝塚歌劇宙組 「アナスタシア」 2回
・宝塚歌劇星組 「エル・アルコン-鷹-/Ray -星の光線-」 3都市
・宝塚歌劇星組 「シラノ・ド・ベルジュラック」 (シアター・ドラマシティ)

4月14日追記
・もうがまんできない (サンケイホールブリーゼ)

4月17日追記
・未練の幽霊と怪物 (兵庫県立芸術文化センター 中ホール)

4月24日追記
・外の道 (サンケイホールブリーゼ)

5月7日追記
・ジョン王 (シアター・ドラマシティ) 2回

5月11日追記
・欲望のみ (兵庫県立芸術文化センターセンター) 2回

5月22日追記
・アンナ・カレーニナ


冒頭の画像は、今日、宝塚大劇場で星組公演観劇後に撮ったもの。
空を見上げたら星と月が輝いていて、「まるで星組と月組みたいじゃない。ステキな宵だなぁ~」と浮かれていたら、すぐ後に悲報が入ったのでした。

実は星組はこれまでに3回観ていて、当初取れていなかった前楽(3/8)のチケットが取れたので、今日のチケットは手放そうかと思っていたのですが、いや待てよ、もしかしたら中止とかになって前楽観られないかも・・・と考え直して観ることにしたのでした。
その「もしかしたら」が的中して、星組を観るのは今日が最後となってしまったのですが、これ手放していたらひどく後悔しただろうと、何となく舞台の神様に守られている気分にもなりました。


仕事に支障が出たり、学校が休校になったりと、深刻な事情をお持ちの方がたくさんいらっしゃるのは重々承知しています。
それに比べたら、「趣味」であり「娯楽」ですもの。
少しの間観られなくなったって平気さ。
ナマの舞台だからもう二度と観ることはできないけどガマンできるさ(強がり)。


どうか日本のみならず世界中のコロナウイルスが早く沈静化しますように。

そして、池谷のぶえさんが続けてツイートされていたように、
「舞台という儚く尊い時間と空間を、お客様、関係者の皆さま、共演者の皆さまと一緒に、また穏やかに共有し合える日々が少しでも早く訪れるよう祈ります。」




posted by スキップ at 22:59| Comment(0) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

Strawberry in Paris @コンラッド大阪


strawberryinparis1.jpeg

久しぶりにストロベリービュッフェいかが?と盛り上がり、前回(2017年)のッツ・カールトン大阪もとてもよかったけれど(こちら)、また別のところを、という訳で、数々あるホテルのストロベリービュッフェの中からこちらを選びました。


Strawberry in Paris パリに恋して
コンラッド大阪 40階 アトモス・イニング
大阪市北区中之島3-2-4
tel: 06-6222-0111



テーマはパリの街角のカフェ。
フランス人ペストリーのジミー・ブーレイシェフが、甘味豊な日本のストロベリーを贅沢に使ってパリの本格スイーツを繊細かつ華やかに提供するというもの。

いちごの赤だけでも幸せ気分なのに、エッフェル塔、オルセー美術館の大時計、ルーブル美術館のガラス型のピラミッド・・・とパリのモチーフがたくさん散りばめられていて、本当にパリの街角を思い出して楽しくてワクドキです。

最初に目に入るのが冒頭の画像のマカロンタワーですから、テンション上がるなという方が無理というものです。



strawberryinparis2.jpeg


strawberryinparis3.jpeg


オルセー美術館の大時計を模した「オルセーの大時計 アプリコットムース&ストロベリーゼリーケーキ」
赤い風車が印象的なムーラン・ルージュは、マカロン生地で作り上げた「ストロベリーマカロン・ムーランルージュ」
凱旋門をイメージした「凱旋門 ストロベリーショートケーキ」
などナド



続きがあります
posted by スキップ at 23:30| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2020年02月25日

阿部サダヲの凄み 「キレイ -神様と待ち合わせした女―」


kirei2020.jpg2000年に松尾スズキさんがミュージカルに初挑戦した作品。
その後、2005年、2014-15年と再演を重ねて今回が4演目です。
初演は観ていなくて2005年の再演から観始めたのですが、それでももう15年になるのねー(遠い目)。


「キレイ -神様と待ち合わせした女―」
作・演出: 松尾スズキ
音楽:伊藤ヨタロウ
音楽監督: 門司肇  美術: 池田ともゆき  
映像: 上田大樹  振付: 振付稼業 air:man
出演: 生田絵梨花  神木隆之介  小池徹平  鈴木杏  
皆川猿時  村杉蝉之介  荒川良々  伊勢志摩  猫背椿  
宮崎吐夢  近藤公園  伊藤ヨタロウ  岩井秀人  
橋本じゅん  阿部サダヲ  麻生久美子 ほか

2020年2月1日(土) 6:30pm フェスティバルホール 1階22列上手
(上演時間: 3時間45分/休憩20分)



3つの国に分かれ長く内戦が続き、大豆原料の人造人間ダイズ兵が戦う「もう一つの日本」が舞台。
誘拐され、10年にも及ぶ監禁から逃げ出した少女ケガレ(生田絵梨花)は記憶を失いながら、ダイズ兵回収業者カネコキネコ(皆川猿時)、その息子で頭は弱いけれども枯木に花を咲かせる能力を持つハリコナ(神木隆之介)、大豆でできた兵士・ダイズ丸(橋本じゅん)、回収されたダイズ兵を食用として加工する食品会社の社長令嬢・カスミ(鈴木杏)たちと出会い、波乱万丈の人生を送りながら、自ら封印した忌まわしい過去に立ち向かっていきます。
そんなケガレを見守るのは成人したケガレ=ミソギ(麻生久美子)とその夫である大人になったハリコナ(小池徹平)・・・。


猥雑でグロテスクで熱い狂乱の中で、どこか醒めた目線。
まるで絵空事のような世界を繰り広げながら、戦争や民族差別といった重いテーマ。
歌とダンスと笑いを散りばめなから、全編を支配する切なさ。
弱者を思い切り笑い飛ばしながら、包み込む優しさ。
松尾スズキさん 真骨頂です。

↑ これ、前回観た時(2015年1月)の感想に書いたのですが、その世界観はまんま健在でした。

♪人間とは多面体であって 鯨を保護した同じ手で
便所の壁に嫌いな女の電話番号書いて 「2000円でヤらせる女」とか
 (「ここにいないあなたが好き」)
・・・のように、人は善も悪も、喜びも哀しみも、幸せも不幸も、キレイもケガレも、清濁すべて併せ持っている生きものなんだという普遍的なテーマをまた突きつけられた思いでした。

そしてあのクライマックス。
自ら封印した過去に対峙し、地下室から扉を押し開け脱出するケガレ。
女神像を倒し、扉をこじ開けて地下に降りていくミソギ。
少女時代のケガレと大人になってからのケガレ(ミソギ)・・・異なる時間軸の中で生き、交わることのなかった二人の時間と空間が交錯する場面。
映像を観ているような感覚にもなり、何度観てもシビれる演出です。


続きがあります
posted by スキップ at 23:45| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

キモはキヌ子 「グッドバイ」


goodbye2020.JPGケラリーノ・サンドロヴィッチさんの名作戯曲を才気溢れる演出家たちが新たに創り上げるシリーズ「KERA CROSS」。
昨年の鈴木裕美さん演出「フローズン・ビーチ」に続く第二弾は生瀬勝久さんの演出です。
 

KERA CROSS 第二弾
「グッドバイ」
原作: 太宰治
脚本: ケラリーノ・サンドロヴィッチ
演出: 生瀬勝久
美術: 石原敬   照明: 松本大介   
音響: 大木裕介  音楽: 瓜生明希葉
出演: 藤木直人  ソニン  真飛聖  朴璐美  長井短  能條愛未  
田中真琴  MIO YAE  入野自由  小松和重  生瀬勝久

2020年1月25日(土) 5:00pm シアター・ドラマシティ 14列上手
(上演時間: 3時間5分/休憩 15分)



ケラさん演出版(2015年11月)の感想はこちら


物語: 戦後まもない混乱期の東京。
雑誌編集者の田島周二(藤木直人)は闇商売で儲けたカネで何人もの愛人を抱えていましたが、疎開していた妻子(真飛聖/MIO・YAE)を呼び寄せるのをきっかけに、女関係を清算し、闇商売からも足を洗って、まっとうな人生を送ろうと決意しました。
闇商売で知り合った永井キヌ子(ソニン)というかつぎ屋の美女に妻のふりをしてもらい、愛人たちの元を訪ねて別れ話を切り出します・・・。


太宰治の未完の作品にケラさんが独自の解釈で物語を書き加え、ハートウォーミングなハッピーエンドの喜劇に着地させた物語。
だめんずの色男 周二を中心に、愚かしくも愛すべき人々の営みを温かく見守るような、そして少しシニカルな視線も交えて描く脚本がまず秀逸だなぁと改めて思いました。ほんっと、ケラさんってば。

周ニの子どもが双子になったり、場面が省略されたりといった変更はありましたが、基本的に客穂は同じ。
同じ原作・脚本でありながら、演出とキャストが変わるとこんなに印象が違ってくるという舞台の醍醐味を味わいました。
オープニングの役者紹介、映像を使っていつもスタイリッシュなケラさんの向こうを張ったアナログ版みたいな演出に生瀬さんの矜持を感じたりも。


続きがあります
posted by スキップ at 23:22| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

ASAGOPAN で念願の朝ごはん


asagopan3.jpeg

朝ごはん好きのオーナーさんが好きが高じてモーニング専門店としてオープンしたカフェ。
このお店を知った時からずっと行きたくて、福島に行く機会・・・たとえばABCホールとか・・・があれば行ってみようと思っていたのですが、

・月に数日のみの不定期営業
・完全予約制
・予約は営業日2日前の午前8時からインスタグラムのメッセージで受付

と私にとってはかなりハードルが高く、なかなか行けずにいました。
が、先日、念願かなってやーーーっと伺うことができました。


ASAGOPAN Pinebrooklyn morning (アサゴパン パインブルックリンモーニング)
大阪市福島区福島1-2-35 PINEBROOKLYN 3F


阪神電車やJRの福島駅から堂島リバーウォーク方面に歩いて7~8分のところにあります。
帰りは梅田まで歩いて15分くらいでした。



asagopan7.jpeg

レンタル・ギャラリー・イベントなどを行うフリースペースPINEBROOKLYN の
3階を間借りして月に数日営業されています。
私は10時15分の予約でブランチとして伺いましたが、モーニングなので朝8時から
オープンしています。予約時間と数を調整されていると思われ、次々お客様は
やってくるものの、空席もあってゆったりした雰囲気でした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:39| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする